赤兎山

2021.10.26(火) 日帰り

活動データ

タイム

04:42

距離

5.7km

上り

572m

下り

568m

チェックポイント

DAY 1
合計時間
4 時間 42
休憩時間
1 時間 11
距離
5.7 km
上り / 下り
572 / 568 m
34
37
17
14
42
54

活動詳細

すべて見る

2021.10.26 (火) 赤兎山に、行ってきました。 今シーズン初冠雪の白山を拝みに。 朝七時半頃にゲートに到着。 三十分ほどかけて、駐車場へ。 逆光で眩しくて 何度も手をかざしながら。 朝はサングラス、いるなぁ。 駐車場に着くと 第一駐車場に 五台ほど先客が。 うち二台は、 同じタイミングで 登り始めでした。 登り始めは、7度。 風は、弱め。 半袖アンダー、 ウールの薄手の長袖の上に ジャケット それにプラス ネックウォーマー、 薄手の手袋、 ニット帽で 登り始めは、少し肌寒いくらい。 30分ほど歩いて 温まってきて ネックウォーマー、手袋は 脱ぎましたが 他の服は、脱いだりせず そのままの格好で、避難小屋まで 向かいました。 頂上から 避難小屋までは 少し風が強かったので ネックウォーマーを付けて。 この辺りは 日にもよると思うし 人それぞれの感覚があるので あくまでも、わたしの場合ですが。 平日の朝、 静かな山の中。 雨に濡れた木の葉が 朝陽に照らされて とってもきれい。 小鳥たちの鳴き声と 木の葉の揺れる音が、心地いい。 少し、ひんやりとした空気も すぐそばで流れる沢の音も とっても気持ちいい。 なんて、いい日なんだろう、と しあわせを噛みしめながら のんびりと登っていく。 ブナの木が もうすっかり 黄色くなっていて この十日ほどで 季節は進んだんだなぁ、と なんだか、しんみりした気持ちに。 小原峠に向かうまでの上りで 真っ青な空に 白山が、どーんと見えて、感動。 思わず、わぁ、と 声を上げてしまうほど 美しい。 頂上から、避難小屋までは 最高の見晴らし。 紅葉は、もうすっかり 終わっているけれど ところどころにある 赤い実がかわいい。 避難小屋までは 数組とすれ違い、 ご夫婦と入れ違いで 避難小屋に到着。 一人きりでした。 ジャケットから 持って来ていた フリースに着替えて お湯を沸かして、 紅茶を淹れます。 今回は、気合いを入れて とっておきのを、 持って来ました。 いつもの、ガラスのタンブラーに。 陽に当たって 飴色に輝く紅茶が、とてもきれい。 美しい景色の中で飲む紅茶は、 今までで一番おいしかったです。。✨ お供に買って行った お菓子を食べながら 一時間ほど、 のんびり過ごしました。 雲がだいぶ広がってきて 辺りが白くなって来たので、 戻ることにしました。 さっきまではっきりと見えていた白山も 雲に隠れてしまいました。 赤兎山は、風が強く お天気が安定しないときが あるんだなぁ、と実感しました。 頂上から避難小屋までは 先日降った雪が溶けた影響なのか とてもぬかるんでいる場所が多く 靴も、ズボンも 泥だらけに。 下山のときは 濡れている岩や 木の根が かなり滑りやすく 慎重に下ったので とても時間がかかりました。 (一度、泥に足を取られて滑りました。。) スパッツを持っている方は 着けていくと ズボンの裾の汚れが かなり防げそうです。 靴とズボンは 泥で ぐちゃぐちゃになりましたが それでも、 美しい白山が見れて 今日行ってみて、 ほんとうによかったです。 帰りに 白峰温泉に入って帰ろうと思ったら なんと、 着替えの入ったカバンを 忘れていて 入れませんでした。。 その変わりに 帰りに寄ろうと思っていた お店も、道の駅も 残念なことに閉まっていて 腹ぺこのまま、帰ってきて コメダ珈琲で たまごのたっぷり入ったピザトーストと コーンポタージュスープ とってもおいしい紅茶をいただいて 帰りました。 昨日、今日と 山登りを楽しめて しあわせな休日でした。。✨

もしも不適切なコンテンツをお見かけした場合はお知らせください。