甲斐駒ヶ岳

2021.10.23(土) 2 DAYS

活動データ

タイム

14:07

距離

17.7km

上り

2618m

下り

2610m

チェックポイント

DAY 1
合計時間
5 時間 30
休憩時間
30
距離
6.9 km
上り / 下り
1756 / 159 m
1
2 39
2 41
DAY 2
合計時間
8 時間 37
休憩時間
1 時間 30
距離
10.5 km
上り / 下り
799 / 2450 m

活動詳細

すべて見る

前日の雪が残る甲斐駒ヶ岳へ。 小屋の花谷さんTwitterの積雪情報から軽アイゼン持って来たが、五合目まで積雪なし。 上りも下りも急で膝やお尻、二の腕にいい刺激が行って満足。 急登と聞いていたので、水少なめ、軽めの秋の装備 PW9.1kgできた。持ってくるか迷ったけど、Rab alpine bivyはとても暖かく快適に過ごせた。(テント430g+Bivy500g,寝袋800g) 早朝の外気温-8度、テント内-7.7°、bivyの中は12°程度だった。 歳を取ると筋肉痛が3日後とかに来るが、今回は直ぐ来て嬉しい。 1日目 上りテント場まで5時間半 2日目 山頂ピストンは3時間、降りる方が怖く時間がかかった。 下りはテント撤収時に一時停止忘れたので、10:41発の4時間、計12時間半。日帰りチャレンジは来年のグリーンシーズンにしよう。 ■反省点 (1) 地面の下調べを間違えて、ネイルペグを持ってきてしまった。 (雁坂小屋か?) ペグを打ち込んでも勿論すぐ抜けるので、10箇所のうち5箇所を20cmくらいの木の枝を埋める穴を掘り固定した。 他はflap防止くらいなので、吹っ飛んで周りに迷惑がかかりそうなペグは諦め、石や大きめの枝を拾い集めて固定した。 暗くなるまで2時間位工事していたと思う。風も弱く、比較的早めにテン場へついたから良かったものの、非自立式なのに致命的。 見かねた周りの人がV字ペグを貸してくれると優しい申し出をしてくれたが、お気持ちだけ頂いた。。 (2) アルコールが冷えて着火できず。 日没後で0℃行ってないくらいだったか。バットをプレヒート板にして温めればよかった。うるさくてすみません・・。 アルファ米は水で戻して、翌日シャーベットになっているのを日光で溶かして食べた。 飲み物はコーヒー諦め粉ジュース。氷入りで下界で飲むより美味だった。 (3) 設営場所 幕営面積を取るので詰めて設営したが、2張り分くらい余裕があった。隣とぴったり付けてしまい迷惑・・。 ドア部分もダルダルだったし、もっと開けても良かった。 (4) アイゼン付けるか迷っている間に進んでいって、岩で滑って滑落しかけた (5) Uberliteマットは少し冷えた。秋は微妙。

活動の装備

もしも不適切なコンテンツをお見かけした場合はお知らせください。