丹沢主脈大縦走。平丸〜大倉まで

2021.11.15(月) 日帰り

活動データ

タイム

07:41

距離

20.4km

上り

1886m

下り

2125m

チェックポイント

DAY 1
合計時間
7 時間 41
休憩時間
1 時間 19
距離
20.4 km
上り / 下り
1886 / 2125 m
1 10
24
1 1
19
6
5
21
10
8
16
16
20
4
4
48

活動詳細

すべて見る

みやま山荘のカレーは11時から13時までです! ↑今日の教訓 神奈川出身なのに、神奈川の最高峰登ったことないな… と思い温めていた丹沢主脈縦走プラン。本日実行してきました! よく皆さんが利用しているのは大倉登山口からのピストンですが、それだと25キロ越えになってしまうし。それにどんなに早くても8時過ぎスタートの身だと、もしかしたら3月の御前山やった時みたいに真っ暗ナイトハイクになってしまうかも…などと考えてルートを調べてみた結果、今回利用した平丸からなら少しショートカットできることが分かり、そこから縦走してみることにしました。 ちなみに、平丸バス停で降りたのは自分1人でした(笑)5つくらい前の焼山登山口バス停で、乗っていた登山装備の方々は全員降りてしまったので… 平丸〜蛭ヶ岳 バス停で降りて、登山口に行くまでが割とわかりづらいですが、バス停降りて道路沿いを道なりに歩くと〇〇神社入り口という標識があり、そこを左折してしばらく行くと登山口です。いざ登山道についてですが、その序盤が2年前の台風の影響かかなり荒れていて、道なき道を行くという感じでした😅赤テープ頼りに途中までは問題ないのですが、最初の分岐(3つくらい)で作業道に入る道もあります。すぐに違うとわかり元の分岐に戻り、左(赤テープ+道が踏みならされている)を行き地図上ルートに戻りましたが、要注意ですね。その分岐をクリアしてしまえば後は道なりに行けるルートでした。ちなみにアップダウンとラスト1.5キロからの階段地獄がめちゃきつかったのは言うまでもありません(笑)階段地獄を登りきるとそこには360度の大絶景と雪を被った美しい富士山が待っていました。。。 蛭ヶ岳〜塔の岳 快晴だったので本当に気持ちの良い尾根歩きでした😄ただ蛭ヶ岳〜丹沢山間ではアップダウンはもちろん、一部岩場や鎖場もあり(それと道のぬかるみ)中々ハードです。平丸から来ていたので「こんな感じかー」で済みましたが、もし大倉から来ていたら復路のここが一番鬼門だったかもしれません。アルプスの縦走を考えられている方には良い模擬山行になりそうです。 塔の岳〜大倉 いわゆるバカ尾根というやつです。下りだったので何度か視界が開ける際、相模湾を見下ろしながら歩くことができました。ただ登りだと距離が大倉〜塔の岳で7キロあり、そのほとんどがあまり眺望のない階段となると体力的にはOKでも心は折れそうですね😅ここからピストンで蛭ヶ岳まで行かれている方本当に尊敬します… 下山後は東海大学前駅まで移動して、「秦野天然温泉さざんか」にて汗を流しました。こんな良いスーパー銭湯が近くにあるなんて、東海大生羨ましい。 ☆平丸バス停(焼山登山口)までのアクセス 京王線or横浜線の橋本駅北口より、神奈中バスで三ヶ木まで行き、そこで月夜野行きバスに乗り換え。 ※乗り換え時間が平日は20分以上あります。三ヶ木バス停から徒歩5分くらいのところにコンビニがあるため、その間にそこでトイレを済ます&お昼を買っても良いですね(平丸バス停付近はトイレないので…)。

もしも不適切なコンテンツをお見かけした場合はお知らせください。