朝里天狗から銭函へ 藪の屏風・和宇尻経由

2021.11.14(日) 日帰り

活動データ

タイム

07:19

距離

17.7km

上り

744m

下り

1156m

チェックポイント

DAY 1
合計時間
7 時間 19
休憩時間
56
距離
17.7 km
上り / 下り
744 / 1156 m
4
34
1 2
1 38
47
11
58
27

活動詳細

すべて見る

久々のPT登山。朝里天狗に屏風岳。 Fさんにも話が飛んだようで、ありがたくも朝里天狗をご一緒してもらうことに。 山頂では甘味交換会になったりで、雨に降られず運が良かったです。 このあとが屏風岳に銭函方面へ、と。雨中の藪は厄介そうでしたが、 こちらも雨にはほとんど当たらず、藪と倒木にはかなり苦戦しましたが、何とか銭函方面への下山となりました。 登山口から定山渓方面に200mほど進んだところに駐車場あり。 登山口からしばらく送電線沿いに緩くはない上りが続き、途中で北側に大回り(案内あり) 渡渉をした後、北方面へ標高を上げ、屏風岳への尾根に当たったところでさらに標高の高い西へ。 すぐにガレが見えるようになり山頂です。見晴らしの良い北峰は山頂から200mほど北側。 藪区間は朝里天狗~屏風岳 1kmほどでそれほど濃くはない。 屏風岳手前はちょっとした岩場を上る。岩の状態を確認しながらで。 山頂標識は標高点やランドマークからちょっとずれた位置。 標識から北東~東北東へ100m少々で地図にはない林道へ合流できる。 和宇尻山~銀嶺荘 林道を詰め切ったところから南へ250mほどで山頂。 銀嶺荘へは下る一方だが、東側へ逸れるのはNG。 銀嶺荘の北西に延びる沢を目標にするのがよさそう。 藪はほどほどだが、倒木や小木の枝の多さが厄介。いろいろ痛い思いをします。 銀嶺荘からはよく歩かれた春香山の登山道。 朝里天狗岳登山口~JR朝里駅:11.5km 朝里天狗岳登山口~朝里川温泉バス停(小樽駅行き):6.5km 春香山登山口~JR銭函駅:3km

春香山・銭函峠・銭函天狗山 朝里天狗の山行に同行させてもらいました。下山途中で解散、藪や林道をつないで銭函を目指します。
朝里天狗の山行に同行させてもらいました。下山途中で解散、藪や林道をつないで銭函を目指します。
春香山・銭函峠・銭函天狗山 送電線沿いにしばらく緩くない上りが続きます。
送電線沿いにしばらく緩くない上りが続きます。
春香山・銭函峠・銭函天狗山 途中で見える奇岩
途中で見える奇岩
春香山・銭函峠・銭函天狗山 数回の渡渉があります。
数回の渡渉があります。
春香山・銭函峠・銭函天狗山 ガレが目立ってくるとすぐ山頂です。
ガレが目立ってくるとすぐ山頂です。
春香山・銭函峠・銭函天狗山 朝里天狗岳
朝里天狗岳
春香山・銭函峠・銭函天狗山 手前から奥へ続く尾根の策に屏風岳があります。直下はちょっとした岩場。
手前から奥へ続く尾根の策に屏風岳があります。直下はちょっとした岩場。
春香山・銭函峠・銭函天狗山 先ほどの標識から200mほどで北峰。こちらのほうが見通しが利きます。ここでおやつ交換タイム。
先ほどの標識から200mほどで北峰。こちらのほうが見通しが利きます。ここでおやつ交換タイム。
春香山・銭函峠・銭函天狗山 藪突入ポイントを探りながら
藪突入ポイントを探りながら
春香山・銭函峠・銭函天狗山 このあたりで突入。Fさんたちとはここでお別れ。ありがとうございました。
このあたりで突入。Fさんたちとはここでお別れ。ありがとうございました。
春香山・銭函峠・銭函天狗山 藪自体はそれほど厳しくはありません。
藪自体はそれほど厳しくはありません。
春香山・銭函峠・銭函天狗山 このくらいが最大といったところ。
このくらいが最大といったところ。
春香山・銭函峠・銭函天狗山 岩場の写真を撮り忘れる失態。撮ってもらっていたものですが、動く石に注意しながら正面突破。
岩場の写真を撮り忘れる失態。撮ってもらっていたものですが、動く石に注意しながら正面突破。
春香山・銭函峠・銭函天狗山 後方の朝里天狗岳
後方の朝里天狗岳
春香山・銭函峠・銭函天狗山 朝里岳方面
朝里岳方面
春香山・銭函峠・銭函天狗山 崖地になっていたツルウメモドキ
崖地になっていたツルウメモドキ
春香山・銭函峠・銭函天狗山 山頂標識はランドマーク位置から数10m南側。探すのに手間取りました。
山頂標識はランドマーク位置から数10m南側。探すのに手間取りました。
春香山・銭函峠・銭函天狗山 標識付近から100mほど東に林道がへ繋ぐつもりでしたが、ちょっと南に寄ってしまい、迷走。
標識付近から100mほど東に林道がへ繋ぐつもりでしたが、ちょっと南に寄ってしまい、迷走。
春香山・銭函峠・銭函天狗山 無事林道に出て銭函方面へ、左奥から進んでいます。
無事林道に出て銭函方面へ、左奥から進んでいます。
春香山・銭函峠・銭函天狗山 林道から見えた小樽市街
林道から見えた小樽市街
春香山・銭函峠・銭函天狗山 ミヤマカケス。目に枝が被って残念
ミヤマカケス。目に枝が被って残念
春香山・銭函峠・銭函天狗山 道なりに進むと、張碓川のほうへ。
今回は右の脇道を使って和宇尻山へ。
道なりに進むと、張碓川のほうへ。 今回は右の脇道を使って和宇尻山へ。
春香山・銭函峠・銭函天狗山 細い道がしばらく続きます。
細い道がしばらく続きます。
春香山・銭函峠・銭函天狗山 僅かな雪ですが、道に倒れ掛かる笹
僅かな雪ですが、道に倒れ掛かる笹
春香山・銭函峠・銭函天狗山 このあたりで何となくある道は終了。
薄めの藪をほぼ南へ。
このあたりで何となくある道は終了。 薄めの藪をほぼ南へ。
春香山・銭函峠・銭函天狗山 ここも標識探しに時間がかかってしまいました。
ここも標識探しに時間がかかってしまいました。
春香山・銭函峠・銭函天狗山 銀嶺荘方面へ藪の下り。途中の定天
銀嶺荘方面へ藪の下り。途中の定天
春香山・銭函峠・銭函天狗山 笹薮というよりも小さな木や倒木の対処で苦しみました。
笹薮というよりも小さな木や倒木の対処で苦しみました。
春香山・銭函峠・銭函天狗山 見覚えのある登山道へ合流
見覚えのある登山道へ合流
春香山・銭函峠・銭函天狗山 銀嶺荘で昼休憩。ただ、中へは入れないようになっています。
銀嶺荘で昼休憩。ただ、中へは入れないようになっています。
春香山・銭函峠・銭函天狗山 あとはどんどん下ります。
あとはどんどん下ります。
春香山・銭函峠・銭函天狗山 ふかふか落ち葉
ふかふか落ち葉
春香山・銭函峠・銭函天狗山 途中の林道で見つけたキノコ。
色はおいしそうですが、かなり怪しい。
途中の林道で見つけたキノコ。 色はおいしそうですが、かなり怪しい。
春香山・銭函峠・銭函天狗山 カラマツも終盤のようです。
カラマツも終盤のようです。

活動の装備

もしも不適切なコンテンツをお見かけした場合はお知らせください。