鉄山・修覆山・弥山・八経ヶ岳(八剣山・仏経ヶ岳)・弁天ノ森

2021.10.23(土) 日帰り

チェックポイント

DAY 1
合計時間
5 時間 22
休憩時間
17
距離
14.5 km
上り / 下り
1603 / 1602 m
1 10
49
21
18
12
30
28
4

活動詳細

すべて見る

大峰は好きな山域と言いながら、実はあんまり知らない 奥駈は何度も行ってるのでそれなりにわかるけど、バリルートなんかは全く知らない 特に引っ越してからは微妙に遠くなって(3時間はちょっとつらい)、特に足が遠のいている 帰りの奈良市内の渋滞も厳しいし (奥駈は電車移動なんで渋滞は関係ないし) でも、関西に住んでて大峰と活用しないのはいかがなもんか?という気持ちもある と、いつものように前置きが長くなりましたが、大峰のバリの入門編?半バリ? みたいなイメージの鉄山~弥山にチャレンジしてみました ルートはtetsuyamさんの過去ログを参考にさせていただきました 6時過ぎに登山口着 駐車場の詳細がよくわからんかったので、いっぱいにならんように早めの到着 自分が一台目でした なんとなく、満車になりそうにはない感じの場所です(あくまでなんとなくです) 初めてのルートでほかに登山者がいないのはちょっと嫌なので少し時間をつぶしますが、 誰も来そうにないのであきらめて出発 のっけから噂通りに急登が続きます が、事前情報で急登と聞いてるので、まぁそんなもんか、という感じですかね 距離も短いし、踏み跡もあるし ただ、普段からルートのはっきりとした場所ばかり歩いてる人にとっては、踏み跡が分かりにくい所もあるかと 1時間ほど急登を歩き、最後の木の根っこの急登を登りきると鉄山到着 これまた急坂を下り、先を進みます このルート、暑い時期はしんどそうだと(虫も多そう)涼しくなるのを待ってトライしましたが この日は寒かった 寒いうえに強風が吹き付け、この時手持ちの温度計は5度ほど こういう時に自分的必需品がアルファハラマキ 汗冷えしてきても胃を温めるとその先、寒い→ゾクゾクしてきてヤバい、にならないという感じでしょうか 体全体は寒いんやけど、寒いなぁという状態で最後まで行けちゃう感じです 体全体は寒いので大汗もかかずに済むし ま、この製品だけなんかほかのハラマキでも同じようなもんなんかは知りませんが 鉄山から先は一段と踏み跡は薄くなる感じです が、わかりにくい場所も地図見て進むとまたすぐに踏み跡が出てくる感じです ま、地図見てっていうか、稜線たどるだけやけど(笑) そのうちに植生が変わってきて平べったいスギ林に 朝は晴れていたのに知らんまにガスの中に入ってしまっていて、すごく幻想的 なんかいいなぁと思って歩きます が、こういう場所ってルートをロストしやすいんですよね 踏み跡も稜線もよくわからんし そのうち木々に霧氷、雪も少し あぁ、昨晩寒かったんやなぁ 温度計見たら2度 昨晩だけじゃなくて今も寒い(笑) 登りきると修覆山 こっからは倒木でルートが分からんらしいです が、自分はラッキーなことに大した苦労もなくルート通りに進めました 一か所、踏み跡が弥山の方向とはずれて右に行くところがあり、どうするべきか悩みましたが、 ルートが大きめに迂回していただけでした そのうち鹿よけネットが出てきたので、ネット沿いに歩き、ネットの切れ目から内側へ 弥山の小屋前は人でいっぱい、少しでも強風を避けられそうな建物の陰に人が密集でした(笑) せっかくなので八経を踏みに行き、ピークでガスが晴れるのを待ってみたけど寒いだけで一向に晴れないので下山 tetsuyamさんみたいに行者還まで行こうかと思ったけど、帰りの渋滞が頭をよぎって西口へ下山 登山口からは舗装路 そんなに疲れてないので軽くジョグで入山場所の大川口まで 下山してきても自分の車一台だけでした ここってあんまり人が来ない?? 前から行ってみたかった鉄山 自分の知識とスキルではまだ早いかな?と思って避けていましたが、何とか無事に行くことができました 自分は何も考えないで歩けるような明確な登山道が好きなんですが(安心感あるし) 鈴鹿のちょっと不明療な道も楽しかったし、こんな道もちょっとずつ歩いていけたらいいなと思った一日でした ちなみに、 渋滞を避けるためもあって早めの下山をしたものの、奈良市内の渋滞にばっちりはまりました これ、避けて京都方面へ帰る方法ないですかねぇ? 梅ソルティ 300mlくらい これは少なすぎ、ジョグ中に足が攣りそうになった(飲んだらすぐ治った) こんな天候でももう少し意識して飲まないと おにぎり 1個 菓子パン1個 グミ  朝食が菓子パン半分と少なかったのわりに食べなかった たぶん、寒いし食べようとしなかっただけかと もう少し摂らないと、気付けばシャリバテになりそう 上 プリミノフーディ ウルトラライトシェル フーディニベスト ハラマキ 八経ピークでダウン 下 5ポケットパンツ フーディニベストは脱いだり着たり 寒いとフードを被ったりして調整 レイヤリングは寒いけど耐えられるというベストな感じやったと思う 下もまだパンツだけで耐えられたけど、ニータイツでもあったほうがさらに良かったかも ****************************************************************************** この先は愚痴とかなんで飛ばしてください この日、団体さん何組かとすれ違いがありましたが、これはちょっと…というのが 自分が下り時に団体さんが来たので、避けていた が、いつまでも次々に登ってくる 10人ちょっと登って行ったところで、 「ありがとうございます、あと20人ちょっと来ます」と は? まず、30人超えるような大パーティーで歩いてんの? そして、途中で列を切って先にすれ違いさせるとか そういうシュミレーションしてないん? ま、山での団体行動に関するマナーや常識がどうなってるんかは全く知りませんが、 あの方たちはこの先もずっとすれ違いの方たちを待たせて30人、ひと固まりで歩き続けるんでしょうか? さらに少し進むと同じくらいの数の団体が休憩中 当然そんな人数が集まれるようなスペースはないわけで、登山道のわきに固まって休憩 列の前のほうの方はちゃんと道をあけて休んではるわけですが、 後ろのほうになるとガイドかリーダーかの目も届かないのか? カオスでした 下山後、駐車場にマイクロバス2台停まってたので、この団体さんなんでしょう ついでに、このマイクロバスはアイドリングでした 運転手も寒いんでしょうが、あの団体さんが降りてくるまで数時間ずっとエンジン掛けてるんでしょうかね? 自分は特に、自然を愛でに来てる人がエンジン付けっぱなしにする(環境を破壊する)ってのが非常に気になるわけで それを言い出すと車で山に行くことも環境破壊になりますが、少なくともアイドリングは心がけ一つでどうにでもなることですし 話は変わりますが、スキー場でエンジンかけて寝るのもすごく気になります 毛布でも持ってきたら済む話ですから あと、自然破壊以外でもスキー場(雪山)でエンジンかけて寝るのはやめたほうが良いです 実際に、目の前の車で人が死んでたこともあるし、車が全焼してるのも見たことあります ほんと、雪の時にエンジンかけて寝るのはやめたほうが良いです

もしも不適切なコンテンツをお見かけした場合はお知らせください。