甲州アルプス 北上

2021.11.02(火) 日帰り

活動データ

タイム

10:13

距離

33.1km

上り

3196m

下り

2898m

チェックポイント

DAY 1
合計時間
10 時間 13
休憩時間
1 時間 11
距離
33.1 km
上り / 下り
3196 / 2898 m
2
16
8
1
10
5
7
12
27
6
30
11
12
6
14
17
29
1
4
7
7
1
24

活動詳細

すべて見る

甲州アルプス縦走計画、計画したものの機会を逃し続けていつのまにやら11月・・・。さすがにこれ以降は日の短さと気温の問題で先送りしたくない・・・。平日に決行じゃぁ!!! 珍しく電車を使って登山口まで移動。始発電車はすいているものかと思っていたが、スーツ姿の人もいた。早朝からお疲れ様です<(_ _)> 10月はクライミングばかりしていて約1か月ぶりの登山となったのだが、一か月ぶりに行う山行ではなかった。 やっぱり距離30㎞・獲得標高3000mはキツかった・・・。 【初狩駅~米沢山】 気温が低くて歩き出しは寒い。10分くらい歩いて暖まった所で上着を脱ぐ。 国道から登山道に入る地点で一度立ち止まり、いざ山に入る。 ちょっと気合を入れて登りすぎた。途中からペースは緩めたものの、笹子雁ヶ腹摺山に着いた時点で若干の疲労感・・・。 雁ヶ腹摺山過ぎ、朝露で濡れた木の根で滑って左太ももを打ってしまった。先が思いやられる。 【米沢山~大谷ヶ丸】 米沢山~大鹿山、アップダウンつらい、あんまりスタートから進んでない気がしてつらい。 大鹿峠で来たことがある区間に突入。曲沢峠からようやく北上を開始するイメージ。 とりあえずがんばって大谷ヶ丸まで一息に進む。 【大谷ヶ丸~湯ノ沢峠】 はじめて区間突入。米背負峠(こめしょいとうげ)通過。『面白い名前だな~』と思っただけで特に記憶は無い。 ハマイバ丸付近で草原に出た。 大蔵高丸で本日山に入ってから初めて人に出会う。湯ノ沢峠からハマイバ丸の往復ルートを歩きに来たそう。少し会話をして別れた。 湯ノ沢峠に着くかと思ったら、広く平らなお花畑があり、『あれ?峠ってまだなの?』となった。 【湯ノ沢峠~牛奥ノ雁ヶ腹摺山】 思っていたよりも汗を大量にかき、想定よりも早いペースで減っていた水を補給。割とはじめから水場を当てにする気ではいたが、非常に助かった。 黒岳の登りに備えて大休憩&補給。 黒岳への登りは楽なペースを心掛けてゆっくり登る。途中草原地帯も通り、せっかくなので寄り道もして黒岳登頂。小休止してすぐに出発。 傾斜の緩く歩きやすい道だったように記憶しているが、気持ちよく進む。 牛奥ノ雁ヶ腹摺山の登りでへばる。 【牛奥ノ雁ヶ腹摺山~大菩薩峠】 若干雲が出てきて、休憩中は寒い。 エネルギー源をしっかり補給して出発。 なぜか小金沢山の記憶はない。どんなだったっけ? 小金沢山を過ぎてから道が悪い箇所が多くなった。湿っていたしペースを上げずらい。笹原の鹿道に迷い込みそうにもなった。 石丸峠周辺は背の低い笹原が広がり、とてもきれいだったが、峠に行くはずなのになぜかピークに登るのがしんどかった。 熊沢山の登りもしんどい。えっちらおっちら登っていたら「大菩薩峠はここ越えてすぐですよ」と声を掛けられた。それを聞いて頑張れた。 【大菩薩峠~大菩薩峠登山口バス停】 開拓済み区間に来た。介山荘にて休憩。 大菩薩嶺まではそんなにキツイ傾斜じゃないのにキツイ、エネルギー切れかな?(ゼリー系は切れた) 頑張って登り、大菩薩嶺で休憩、バスに乗るために出せる全力で下る。 上日川峠ではロッジ長兵衛でマスターに挨拶。平日なのに居ることに驚かれた。 長兵衛から裂石へは初めて徒歩で下る。もちろん爆速で。 思ってたより早く着けたので番屋茶屋で草餅(¥150)を食べた。

大菩薩嶺・鶏冠山・大マテイ山 笹子駅スタート 空気は冷たく息が白い
少し緊張した心持ちで歩き出す
笹子駅スタート 空気は冷たく息が白い 少し緊張した心持ちで歩き出す
大菩薩嶺・鶏冠山・大マテイ山 紅葉してた 流石にまだ余裕
写真だって撮っちゃうもんね!
紅葉してた 流石にまだ余裕 写真だって撮っちゃうもんね!
大菩薩嶺・鶏冠山・大マテイ山 富士山が見える
今日は曇りだと思ってたのでラッキー
富士山が見える 今日は曇りだと思ってたのでラッキー
大菩薩嶺・鶏冠山・大マテイ山 山梨百名山52座目
張り切って登ったら結構消耗してしまった・・・
山梨百名山52座目 張り切って登ったら結構消耗してしまった・・・
大菩薩嶺・鶏冠山・大マテイ山 笹子雁ヶ腹摺山~米沢山までの間で霜で濡れた木の根で滑って転んでしまった
左太もも横を打ってしまった・・・
笹子雁ヶ腹摺山~米沢山までの間で霜で濡れた木の根で滑って転んでしまった 左太もも横を打ってしまった・・・
大菩薩嶺・鶏冠山・大マテイ山 まだ富士山はみえてる
まだ富士山はみえてる
大菩薩嶺・鶏冠山・大マテイ山 お坊山 1421mまで登ったものの、この後大鹿峠で1150mまで高度を下げる
お坊山 1421mまで登ったものの、この後大鹿峠で1150mまで高度を下げる
大菩薩嶺・鶏冠山・大マテイ山 紅葉のトンネル
紅葉のトンネル
大菩薩嶺・鶏冠山・大マテイ山 コンドウ丸 相変わらずピークっぽくない
コンドウ丸 相変わらずピークっぽくない
大菩薩嶺・鶏冠山・大マテイ山 ブナ?の木
ブナ?の木
大菩薩嶺・鶏冠山・大マテイ山 『甲州アルプスHaute Rute Challenge』のテープ
大鹿峠辺りから石丸峠辺りまで着いてた
『甲州アルプスHaute Rute Challenge』のテープ 大鹿峠辺りから石丸峠辺りまで着いてた
大菩薩嶺・鶏冠山・大マテイ山 ここの登りで消耗する
既に腿前が張っている ヤバイんじゃない?
ここの登りで消耗する 既に腿前が張っている ヤバイんじゃない?
大菩薩嶺・鶏冠山・大マテイ山 開けた
テンションアゲアゲ
開けた テンションアゲアゲ
大菩薩嶺・鶏冠山・大マテイ山 晴れてれば富士山綺麗なんだろうな~
晴れてれば富士山綺麗なんだろうな~
大菩薩嶺・鶏冠山・大マテイ山 綺麗な赤
綺麗な赤
大菩薩嶺・鶏冠山・大マテイ山 破魔射場丸
破魔射場丸
大菩薩嶺・鶏冠山・大マテイ山 微ピーク
草原が良い感じ
微ピーク 草原が良い感じ
大菩薩嶺・鶏冠山・大マテイ山 甲府盆地・南アルプス方面
甲府盆地・南アルプス方面
大菩薩嶺・鶏冠山・大マテイ山 少しストレッチしたら腿前がつりかける
まずい…
本日初めて人に会う
少しストレッチしたら腿前がつりかける まずい… 本日初めて人に会う
大菩薩嶺・鶏冠山・大マテイ山 手前の尾根が凄い赤い
手前の尾根が凄い赤い
大菩薩嶺・鶏冠山・大マテイ山 湯の沢峠手前
峠まで結構なだらかな箇所があるんだな~
湯の沢峠手前 峠まで結構なだらかな箇所があるんだな~
大菩薩嶺・鶏冠山・大マテイ山 どんな花が咲くのだろう?
どんな花が咲くのだろう?
大菩薩嶺・鶏冠山・大マテイ山 湯の沢峠の水場 想定より水の消費が多かったので非常に助かる
湯の沢峠の水場 想定より水の消費が多かったので非常に助かる
大菩薩嶺・鶏冠山・大マテイ山 白谷小丸
主稜線からはちょっとずれる
山頂標は無い
白谷小丸 主稜線からはちょっとずれる 山頂標は無い
大菩薩嶺・鶏冠山・大マテイ山 草原を眺められる
甲州アルプスの白い山
草原を眺められる 甲州アルプスの白い山
大菩薩嶺・鶏冠山・大マテイ山 白谷ノ丸
近くの白谷小丸と名前似すぎ
白谷ノ丸 近くの白谷小丸と名前似すぎ
大菩薩嶺・鶏冠山・大マテイ山 峠でしっかり補給をしてからバテないように気をつけて登った
峠でしっかり補給をしてからバテないように気をつけて登った
大菩薩嶺・鶏冠山・大マテイ山 山梨百名山53座目
山梨百名山53座目
大菩薩嶺・鶏冠山・大マテイ山 川胡桃沢の頭
ペース落ちてきた・・・
川胡桃沢の頭 ペース落ちてきた・・・
大菩薩嶺・鶏冠山・大マテイ山 山梨百名山54座目
日本一長い山名の山に着く
じっくり休憩・補給
山梨百名山54座目 日本一長い山名の山に着く じっくり休憩・補給
大菩薩嶺・鶏冠山・大マテイ山 山梨百名山55座目
山梨百名山55座目
大菩薩嶺・鶏冠山・大マテイ山 石丸峠までは道の悪い場所もあり、下りでもペース上がんなかった
石丸峠までは道の悪い場所もあり、下りでもペース上がんなかった
大菩薩嶺・鶏冠山・大マテイ山 こんなだったっけ?
記憶にない・・・
こんなだったっけ? 記憶にない・・・
大菩薩嶺・鶏冠山・大マテイ山 日川ダムも見える
下の方の尾根が凄く赤い
日川ダムも見える 下の方の尾根が凄く赤い
大菩薩嶺・鶏冠山・大マテイ山 良い感じの道
秋晴れの空だったら最高だろうな~
良い感じの道 秋晴れの空だったら最高だろうな~
大菩薩嶺・鶏冠山・大マテイ山 笹が綺麗
笹が綺麗
大菩薩嶺・鶏冠山・大マテイ山 天狗棚山
地図に無いトラバースしていく道がありそうだった
天狗棚山 地図に無いトラバースしていく道がありそうだった
大菩薩嶺・鶏冠山・大マテイ山 登りも残すところ後わずか…
気合いで登る
登りも残すところ後わずか… 気合いで登る
大菩薩嶺・鶏冠山・大マテイ山 雲がすごい
雲がすごい
大菩薩嶺・鶏冠山・大マテイ山 やっとこさ大菩薩峠到着
平日&終バスの時間も迫っていることもあって人はまばら
やっとこさ大菩薩峠到着 平日&終バスの時間も迫っていることもあって人はまばら
大菩薩嶺・鶏冠山・大マテイ山 でっかいケルンがいっぱいある
でっかいケルンがいっぱいある
大菩薩嶺・鶏冠山・大マテイ山 最後の登りなんだけど…キツイ…
15時頃という事もあり、降りていく人が多いなかでえっちらおっちら登っていく
最後の登りなんだけど…キツイ… 15時頃という事もあり、降りていく人が多いなかでえっちらおっちら登っていく
大菩薩嶺・鶏冠山・大マテイ山 登頂!!
登頂!!
大菩薩嶺・鶏冠山・大マテイ山 ロッジ長兵衛で休憩し、マスターに挨拶した後全力で下る。だってバスの時間がギリギリなんだもの!
でも紅葉キレイ🍁
ロッジ長兵衛で休憩し、マスターに挨拶した後全力で下る。だってバスの時間がギリギリなんだもの! でも紅葉キレイ🍁
大菩薩嶺・鶏冠山・大マテイ山 塩山駅から電車に乗って帰宅
塩山駅から電車に乗って帰宅

もしも不適切なコンテンツをお見かけした場合はお知らせください。