杣山

2021.11.14(日) 日帰り

活動データ

タイム

01:59

距離

3.9km

上り

453m

下り

452m

チェックポイント

DAY 1
合計時間
1 時間 59
休憩時間
17
距離
3.9 km
上り / 下り
453 / 452 m
1
45
45
2

活動詳細

すべて見る

杣山(そまやま)に行ってきました。🗻🚶‍♂️ 会社の先輩に (方言)「意外とおもっしぇーで、騙されたと思って、いっぺん行ってみぃ」 と勧められていたのを思い出し、騙されたと思って行ってみました。 前日に軽く調べたところ、標高は492m(標高差450m)の低山。何北朝時代から山城があり、その歴史も楽しめる。 ただ、ヤマップにアップされている活動日誌は350件程度と少なく、それほど人気の山でもなさそうです。 と、半信半疑だったのですが、最初に結果を言ってしまうと、結構楽しめました。 紅葉時期だったので、期間限定の加点もあるのですが、それ抜きでも多分結構楽しめたと思います。 登山されている方も、紅葉シーズンというのもあると思いますが、5人程度の団体や10人以上の団体、いくつかの個人グループとすれ違い、結構賑わっていました。 コースのほうは、いくつかあるようですが、自分は次の時計回りの周回コースにしました。 ①花はす温泉そまやま登山口→②犬戻り駒返し→③杣山(頂上)→④殿池→⑤姫穴→⑥居館跡→⑦林道→⑧花はす温泉そまやま このコース、登山口から数分はなだらかですが、すぐに急登になり一気に頂上に至る稜線まで登ります。杣山は、ここからの稜線歩きが結構楽しめます。稜線としては全長1kmくらいはあるかと思います。稜線部には、気持ちのいい緩やかな道だけではなく、トリッキーな岩場やハシゴ場での適度な緊張感、かと思うと絶景ポイントでの感動といった具合に、色んな要素が盛り込まれていました。 頂上はそこそこ広く、眺望もあり、平らな場所なので食事するにはいい場所だと思います。 ただ、頂上着いたのは11時前だったので、食事せず、写真だけ撮って次に進みました。 眺望については、頂上から少し下りたところの大きな岩場があるのですが、そこからの眺望は非常に良いです。 稜線が終わると、殿池があり、姫穴があります。姫穴の付近は左側が切れ落ちた崖になっていて道も細く、濡れています。一応、右側に鎖の手すりもあるので、慎重に歩けば大丈夫なのですが、ここでもスリルが味わえます。低山の割に、なかなか気を抜けさせてくれません。 ここを抜けると、普通の下りになり第二登山道の駐車場に出ます。自分はその手前で曲がり、林道を通ってそまやま温泉まで戻りました。自分は、林道は単調なのであまり好きではないので、少し登るかもしれませんが、山の中を下って花はす温泉に戻るルートもありそうなので、調べておこうと思います。 登山後の楽しみとして、花はす温泉に入って、疲れた体をほぐすのも良いと思います。大人650円だそうです。 自分はこのあと駐車場でおにぎりを食べて、まだ11時30分だったので、帰る途中にある日野山に登ってきましたので、遅いのですが、また活動日誌を書きたいと思います。🖋️

杣山 杣山の登山口はいくつかありますが、色々情報収集した結果、花はす温泉そまやまから登るルートにしました。
駐車場は、自分は花はす温泉そまやまに止めましたが、道路挟んですぐ横に広い🅿️があるので、温泉入らない人は、そこのほうが適当かと思います。トイレも🅿️にあります。
ちなみに杣山は家から車で20分くらいです。9時45分に到着。
杣山の登山口はいくつかありますが、色々情報収集した結果、花はす温泉そまやまから登るルートにしました。 駐車場は、自分は花はす温泉そまやまに止めましたが、道路挟んですぐ横に広い🅿️があるので、温泉入らない人は、そこのほうが適当かと思います。トイレも🅿️にあります。 ちなみに杣山は家から車で20分くらいです。9時45分に到着。
杣山 花はす温泉そまやま。隣りに花はす公園があり、はすの季節には、はす祭りで賑わいます。(来たことありませんが。。。)
花はす温泉そまやま。隣りに花はす公園があり、はすの季節には、はす祭りで賑わいます。(来たことありませんが。。。)
杣山 温泉の後ろにあるのが、杣山でしょうか。
温泉の後ろにあるのが、杣山でしょうか。
杣山 温泉向かって左側の道から、直進せずに、温泉の裏に回り込む道を進み登山道に入ります。
温泉向かって左側の道から、直進せずに、温泉の裏に回り込む道を進み登山道に入ります。
杣山 ここは直進もできそうですが、左に曲がり、杣山城跡・登山道本丸台跡へに進みました。
ここは直進もできそうですが、左に曲がり、杣山城跡・登山道本丸台跡へに進みました。
杣山 ここから急登の始まりです。登山道自体は、こんな感じで整備されていて登りやすかったです。
ここから急登の始まりです。登山道自体は、こんな感じで整備されていて登りやすかったです。
杣山 ひらすた急登です。
ひらすた急登です。
杣山 ときどき紅葉。
ときどき紅葉。
杣山 直登がきついのかつづら折り状の道に。それでも急登です。
直登がきついのかつづら折り状の道に。それでも急登です。
杣山 急登が終わり、ここから稜線に入ります。
急登が終わり、ここから稜線に入ります。
杣山 稜線に入り、傾斜がゆるやかになります。この急登からのギャップもあるのか、この道、とても気持ちいいです。
稜線に入り、傾斜がゆるやかになります。この急登からのギャップもあるのか、この道、とても気持ちいいです。
杣山 稜線部は紅葉している木も多くなり、歩いていても楽しいです。🎵
稜線部は紅葉している木も多くなり、歩いていても楽しいです。🎵
杣山 岩が少し多くなってきました。
岩が少し多くなってきました。
杣山 右側に綺麗な紅葉を見ながらの稜線歩きです。この時点で既に来て良かったです。
右側に綺麗な紅葉を見ながらの稜線歩きです。この時点で既に来て良かったです。
杣山 小学生くらいのお子さん連れでしたが、問題なく登れると思います。
小学生くらいのお子さん連れでしたが、問題なく登れると思います。
杣山 このあたりから岩場に入っていきます。
このあたりから岩場に入っていきます。
杣山 はしご場。結構、スリルあります。
はしご場。結構、スリルあります。
杣山 はしごって登っている途中、後ろに倒れていかないか、心配になりません?
はしごって登っている途中、後ろに倒れていかないか、心配になりません?
杣山 一つ目のはしごを登ったところの振り返った眺望です。結構良い眺めです。
一つ目のはしごを登ったところの振り返った眺望です。結構良い眺めです。
杣山 ちなみにはしごは2つあります。
ちなみにはしごは2つあります。
杣山 はしごを登ったあとの道。こういう道もいい感じです。
はしごを登ったあとの道。こういう道もいい感じです。
杣山 右手には、だいたいこんな感じの眺望が開けているので、開放感があります。(左側も開けてますが、紅葉はなかったです)
右手には、だいたいこんな感じの眺望が開けているので、開放感があります。(左側も開けてますが、紅葉はなかったです)
杣山 多分、山城の要所の説明か何かが書かれているのだと思いますが、石版が所々にありました。
多分、山城の要所の説明か何かが書かれているのだと思いますが、石版が所々にありました。
杣山 石版の横の紅葉がいい感じじゃないですか。
石版の横の紅葉がいい感じじゃないですか。
杣山 頂上に到着しました。頂上は結構広くて、平坦なので食事するにはちょうど良さそうです。
頂上に到着しました。頂上は結構広くて、平坦なので食事するにはちょうど良さそうです。
杣山 日野山と紅葉。真っ赤ですね。
日野山と紅葉。真っ赤ですね。
杣山 頂上からの眺望。
頂上からの眺望。
杣山 まだ早いので、食事下山しますが、両側真っ赤な紅葉の道を通ります。
まだ早いので、食事下山しますが、両側真っ赤な紅葉の道を通ります。
杣山 先ほどの黄葉と石版もよかったですが、こちらは紅葉と石版です。
先ほどの黄葉と石版もよかったですが、こちらは紅葉と石版です。
杣山 頂上近くに大きな岩場があり、
頂上近くに大きな岩場があり、
杣山 岩場の先が絶景ポイントです。
岩場の先が絶景ポイントです。
杣山 あの人がいるところです。
あの人がいるところです。
杣山 絶景ポイントからの眺望①
絶景ポイントからの眺望①
杣山 絶景ポイントからの眺望②
絶景ポイントからの眺望②
杣山 絶景ポイントからの眺望③
絶景ポイントからの眺望③
杣山 絶景ポイントからの眺望④
絶景ポイントからの眺望④
杣山 絶景ポイントからの眺望⑤
絶景ポイントからの眺望⑤
杣山 絶景ポイントからの眺望⑥
絶景ポイントからの眺望⑥
杣山 絶景ポイントからの眺望⑦
絶景ポイントからの眺望⑦
杣山 絶景ポイントから下りました。
絶景ポイントから下りました。
杣山 では先に進みます。
では先に進みます。
杣山 落ち葉で滑りやすい箇所があるので注意が必要な場所あります。自分も一回おしりつきそうになりました。
落ち葉で滑りやすい箇所があるので注意が必要な場所あります。自分も一回おしりつきそうになりました。
杣山 この苔好きです。
この苔好きです。
杣山 今年はホントに紅葉がよく見れた年でした。
今年はホントに紅葉がよく見れた年でした。
杣山 殿池に向かいます。
殿池に向かいます。
杣山 このあたりも綺麗な登山道です。
このあたりも綺麗な登山道です。
杣山 殿池です。
殿池です。
杣山 小さな池ですね。
小さな池ですね。
杣山 鎖、登場です。
鎖、登場です。
杣山 姫穴です。
姫穴です。
杣山 中に入る勇気はないです。
中に入る勇気はないです。
杣山 姫穴過ぎるとさらにスリリングな道に。左側は崖です。右側に鎖があるので、慎重に進めば大丈夫です。
姫穴過ぎるとさらにスリリングな道に。左側は崖です。右側に鎖があるので、慎重に進めば大丈夫です。
杣山 道が濡れているので、滑らないようにだけ注意が必要ですね。
道が濡れているので、滑らないようにだけ注意が必要ですね。
杣山 鎖のところを過ぎると、普通の登山道になります。
鎖のところを過ぎると、普通の登山道になります。
杣山 休憩所。
休憩所。
杣山 広場とベンチ。
広場とベンチ。
杣山 無事下山することができました。
無事下山することができました。
杣山 何やら広いところに出ました。
何やら広いところに出ました。
杣山 文殊堂経由の登山口はここにあるのですね。
文殊堂経由の登山口はここにあるのですね。
杣山 真っ直ぐ進むと第二登山道の駐車場ですが、
真っ直ぐ進むと第二登山道の駐車場ですが、
杣山 右に曲がり、林道のほうに。
右に曲がり、林道のほうに。
杣山 左側は、ずっと電柵です。左側に並行して一般道があるので、気持ち悪ければ、そっち歩いてもいいかも。
左側は、ずっと電柵です。左側に並行して一般道があるので、気持ち悪ければ、そっち歩いてもいいかも。
杣山 花はす温泉そまやま到着です。
温泉の右側にでてきます。
花はす温泉そまやま到着です。 温泉の右側にでてきます。
杣山 温泉の駐車場。11時50分。
温泉の駐車場。11時50分。
杣山 駐車場で、コンビニおにぎり。
駐車場で、コンビニおにぎり。
杣山 スタート時点見忘れましたが、8,000歩くらいでしょうか。
スタート時点見忘れましたが、8,000歩くらいでしょうか。

もしも不適切なコンテンツをお見かけした場合はお知らせください。