紅葉の錦 両神のまにまに

2021.10.30(土) 日帰り

活動データ

タイム

06:03

距離

9.1km

上り

1369m

下り

1364m

チェックポイント

DAY 1
合計時間
6 時間 3
休憩時間
1 時間 23
距離
9.1 km
上り / 下り
1369 / 1364 m
1 31
40
12
42
59

活動詳細

すべて見る

この度は 幣も取りあえず手向山〜(以下タイトル) なんて百人一首の一句が途中で思い浮かぶくらい、最高の紅葉×青空の下、今回は両神山に登って来ました! 両神山には西武秩父駅or三峰口駅からバスでアクセスできる…はずなのですが、本数が劇的に少ないため、雲取の時みたく漫喫で前泊して山行に臨みました…😅 登山コースは公共交通機関のため日向大谷コースほぼ一択でした。ただこの山が古くから信仰の山であるためか、樹林帯でもコース上所々に石碑や石像、仏像があり面白かったです。また沢や鎖場(4ヶ所くらい?)もありコース自体もバラエティに富んでいましたね。鎖場はそこまで難易度は高くないのですが、山頂へ続く最後の鎖場だけは高度感があり、なかなかのスリルでしたね😅これが何個もある八丁峠コース恐るべし… 最高の天気×ピークofピークの紅葉だったため、頂上からは最っ高の景色が…!周囲の山々の紅葉の絨毯だけでなく、頭だけちょこんと出た富士山、はたまた雪を被った北アルプスの峰々までを一望することができました😄 なお山頂は10人もいれないくらい狭いので、昼食は八丁峠コース方面にほんの少し降りた所に絶景スポットを見つけてそこで食べました。本当は東岳にも足を伸ばそうと思ってましたが、景色にすっかり満足してしまい動きたくなくなった為取り止め(笑) 東岳は今度八丁峠コースから来た時にとっておきます(車無いけど) ☆アクセス 三峰口駅7時48分発、8時50分日向大谷着(途中薬師の湯で乗り換えるのですが、乗り換え券的なのを貰えます。乗り換え時400円払い、日向大谷では払わなくて良いと運転手より) 日向大谷15時10分発、16時45分頃西武秩父着(途中薬師の湯にて乗り換え。乗り換え時200円、終点にて300円でした)

もしも不適切なコンテンツをお見かけした場合はお知らせください。