戸倉三山~呼ばわり山~

2021.11.06(土) 日帰り

活動データ

タイム

06:24

距離

14.5km

上り

1405m

下り

1439m

チェックポイント

DAY 1
合計時間
6 時間 24
休憩時間
9
距離
14.5 km
上り / 下り
1405 / 1439 m
1 25
17
37
39
22
20
8
11
19
15
6
22
13

活動詳細

すべて見る

東京都あきる野市と檜原村の境界に連なる戸倉三山を縦走してきました。戸倉三山とは臼杵山、市道山、刈寄山の総称です。低山にもかかわらず小刻みにアップダウンを繰り返す厳しいコースとして知られています。カバー写真の「ホッピングをしているコアラ」のようなものだと思ってください。またこの山はその昔「呼ばわり山」と呼ばれていて、迷子や行方不明者を捜すとき、そこへ行って、鐘や太鼓をたたいて「迷子の迷子の誰それやーい」と叫ぶと、尋ねあてることができると信じられていました。相模野は広大な原野であったため、方向が分からずに行方不明になる人が多かった。 戸沢橋入口には「休憩時間を含め7時間半8時間は必要なので安易な気持ちで入山しないで下さい」とも書いてありますので、一般のハイカーよりもトレイルランニングが多めでした。武蔵五日駅~戸倉三山はハセツネCUP・日本山岳耐久レース(71.5kmコース)の入口で、ここから生藤山~三頭山~御前山~大岳山~御嶽山方面へ向かいます。

動画

もしも不適切なコンテンツをお見かけした場合はお知らせください。