古賀志山・御嶽山・坊主山 備えあれば憂いなしのスポーツ。平日はひっそりしていました。

2021.10.29(金) 日帰り

活動データ

タイム

04:15

距離

6.2km

上り

446m

下り

446m

チェックポイント

DAY 1
合計時間
4 時間 15
休憩時間
1 時間 44
距離
6.2 km
上り / 下り
446 / 446 m
51
5
11
25
45

活動詳細

すべて見る

前回は宇都宮トレイルラン大会の為に、駐車場確保に奔走。北コース等がトレイルランコースとなっており、ランナーがくる度に立ち止まり、また登る感じでしたが、今日は平日とあり、ひっそりと落ち着いた雰囲気でした。体力ベストの時よりも、はるかに遅いペースとなりましたが、ゆとりのある心で登る事ができたと思います。しばらくは持久力のある身体作りになりそうです。 風があり、耐風姿勢は必要ありませんが、休憩する時には上に羽織るものがあれば良いと思います。 東陵より、大田原、那須から来られたご婦人2人と話す中で、地図もなく、初めての山とのこと。古賀志山は歩きやすい、初めての人にも登りやすい山でもありながらも、コースにはレパートリーは無数にあり、岩場などクライミングも要するコースもあり、もし救助要請しても、ルートがら外れたコースだと捜索に難を要します。マラソンでもあることですが、初心者ほどペース配分無く、思うまま走った結果、30km以降から脚が無くなる事。ちと見てみぬふりも出来ず、途中から一緒に行動しました。 東陵→古賀志山山頂→合流→御嶽山→駐車場(解散) こんな感じでした。 YouTubeで登り方を覚えてきたとのこと。 必要な情報をいかに生かして、トラブルを想像して準備して挑むのか、山は準備するスポーツだと思います。 経験が挑戦に対して仇となる事もありますが、腹八分のペースで、物足りない程度で、少しづつ自力を高めて頂けたらと思うばかりです。 富士山、スカイツリー、新宿ビル群が、靄っていましたが、姿は見る事ができました。

もしも不適切なコンテンツをお見かけした場合はお知らせください。