反骨の鳳凰三山

2021.10.27(水) 日帰り

活動データ

タイム

06:42

距離

15.2km

上り

2160m

下り

2163m

チェックポイント

DAY 1
合計時間
6 時間 42
休憩時間
15
距離
15.2 km
上り / 下り
2160 / 2163 m

活動詳細

すべて見る

有給をとって気軽な登山をしたくなったので、前々から行こうと思っていた鳳凰三山へ。 他の方のレポや天候などを考慮した結果トレラン装備で問題ないと判断。結果的にこれは正解だった。 最も一般的な青木鉱泉から周回しようということで韮崎から山道に入るといきなりなかなかなダート道となり絶望。ダートは1km程度で終わったが、ここと青木鉱泉直前は激しめのダートなので超低速走行で穴を避けて走るべし。 4時半頃青木鉱泉をスタートし、初めは川沿いをゆるゆる登っていく。簡単な岩登りもあるのでアトラクション気分で楽しんだ。 1300mくらいから漸く本格的な登り区間に突入する。稜線の積雪ゾーンでは確実に靴が濡れることは分かりきっていたので、積雪区間に時間をかけないため登りは抑え気味を意識した。 他のレポートの通り2000m付近から雪がちらほらと現れ始め、鳳凰小屋からは本格的な積雪となった。鳳凰小屋からチェーンスパイクを装着して地蔵ヶ岳に向かう急登へ挑む。 急登区間から樹林帯を抜けたことで日差しが強くなり、日焼け対策を全くしてこなかったので急造の対策としてマスクをつける。ここで若い二人組をパスし、息を荒らげながらそのまま山頂へ。オベリスクも行けるとこまで行こうと思ったがオベリスク直下から見上げるオベリスクが怖すぎて諦めた。 オベリスクから降りてきた時点で完全にガスってしまい、稜線上で太陽を拝めたのは最後となった。曇り空の下観音岳にむけて縦走を開始。朝冷え込んだようで雪はガリガリになっており、前日のトレースが彫刻のようにしっかりと残っていたので楽ちんだった。 まともにトラバースする箇所もないので危な気無く観音岳、薬師岳をクリアする。心配していた日焼け問題もガスったお陰で大丈夫だった。風も強くなく、気温もそこそこ上がったのでベースレイヤーと薄手のフリースで全く寒さは感じなかった。 再び樹林帯に入ると気温が上がってきたからなのか、薬師岳側はこうなっているものなのか分からないが、雪がぐずぐずになっていた。下りはぐずぐずの方が滑って降りられるのでありがたい。 薬師岳側も2000m付近から雪が無くなっていき、1900mくらいからは走りやすい土の道となり、平日で人がいないことをいいことに爆速太郎で下る。気がつくと林道に到着していたので最後はキロ5で林道を走ってゴール。 帰りはラドン温泉で放射能を吸収して帰宅した。

もしも不適切なコンテンツをお見かけした場合はお知らせください。