嘉津宇岳周回 迂闊にも…

2021.11.07(日) 日帰り

活動データ

タイム

02:59

距離

4.8km

上り

736m

下り

736m

チェックポイント

DAY 1
合計時間
2 時間 59
休憩時間
5
距離
4.8 km
上り / 下り
736 / 736 m
8
28
12
29
4
8

活動詳細

すべて見る

伊江島に引き続き、嘉津宇岳→安和岳→三角山→古巣岳の周回コースに挑んだ。 こちらも円錐カルストの山だが、本部富士、伊江島タッチューよりもスケールがかなり大きい。 コースは距離5kmで累積登りは700m程だが、急峻なアップダウンと岩ばった道ゆえ、数字よりもかなり疲労した印象。しかも、所々で道が不明瞭でありGPSを携行する方が良いと思う。 キツいとは言え、カルストの鋭い岩や沖縄独特の植生、山から海へと繋がる絶景の数々。やはりここに来て良かったと感じられる素晴らしい山だった。 ※古巣岳→嘉津宇岳で道をロストして、強引に藪を漕いでいます。軌跡は参考にしないで下さい。 余りの激藪ということもあって、迂闊にもスマホを落としてしまった…😓

嘉津宇岳・安和岳・三角山 嘉津宇岳の登山口。広い駐車場が整備されている。アクセスの道もさほど悪くはなかった
嘉津宇岳の登山口。広い駐車場が整備されている。アクセスの道もさほど悪くはなかった
嘉津宇岳・安和岳・三角山  登山口。立派な看板あり
登っている人も多い
登山口。立派な看板あり 登っている人も多い
嘉津宇岳・安和岳・三角山 だいぶ見慣れてきた南国の植物
だいぶ見慣れてきた南国の植物
嘉津宇岳・安和岳・三角山 登山道は全般に岩ばっている。標高差、距離の割にキツイよ
登山道は全般に岩ばっている。標高差、距離の割にキツイよ
嘉津宇岳・安和岳・三角山 落ち着いたエリアもあり
落ち着いたエリアもあり
嘉津宇岳・安和岳・三角山 嘉津宇岳の頂。海と山の眺め良し
嘉津宇岳の頂。海と山の眺め良し
嘉津宇岳・安和岳・三角山 活動日記で良く見る岩だね。私もぶら下がって撮ってもらいたい
活動日記で良く見る岩だね。私もぶら下がって撮ってもらいたい
嘉津宇岳・安和岳・三角山 八重岳方面。あちらはいろいろ施設があって登れないのかな
八重岳方面。あちらはいろいろ施設があって登れないのかな
嘉津宇岳・安和岳・三角山 ツマムラサキマダラ。渡り蝶で沖縄~奄美で見られるらしい。きれいな羽根だね
ツマムラサキマダラ。渡り蝶で沖縄~奄美で見られるらしい。きれいな羽根だね
嘉津宇岳・安和岳・三角山 嘉津宇岳を振り返る。嘉津宇岳は人がたくさんだが、周囲の山に足を伸ばす人は少ないようだ
嘉津宇岳を振り返る。嘉津宇岳は人がたくさんだが、周囲の山に足を伸ばす人は少ないようだ
嘉津宇岳・安和岳・三角山 木々の勢いが凄い。細い木々が血管のようにまとわりついている
木々の勢いが凄い。細い木々が血管のようにまとわりついている
嘉津宇岳・安和岳・三角山 この辺りは岩ばった急斜面だ
この辺りは岩ばった急斜面だ
嘉津宇岳・安和岳・三角山 オキナワテイショウソウ。キッコウハグマの仲間らしい
オキナワテイショウソウ。キッコウハグマの仲間らしい
嘉津宇岳・安和岳・三角山 安和岳の頂。海が良く見える
安和岳の頂。海が良く見える
嘉津宇岳・安和岳・三角山 嘉津宇岳を振り返る。大きなギャップを迂回してここまで来たことが分かる
嘉津宇岳を振り返る。大きなギャップを迂回してここまで来たことが分かる
嘉津宇岳・安和岳・三角山 ここもカルストの山なのだ。
泣き所の左膝を思い切りぶつけて、気分が悪くなるくらい痛かった
ここもカルストの山なのだ。 泣き所の左膝を思い切りぶつけて、気分が悪くなるくらい痛かった
嘉津宇岳・安和岳・三角山 ここはピークだが、名前はない。
海を望む眺めの良いスポットだ
ここはピークだが、名前はない。 海を望む眺めの良いスポットだ
嘉津宇岳・安和岳・三角山 日が傾いてきたな
日が傾いてきたな
嘉津宇岳・安和岳・三角山 ソテツと鋭く尖ったら岩。そして向こうには海。この地域ならではの眺めだ
ソテツと鋭く尖ったら岩。そして向こうには海。この地域ならではの眺めだ
嘉津宇岳・安和岳・三角山 三角山の頂。汗をかいた身体に吹き抜ける風が心地良い
三角山の頂。汗をかいた身体に吹き抜ける風が心地良い
嘉津宇岳・安和岳・三角山 間違って降りてしまった道に迫力の大岩が!
この下にも潜って歩ける。道間違えもいいもんだ…
間違って降りてしまった道に迫力の大岩が! この下にも潜って歩ける。道間違えもいいもんだ…
嘉津宇岳・安和岳・三角山 岩ばった急斜面を延々と下ると
岩ばった急斜面を延々と下ると
嘉津宇岳・安和岳・三角山 薄暗い岩の谷。ここから古巣岳へ登り返す
薄暗い岩の谷。ここから古巣岳へ登り返す
嘉津宇岳・安和岳・三角山 岩ばった斜面。道も一部不明瞭なので要注意
岩ばった斜面。道も一部不明瞭なので要注意
嘉津宇岳・安和岳・三角山 古巣岳の頂
古巣岳の頂
嘉津宇岳・安和岳・三角山 うん。ここも良い眺めだ
うん。ここも良い眺めだ
嘉津宇岳・安和岳・三角山 古巣岳から嘉津宇岳へ向かってすぐに道をロスト。岩ばった森に何だか冒険心をそそられて、正規ルートに戻らず敢えてそのまま嘉津宇岳へと向かった…が…
古巣岳から嘉津宇岳へ向かってすぐに道をロスト。岩ばった森に何だか冒険心をそそられて、正規ルートに戻らず敢えてそのまま嘉津宇岳へと向かった…が…
嘉津宇岳・安和岳・三角山 大変な激藪ゾーン。この辺りはまだマシ。
この先は大岩が点々と林立し、その隙間をトゲのつる草が隙間を埋めている。
岩の底は見通しが悪く、蛇も気になるので行きたくない、てかそもそもつる草が充填されているので行けない。
大岩をジャンプして伝い、よじ登りながら嘉津宇岳のピークを目指した
大変な激藪ゾーン。この辺りはまだマシ。 この先は大岩が点々と林立し、その隙間をトゲのつる草が隙間を埋めている。 岩の底は見通しが悪く、蛇も気になるので行きたくない、てかそもそもつる草が充填されているので行けない。 大岩をジャンプして伝い、よじ登りながら嘉津宇岳のピークを目指した
嘉津宇岳・安和岳・三角山 嘉津宇岳のピーク。近くに見えるがなかなか辿り着かない。
ここは大岩林立ゾーンを抜けて、まあ普通の藪。蛇に注意を払いつつ登った
嘉津宇岳のピーク。近くに見えるがなかなか辿り着かない。 ここは大岩林立ゾーンを抜けて、まあ普通の藪。蛇に注意を払いつつ登った
嘉津宇岳・安和岳・三角山 嘉津宇岳の頂にやっとこさ到着。
古巣岳を振り返る。短い区間だったが非常に消耗してしまった。
この後、時間を確認しようとしてふと、スマホをがないことに気付いた。岩々を飛び越える時に落としたのだろう。ジッパーのポケットに入れておけば良かった。迂闊だった…
嘉津宇岳の頂にやっとこさ到着。 古巣岳を振り返る。短い区間だったが非常に消耗してしまった。 この後、時間を確認しようとしてふと、スマホをがないことに気付いた。岩々を飛び越える時に落としたのだろう。ジッパーのポケットに入れておけば良かった。迂闊だった…
嘉津宇岳・安和岳・三角山 記念撮影。笑顔とは裏腹に心は泣いている。
ハブもいるしね、この藪こぎはやってはいけない。大いに反省した。
記念撮影。笑顔とは裏腹に心は泣いている。 ハブもいるしね、この藪こぎはやってはいけない。大いに反省した。
嘉津宇岳・安和岳・三角山 嘉津宇岳周回路。眺望良し。標高差、距離の割に疲労度が高く登り応えのあるルートだった。
スマホを落としちゃったしね、忘れられない体験になったよ。
嘉津宇岳周回路。眺望良し。標高差、距離の割に疲労度が高く登り応えのあるルートだった。 スマホを落としちゃったしね、忘れられない体験になったよ。

もしも不適切なコンテンツをお見かけした場合はお知らせください。