南ア-白峰三山縦走

2021.10.23(土) 2 DAYS

初の南アルプスは、国内標高2位・3位を含む3,000m峰を巡るこのルートを迷わず選択しました。 結果は大正解! 南アルプスの中では荒々しいほうの稜線だそうですが、すごく危険な箇所があるわけではなく、終始穏やかな気持ちで山歩きを楽しむことができました。 景色も北アルプスほど幾重にも高山が連なっている感じではありませんが、かえってそれも解放感があって清々しい。すぐ東側に見える富士の姿も気分を盛り上げてくれました。 加えて、期せずして雪山歩きも堪能することができ、大変満足(12本爪を持って行って良かった)。 ただし、覚悟はしていましたが、延々6時間の下りにはホトホト疲れました。南アルプスの洗礼を受けた感じです。

広河原から北岳が見えます
テンション上がる⤴️

広河原から北岳が見えます テンション上がる⤴️

広河原から北岳が見えます テンション上がる⤴️

稜線に出ると素晴らしい景色が広がる
うしろは仙丈ヶ岳

稜線に出ると素晴らしい景色が広がる うしろは仙丈ヶ岳

稜線に出ると素晴らしい景色が広がる うしろは仙丈ヶ岳

左から仙丈ヶ岳、甲斐駒ヶ岳、鳳凰山

左から仙丈ヶ岳、甲斐駒ヶ岳、鳳凰山

左から仙丈ヶ岳、甲斐駒ヶ岳、鳳凰山

国内で2番目に高い頂に到着

国内で2番目に高い頂に到着

国内で2番目に高い頂に到着

富士山も綺麗

富士山も綺麗

富士山も綺麗

左端の農鳥岳まで今回歩く稜線
ワクワクします

左端の農鳥岳まで今回歩く稜線 ワクワクします

左端の農鳥岳まで今回歩く稜線 ワクワクします

翌朝のご来光

翌朝のご来光

翌朝のご来光

北岳がオレンジに染まる

北岳がオレンジに染まる

北岳がオレンジに染まる

中白峰山の山頂
後方は仙丈ヶ岳と甲斐駒ヶ岳

中白峰山の山頂 後方は仙丈ヶ岳と甲斐駒ヶ岳

中白峰山の山頂 後方は仙丈ヶ岳と甲斐駒ヶ岳

間ノ岳に到着
奥穂高岳と並ぶ国内第3位の標高…
ということになってます

間ノ岳に到着 奥穂高岳と並ぶ国内第3位の標高… ということになってます

間ノ岳に到着 奥穂高岳と並ぶ国内第3位の標高… ということになってます

南アルプス中南部の有名どころの山々

南アルプス中南部の有名どころの山々

南アルプス中南部の有名どころの山々

農鳥岳に至る稜線
さぁ、頑張って行くぞ

農鳥岳に至る稜線 さぁ、頑張って行くぞ

農鳥岳に至る稜線 さぁ、頑張って行くぞ

間ノ岳を振り返る
左奥は仙丈ヶ岳、右奥には八ヶ岳

間ノ岳を振り返る 左奥は仙丈ヶ岳、右奥には八ヶ岳

間ノ岳を振り返る 左奥は仙丈ヶ岳、右奥には八ヶ岳

西農鳥岳

西農鳥岳

西農鳥岳

農鳥岳
右に間ノ岳と北岳が見えますね

農鳥岳 右に間ノ岳と北岳が見えますね

農鳥岳 右に間ノ岳と北岳が見えますね

右は塩見岳
左奥は聖岳、赤石岳、悪沢岳など…たぶん

右は塩見岳 左奥は聖岳、赤石岳、悪沢岳など…たぶん

右は塩見岳 左奥は聖岳、赤石岳、悪沢岳など…たぶん

西から見る富士山の姿形もいいですね

西から見る富士山の姿形もいいですね

西から見る富士山の姿形もいいですね

楽しい時間は早くも終わり、
ここから延々と下っていきます

楽しい時間は早くも終わり、 ここから延々と下っていきます

楽しい時間は早くも終わり、 ここから延々と下っていきます

広河原から北岳が見えます テンション上がる⤴️

稜線に出ると素晴らしい景色が広がる うしろは仙丈ヶ岳

左から仙丈ヶ岳、甲斐駒ヶ岳、鳳凰山

国内で2番目に高い頂に到着

富士山も綺麗

左端の農鳥岳まで今回歩く稜線 ワクワクします

翌朝のご来光

北岳がオレンジに染まる

中白峰山の山頂 後方は仙丈ヶ岳と甲斐駒ヶ岳

間ノ岳に到着 奥穂高岳と並ぶ国内第3位の標高… ということになってます

南アルプス中南部の有名どころの山々

農鳥岳に至る稜線 さぁ、頑張って行くぞ

間ノ岳を振り返る 左奥は仙丈ヶ岳、右奥には八ヶ岳

西農鳥岳

農鳥岳 右に間ノ岳と北岳が見えますね

右は塩見岳 左奥は聖岳、赤石岳、悪沢岳など…たぶん

西から見る富士山の姿形もいいですね

楽しい時間は早くも終わり、 ここから延々と下っていきます

類似するルートを通った活動日記