御殿山・武奈ヶ岳・コヤマノ岳・シャクシコバの頭

2021.10.24(日) 日帰り

過去2回ともガスの武奈ヶ岳だったので、天気がいい時に山頂に立ちたい!ということで急遽行ってみました。 登山口で気温4℃。 登りはじめは寒かったですが、すぐに汗だく。 三度目の正直でやっと快晴の山頂風景を見られることが出来ました。 天気が良かったせいか山頂、登山道とも結構な人出でした。 開始ボタンの押し忘れで変な位置からのスタートになってます。 市民センターの駐車場を利用。(朝7時で半分くらい埋まっていました。)

快晴!
山頂もこんな感じであってほしい。

快晴! 山頂もこんな感じであってほしい。

快晴! 山頂もこんな感じであってほしい。

前回はガスで見えなかった風景も、緑がくっきり。

前回はガスで見えなかった風景も、緑がくっきり。

前回はガスで見えなかった風景も、緑がくっきり。

いい感じで晴れてます。

いい感じで晴れてます。

いい感じで晴れてます。

御殿山山頂から武奈ヶ岳が見える!

御殿山山頂から武奈ヶ岳が見える!

御殿山山頂から武奈ヶ岳が見える!

蓬莱山もよく見えます。

蓬莱山もよく見えます。

蓬莱山もよく見えます。

こんな落し物が・・・

こんな落し物が・・・

こんな落し物が・・・

天気がいいと稜線を歩くのが楽しい。

天気がいいと稜線を歩くのが楽しい。

天気がいいと稜線を歩くのが楽しい。

武奈ヶ岳が近くなってきました。

武奈ヶ岳が近くなってきました。

武奈ヶ岳が近くなってきました。

京都方面。

京都方面。

京都方面。

琵琶湖が見えるとテンション上がります。

琵琶湖が見えるとテンション上がります。

琵琶湖が見えるとテンション上がります。

もうすぐ山頂

もうすぐ山頂

もうすぐ山頂

下山の無事を祈って。

下山の無事を祈って。

下山の無事を祈って。

帰りはコヤマノ岳経由で。

帰りはコヤマノ岳経由で。

帰りはコヤマノ岳経由で。

緑が鮮やか。

緑が鮮やか。

緑が鮮やか。

あの煙はなんだろう?

あの煙はなんだろう?

あの煙はなんだろう?

コヤマノ岳山頂。

コヤマノ岳山頂。

コヤマノ岳山頂。

YAMAPの地図とはすこしずれた場所に案内がありました。

YAMAPの地図とはすこしずれた場所に案内がありました。

YAMAPの地図とはすこしずれた場所に案内がありました。

シャクシコバの頭に寄り道。

シャクシコバの頭に寄り道。

シャクシコバの頭に寄り道。

中峠からいったん一気に下ります。
(ということは、また登るんですよね・・・)

中峠からいったん一気に下ります。 (ということは、また登るんですよね・・・)

中峠からいったん一気に下ります。 (ということは、また登るんですよね・・・)

ここにもこんな落し物。

ここにもこんな落し物。

ここにもこんな落し物。

中峠からここまで下り。
沢のせせらぎが疲れを癒します。

中峠からここまで下り。 沢のせせらぎが疲れを癒します。

中峠からここまで下り。 沢のせせらぎが疲れを癒します。

で、ガレを登ってワサビ峠に向かいます。
(ルートを選択するときは地図の等高線をよく見ようという教訓)

で、ガレを登ってワサビ峠に向かいます。 (ルートを選択するときは地図の等高線をよく見ようという教訓)

で、ガレを登ってワサビ峠に向かいます。 (ルートを選択するときは地図の等高線をよく見ようという教訓)

登って来た道。

登って来た道。

登って来た道。

ワサビ峠からのシャクシコバの頭(たぶん・・)。

ワサビ峠からのシャクシコバの頭(たぶん・・)。

ワサビ峠からのシャクシコバの頭(たぶん・・)。

快晴! 山頂もこんな感じであってほしい。

前回はガスで見えなかった風景も、緑がくっきり。

いい感じで晴れてます。

御殿山山頂から武奈ヶ岳が見える!

蓬莱山もよく見えます。

こんな落し物が・・・

天気がいいと稜線を歩くのが楽しい。

武奈ヶ岳が近くなってきました。

京都方面。

琵琶湖が見えるとテンション上がります。

もうすぐ山頂

下山の無事を祈って。

帰りはコヤマノ岳経由で。

緑が鮮やか。

あの煙はなんだろう?

コヤマノ岳山頂。

YAMAPの地図とはすこしずれた場所に案内がありました。

シャクシコバの頭に寄り道。

中峠からいったん一気に下ります。 (ということは、また登るんですよね・・・)

ここにもこんな落し物。

中峠からここまで下り。 沢のせせらぎが疲れを癒します。

で、ガレを登ってワサビ峠に向かいます。 (ルートを選択するときは地図の等高線をよく見ようという教訓)

登って来た道。

ワサビ峠からのシャクシコバの頭(たぶん・・)。