丹沢山縦走(大倉発、塔ノ岳・日高・竜ヶ馬場・丹沢山・蛭ヶ岳・姫次・焼山 焼山登山口終点)

2021.11.03(水) 日帰り

活動データ

タイム

07:37

距離

22.8km

上り

1998m

下り

1994m

チェックポイント

DAY 1
合計時間
7 時間 37
休憩時間
7
距離
22.8 km
上り / 下り
1998 / 1994 m
4
4
32
20
15
9
9
55
17
1 9

活動詳細

すべて見る

大倉バス停から、塔ノ岳、丹沢山、蛭ヶ岳、焼山、焼山登山口まで単独で縦走登山しました。 山頂付近は、雪山になってるか、警戒しましたが、気温は、終始暑かったです。 塔ノ岳までは、人がたくさんいました。 塔ノ岳以降は、時間帯のせいか人はまばらでした。 登りやすいですが、それはそれで心細かったです。 塔ノ岳から丹沢山は、緩やかで難易度が低いですが、丹沢山から蛭ヶ岳まで、急なアップダウンが、3,4回続き難易度が高かったです。 蛭ヶ岳と焼山の中間地点の姫次付近では、鹿に累計10匹ほど遭遇しました。「ピュー」と甲高い鳴き声が聞こえ、草木をかきわける音がする方を見ると、体毛が茶色でお尻が白い鹿でした。一枚だけ写真が撮れました!後で調べてみたところ、この付近は、丹沢の最深部で、鹿とヤマビルの原生地のため、鹿が多く生息しているそうです。 焼山からは、日が沈み、真暗になりました。 やはり、夜の山は別世界で、恐怖でした。 今後は、夜に下山はしないようにします。 焼山登山口からは、バスの最終便の時間は過ぎていたので、三ケ木まで1時間半ほど徒歩で、三ケ木から橋本駅行のバスに乗り、帰路につきました。 今回の登山では、初めて、鹿のような大型生物と遭遇できて良かったです。

もしも不適切なコンテンツをお見かけした場合はお知らせください。