白駒池ーにゅう往復

2021.11.14(日) 日帰り

 11/13(土)-14(日)と友人の蓼科の別荘に滞在し、11/14(日)は森が水面に反射する姿が美しい御射鹿池を見学した後、11月下旬からは冬季閉鎖される麦草峠への車道(メルヘン街道)を通って、白駒池駐車場に駐車し(白駒池駐車場の料金所、売店、有料トイレはすでに冬期閉鎖中でしたので、トイレは麦草峠まで車で戻って無料トイレを使いました)、白駒池から岩峰のにゅうに登ってきました。  10時半に白駒池駐車場から歩き始め、白駒池への木道は一部雪が残って凍結していましたので、すべらぬように注意して歩き、白駒池のほとりにある白駒荘に10時50分頃に着きましたが、白駒荘は冬期準備のためのメインテナンスで閉鎖中でした(白駒池のほとりにあるもうひとつの山小屋、青苔荘(せいたいそう)は年中営業していると言うことで、開いていました)。にゅうへの道は、白駒湿原、にゅうの森を通り、森の中の岩がごろごろした急坂を登りきると、12時前ににゅうに到着。にゅうは頂上部だけが岩山になっていて、冷たい風が激しく吹いていました。にゅう山頂で天狗岳や白駒池や富士山の展望を楽しんだ後、元来た道を戻り、13時20分過ぎに白駒池駐車場に戻ってきました。

白駒の池駐車場からの登山口

白駒の池駐車場からの登山口

白駒の池駐車場からの登山口

白駒池周辺の苔むす森(もののけの森)

白駒池周辺の苔むす森(もののけの森)

白駒池周辺の苔むす森(もののけの森)

霜柱のたった苔

霜柱のたった苔

霜柱のたった苔

白駒池周辺の苔むす森(もののけの森)

白駒池周辺の苔むす森(もののけの森)

白駒池周辺の苔むす森(もののけの森)

白駒池

白駒池

白駒池

白駒池

白駒池

白駒池

白駒荘(メインテナンス中で閉まっていた)

白駒荘(メインテナンス中で閉まっていた)

白駒荘(メインテナンス中で閉まっていた)

白駒池周辺の苔むす森

白駒池周辺の苔むす森

白駒池周辺の苔むす森

雪が残る苔の森

雪が残る苔の森

雪が残る苔の森

にゅうに行く手前にある白駒湿原

にゅうに行く手前にある白駒湿原

にゅうに行く手前にある白駒湿原

にゅうへの山道

にゅうへの山道

にゅうへの山道

にゅうの森

にゅうの森

にゅうの森

にゅうの森を歩く

にゅうの森を歩く

にゅうの森を歩く

うっすら雪の残った道

うっすら雪の残った道

うっすら雪の残った道

うっすら雪の残った道

うっすら雪の残った道

うっすら雪の残った道

にゅう山頂部が見えてきた

にゅう山頂部が見えてきた

にゅう山頂部が見えてきた

にゅう山頂への道

にゅう山頂への道

にゅう山頂への道

にゅう山頂の三角点

にゅう山頂の三角点

にゅう山頂の三角点

にゅう山頂にて

にゅう山頂にて

にゅう山頂にて

にゅうから富士山を望む(富士山の頂上部は雲の中)

にゅうから富士山を望む(富士山の頂上部は雲の中)

にゅうから富士山を望む(富士山の頂上部は雲の中)

にゅうから富士山(拡大版)

にゅうから富士山(拡大版)

にゅうから富士山(拡大版)

にゅうから東天狗岳・西天狗岳を望む

にゅうから東天狗岳・西天狗岳を望む

にゅうから東天狗岳・西天狗岳を望む

にゅうから見た白駒池

にゅうから見た白駒池

にゅうから見た白駒池

白駒池を周回する木道

白駒池を周回する木道

白駒池を周回する木道

白駒の池駐車場からの登山口

白駒池周辺の苔むす森(もののけの森)

霜柱のたった苔

白駒池周辺の苔むす森(もののけの森)

白駒池

白駒池

白駒荘(メインテナンス中で閉まっていた)

白駒池周辺の苔むす森

雪が残る苔の森

にゅうに行く手前にある白駒湿原

にゅうへの山道

にゅうの森

にゅうの森を歩く

うっすら雪の残った道

うっすら雪の残った道

にゅう山頂部が見えてきた

にゅう山頂への道

にゅう山頂の三角点

にゅう山頂にて

にゅうから富士山を望む(富士山の頂上部は雲の中)

にゅうから富士山(拡大版)

にゅうから東天狗岳・西天狗岳を望む

にゅうから見た白駒池

白駒池を周回する木道

この活動日記で通ったコース

ニュウ 周回コース

  • 3時間13分
  • 5.6 km
  • 311 m
体力度
1