白神岳(マテ山コースピストン)

2015.08.30

活動詳細

詳しく見る
地形図からの高低差約1,050m。YAMAPのコースタイム登り4時間15分。僕にとって初となる高低差1,000m越え。 5時間で登れなかったら途中撤退の予定であったが、4時間10分で山頂に着き、長めの休憩を取ることが出来た。 しかし、急登の連続の折り返しとくれば下りも急坂当然、疲れる。小さなアップダウンもジワジワと足に疲労が蓄積し、二股分岐に出てもう少しだ~と思ったらそこからも延々と林の中のアップダウン。もう勘弁して~と一人でブツブツ(笑)。 どっかで見たけど、「登りは自分の為、降りは家族の為」。遅くなっても安全に帰ること。 やっとの思いで舗装道路に出て安心。最後は気力のみでした。 前日にはお猿さんに遭遇したとか、早朝は雲海が見られたとか。 時間に余裕があれば、小屋泊で日本海の夕日を見るとか、十二湖へ縦走とかも面白そうです(車まで戻るのが大変ですが)。 コース状況は刈り払い等されていて良好です。 この時期の花は、写真がすべてではないと思いますが大方こんなもんです。
白神岳登山口駐車場。入口まで舗装道路。
水洗トイレ、照明設備有り。登山道へ行くにはトイレの左側を通る。
トイレの脇を通り、舗装道路に出たところ
本当の登山口はまだ先
本当の登山口。登山届はこの小屋の中で出す。
白神山地案内板
登山口
マテ山コースと二股コース分岐。二股コースは通行止めです。
途中の倒木。40~50cm位の太さだと思ったけど、これでも100年以上の年輪があるような・・・。
最後の水場
原生林の中は気持ちいい。
十二湖分岐。
ちょっと進むとトイレ小屋が見えました。
トイレ小屋と右奥の白神岳山頂に人が居ます。
トイレ小屋。ぼっとん式です。
避難小屋。
立派そうに見えるけどそうでもない。
白神岳山頂から避難小屋とトイレ。
証拠写真
奥のとんがったピークは岩木山
山頂でのパノラマ
避難小屋の中。マットが常設されていたがあまり使用したくない雰囲気。自前があるなら二枚重ねが良さそう。
復路は花等を探しながらゆっくりと降りる
ミヤマアキノキリンソウ
完全にガスの中になってしまいました
エゾオヤマリンドウ
エゾオヤマリンドウ
ミズナラ
ハクサンシャジン
アケボノシュスラン
虫。テントウムシの仲間?カメムシの仲間?
ユウレイタケ? モドキ?
根の階段が沢山ある。可哀そうだが根に上がるしか道はない。この根が土砂の崩落を守っている。
舗装道路まで下ってきました。山頂はガスの中。
駐車場へはショートカットで降りました。

コメント

読み込み中...

もしも不適切なコンテンツをお見かけした場合はお知らせください。 報告フォームはこちら

登山ほけん

1日単位で入れる YAMAP登山ほけん

週末の登山に、1日250円から入れる手軽なYAMAP登山ほけん。