竜ヶ岳、赤い羊

2021.10.26(火) 日帰り

赤い羊を見に、名古屋山翠会で竜ヶ岳へ。 石榑トンネルに入るまでは快晴で、「てんきとくらす」のC評価は外れと思っていたら、トンネルを抜けた途端に曇り空に変わり、稜線上では台風並みの強風。「てんくら」様、失礼いたしました。 山頂に着いた後はガスが晴れてきて、御嶽・恵那などが見えました。 赤い羊は茶色ぽっかったです。まだ早いのかもしれませんが、中にはもう枯れ始めた葉もあり、今年はあまり赤色が出ないのかもしれません。 石榑峠からいきなりの急登で、下りも急坂、細尾根・ロープ場や丸太橋もあり、変化に富んだ山登りを楽しめた一日でした。

交通事故のため、金山から2時間20分(途中1回休憩)で石榑峠に到着。天候のせいか、まだ駐車余地あり。

交通事故のため、金山から2時間20分(途中1回休憩)で石榑峠に到着。天候のせいか、まだ駐車余地あり。

交通事故のため、金山から2時間20分(途中1回休憩)で石榑峠に到着。天候のせいか、まだ駐車余地あり。

石榑峠、登山位置確認№①。左に行くと釈迦ヶ岳

石榑峠、登山位置確認№①。左に行くと釈迦ヶ岳

石榑峠、登山位置確認№①。左に行くと釈迦ヶ岳

登山開始

登山開始

登山開始

いきなり急登です。

いきなり急登です。

いきなり急登です。

ザレザレ、滑ります。

ザレザレ、滑ります。

ザレザレ、滑ります。

イワカガミ

イワカガミ

イワカガミ

輝く伊勢湾

輝く伊勢湾

輝く伊勢湾

恵那山

恵那山

恵那山

オオセンチコガネ

オオセンチコガネ

オオセンチコガネ

重ね岩。今日は団体行動なので、登りません。

重ね岩。今日は団体行動なので、登りません。

重ね岩。今日は団体行動なので、登りません。

来た道を振り返る。

来た道を振り返る。

来た道を振り返る。

シロヤシオの紅葉

シロヤシオの紅葉

シロヤシオの紅葉

シロヤシオの樹皮

シロヤシオの樹皮

シロヤシオの樹皮

ガスガスです。ソロだったら、ここで引き返しているかも。

ガスガスです。ソロだったら、ここで引き返しているかも。

ガスガスです。ソロだったら、ここで引き返しているかも。

左からの台風並みの風で、落ちそう。

左からの台風並みの風で、落ちそう。

左からの台風並みの風で、落ちそう。

木も人も、耐えています。

木も人も、耐えています。

木も人も、耐えています。

ガスが晴れてきました。

ガスが晴れてきました。

ガスが晴れてきました。

宇賀渓が見えます。

宇賀渓が見えます。

宇賀渓が見えます。

竜ヶ岳山頂

竜ヶ岳山頂

竜ヶ岳山頂

赤い羊

赤い羊

赤い羊

昨年と比較して、少し赤が弱いようです。

昨年と比較して、少し赤が弱いようです。

昨年と比較して、少し赤が弱いようです。

「草を食む羊たち」に見えるかな?

「草を食む羊たち」に見えるかな?

「草を食む羊たち」に見えるかな?

真ん中は石がゴロゴロ、両脇は滑ります。

真ん中は石がゴロゴロ、両脇は滑ります。

真ん中は石がゴロゴロ、両脇は滑ります。

笹原のグラデーション

笹原のグラデーション

笹原のグラデーション

御池岳・藤原岳

御池岳・藤原岳

御池岳・藤原岳

クラから見る山頂。あの山肌の道を降りてきました。

クラから見る山頂。あの山肌の道を降りてきました。

クラから見る山頂。あの山肌の道を降りてきました。

御嶽山

御嶽山

御嶽山

金山尾根で下ります。

金山尾根で下ります。

金山尾根で下ります。

ランチタイムは「はい、チーズ」と言わなくても、皆さん笑顔です(表情は公開できませんが)。

ランチタイムは「はい、チーズ」と言わなくても、皆さん笑顔です(表情は公開できませんが)。

ランチタイムは「はい、チーズ」と言わなくても、皆さん笑顔です(表情は公開できませんが)。

ベニバナボロギクが一杯。シュンギク

似た味がするようです。

ベニバナボロギクが一杯。シュンギク 似た味がするようです。

ベニバナボロギクが一杯。シュンギク 似た味がするようです。

両脇にアセビ

両脇にアセビ

両脇にアセビ

雲母・釈迦・御在所・雨乞

雲母・釈迦・御在所・雨乞

雲母・釈迦・御在所・雨乞

マツカゼソウ

マツカゼソウ

マツカゼソウ

下りも急です。

下りも急です。

下りも急です。

木漏れ日の気持ちの良い稜線。切り株のイスが設置されています。

木漏れ日の気持ちの良い稜線。切り株のイスが設置されています。

木漏れ日の気持ちの良い稜線。切り株のイスが設置されています。

細尾根あり

細尾根あり

細尾根あり

まだまだ先は長い。ここらで一休み。

まだまだ先は長い。ここらで一休み。

まだまだ先は長い。ここらで一休み。

長尾滝分岐

長尾滝分岐

長尾滝分岐

ロープ場もあります。

ロープ場もあります。

ロープ場もあります。

魚止橋

魚止橋

魚止橋

8/16に流された白滝丸太橋、修理されています。

8/16に流された白滝丸太橋、修理されています。

8/16に流された白滝丸太橋、修理されています。

アケボノソウ

アケボノソウ

アケボノソウ

竜の雫

竜の雫

竜の雫

スズカアザミ

スズカアザミ

スズカアザミ

宇賀渓に到着です。帰りは金山までノンストップで1時間。近くて色々な山がある鈴鹿は、改めていいなと思いました。

宇賀渓に到着です。帰りは金山までノンストップで1時間。近くて色々な山がある鈴鹿は、改めていいなと思いました。

宇賀渓に到着です。帰りは金山までノンストップで1時間。近くて色々な山がある鈴鹿は、改めていいなと思いました。

ツリバナ。駐車場トイレの横にありました。

ツリバナ。駐車場トイレの横にありました。

ツリバナ。駐車場トイレの横にありました。

交通事故のため、金山から2時間20分(途中1回休憩)で石榑峠に到着。天候のせいか、まだ駐車余地あり。

石榑峠、登山位置確認№①。左に行くと釈迦ヶ岳

登山開始

いきなり急登です。

ザレザレ、滑ります。

イワカガミ

輝く伊勢湾

恵那山

オオセンチコガネ

重ね岩。今日は団体行動なので、登りません。

来た道を振り返る。

シロヤシオの紅葉

シロヤシオの樹皮

ガスガスです。ソロだったら、ここで引き返しているかも。

左からの台風並みの風で、落ちそう。

木も人も、耐えています。

ガスが晴れてきました。

宇賀渓が見えます。

竜ヶ岳山頂

赤い羊

昨年と比較して、少し赤が弱いようです。

「草を食む羊たち」に見えるかな?

真ん中は石がゴロゴロ、両脇は滑ります。

笹原のグラデーション

御池岳・藤原岳

クラから見る山頂。あの山肌の道を降りてきました。

御嶽山

金山尾根で下ります。

ランチタイムは「はい、チーズ」と言わなくても、皆さん笑顔です(表情は公開できませんが)。

ベニバナボロギクが一杯。シュンギク 似た味がするようです。

両脇にアセビ

雲母・釈迦・御在所・雨乞

マツカゼソウ

下りも急です。

木漏れ日の気持ちの良い稜線。切り株のイスが設置されています。

細尾根あり

まだまだ先は長い。ここらで一休み。

長尾滝分岐

ロープ場もあります。

魚止橋

8/16に流された白滝丸太橋、修理されています。

アケボノソウ

竜の雫

スズカアザミ

宇賀渓に到着です。帰りは金山までノンストップで1時間。近くて色々な山がある鈴鹿は、改めていいなと思いました。

ツリバナ。駐車場トイレの横にありました。

類似するルートを通った活動日記