わしわし登った わしわし降りた

2021.10.23(土) 日帰り

活動データ

タイム

06:14

距離

10.5km

上り

1042m

下り

1045m

チェックポイント

DAY 1
合計時間
6 時間 14
休憩時間
51
距離
10.5 km
上り / 下り
1042 / 1045 m
2
6
44
22
2
16
23
8
10
6
28
1 44

活動詳細

すべて見る

『福岡県の山』地図頁で登った山をマークする作戦、続行中…今日は皿倉山 帆柱公園駐車場に車を停めていざ出発 前に登った時は煌彩の森コースで上がりましたが、今日は國見岩コースで上がります まずは帆柱稲荷神社へ…登り出すと街が一望できるのは風師山そっくり…北九州らしい 参道が倒木で半分塞がれてるのにびっくり、赤い鳥居が倒れたままなのにまたまた仰天…えらいことです 稲荷さんに今日の無事をお願いして登山道へと進みます 國見岩への登り道はわしわしと登り続けます うんとこせと足を持ち上げて登ることはしないけど、休みなくずんずんと登り続ける道です コースはのんびりの迂回路コースもありますが、直登ルートをまい進です 「三日月山の急登コースみたいやね」とつれあい…でも、あれよりだいぶと長い長い 登りはきついけど広葉樹林の樹林は昨日の雨でしっとり湿ってとても風情豊かです でも、せっせと登るのでやっぱり熱い…つれあいはウィンドブレーカーを脱ぎ、僕は肘の上まで袖まくり 洞見(くきみ)平、岩舞台と通り過ぎると國見岩下にたどり着きました 國見岩の中段当たりのお稲荷さまにお参りして、岩を見上げるとハーケンが一杯打ち込まれています もう一登りすると國見岩の一番上…つれあいは登山道から、僕は岩の横からよじ登って、到着 ほんとに國見だね、と絶景に感動…でも岩の端に近づくのは怖いから遠目に景色を堪能します 國見岩からは一息で皿倉山山頂 広々とした草原にあまり人はいません…やっぱり車道が閉まっているからあまり人が来ないのかな ここからの北九州の景色もすごい…若戸大橋は目の前だし、目を凝らせば関門海峡が望めます 「あれ見忘れた」と戻って、九州自然歩道出発点の石碑もしっかり確かめました 皿倉山を下りて次の権現山を目指します 皿倉山の道は入り乱れていて中々良く分からない…こっちでも行けるよ、と歩いて行くと野口雨情の詩碑 車道を下って九州自然歩道に合流すると樹林に人だかり…そのまま通り抜けたのですが… 「なんていってた?」と聞くと「スッポンダケって」とつれあいがしっかり聞いてました 帰りは煌彩の森コースを下るからちょっと戻って見に来よう、としっかり約束 この前はここで休憩したよ、と話しながら皿倉山展望台を通過し、車道で権現山へ 権現山からの街の景色は皿倉山とはちょっと違う それに、森の向こうに皿倉山が見える まだ11時半前だからとおやつ休憩で済ませて昼は次の帆柱山山頂でとることに 鷹見神社の横から気持ちのいい下り道をどんどんどんどん下っていきます おもしろいねえ、といいながら行くと平坦な林道に…さらに行けば皇后杉の森です 一本の杉が皇后杉と名付けられているのでなく一帯の老杉の総称が皇后杉だそうです…皇后杉48だな 看板に「神功皇后が帆柱を切り出したことに由来する」とあります…皇后杉の名前の由来も立派だけど 帆柱山、ってそういうことだったんですね 皿倉山から孤立する帆柱山を眺め「一本『帆を立てたみたい』っていうことかな」、と話してたのは全く✖でした 道すがら見かける皇后杉はどれもこれも立派です…立花山のクスの原生林も凄いけどここも凄い 喜んで写メを撮ってるとつれあいがどんどこ先に行ってしまうので、慌てて小走りで追いかけます、何度も 登山道も面白いし一杯バリエーションもあるし裏山だったら何度も何度も来るよね、とつれあい ずっとどんどこ緩やかに下り続けると帆柱の辻に…ここで帆柱山を目指し向きを変えます 「いたじい」を筆頭に面白い形の樹々を楽しみながら、久々の登りを登ってゆくと 樹々に囲まれた山頂です…ここは少し窓は開いてますが総じて眺望はちょっと残念 でもベンチがあってお昼休みにぴったりです…荷物を広げてゆっくりとお昼をいただきました 食べたら元気も出たのでやっぱり花尾山を目指します 帆柱の辻に戻って、気持ちのいい広葉樹林の森を抜ける、緩やかな下りの登山道を辿ります 下りばかりで寒いね、とつれあいはウィンドブレーカーを羽織り僕は捲り上げてた袖を下ろして そういえば、帆柱山山頂も最後は少しヒンヤリしてました 花尾の辻から山頂を巻く登り道を行き、まずは二の丸跡、そして山頂・本丸跡です 本丸跡は景色は最高、さすがお城があった場所だけあります 本丸跡から花尾の辻へはもう一つの登山道で下りました 花尾の辻からはずっと登りです…緩い登りできつくはないですが、やっぱりしんどい わしわし頑張ってうんせうんせと歩いてゆきます 表登山道が閉鎖されているので途中から下るのは諦めて皿倉平まで戻りました またまた皇后杉の森を通過します…やっぱり凄い…向きが違うとまた印象が違います キャンプ場経由で皿倉平に行く道で、しめ縄のかかった皇后杉に遭遇…これは立派❣立花山の大クスと双璧 皿倉平からは約束通りスッポンダケを探しに戻ります 発見、すごい、見たこともない異形です 大満足で皿倉山展望台に戻り、おやつ休憩… 半分このはずの栗饅頭はつれあいが🌰を全部食べたので…全部謹呈 皿倉山展望台からは目の前の煌彩の森コースを下って帰ります この道覚えてない、と話しつつ気楽に下り道を行きます これで今日は終わりと思うと残念だから、とつれあいがペースダウンして下るので出だしはほんとにゆるゆる 途中から急降下になったのでえっさえっさとわしわし歩きになりました 階段だから急降下もまだ楽だね、と話したり 落石注意の標識の後ろに今にも落ちようと一列縦隊の岩に驚いたり、 ガレ場を通って「福智山山系はきっとこうだよ、尺岳もそうだったし」と納得したり、 皿倉の泉の水場で休憩したり、 いつもの調子でわいわいがやがやと下りました 帰りは高速を使わず、国道3号線でのんびり帰ってきました…のんびりドライブ楽し 表登山道が閉鎖で違う経路で歩きましたが、逆にそれが賑やかな登山をプレゼントしてくれました 今日も楽しゅうございました

皿倉山・花尾山・帆柱山 坂道を少し上がると海と街が一望に
風師山に登った時を思い出します
坂道を少し上がると海と街が一望に 風師山に登った時を思い出します
皿倉山・花尾山・帆柱山 帆柱稲荷神社への参道を塞ぐ倒木
切り落としてあるので片側通行はOK
帆柱稲荷神社への参道を塞ぐ倒木 切り落としてあるので片側通行はOK
皿倉山・花尾山・帆柱山 鳥居が倒れてます…さすがに跨げないと迂回しました
鳥居が倒れてます…さすがに跨げないと迂回しました
皿倉山・花尾山・帆柱山 帆柱稲荷神社横に迂回路情報
でも、この倒木既にくぐり抜けてきました😅
帆柱稲荷神社横に迂回路情報 でも、この倒木既にくぐり抜けてきました😅
皿倉山・花尾山・帆柱山 帆柱稲荷神社にお参りし、今日一日の無事をお願いします
帆柱稲荷神社にお参りし、今日一日の無事をお願いします
皿倉山・花尾山・帆柱山 さすがお稲荷さん、賑やかです
さすがお稲荷さん、賑やかです
皿倉山・花尾山・帆柱山 出だしは緩やか
出だしは緩やか
皿倉山・花尾山・帆柱山 直登ルートを選択
直登ルートを選択
皿倉山・花尾山・帆柱山 頑張って登ります…三日月山の直登コースみたい、とつれあい
頑張って登ります…三日月山の直登コースみたい、とつれあい
皿倉山・花尾山・帆柱山 笑ってます
笑ってます
皿倉山・花尾山・帆柱山 新手のモヒカンヘアー
新手のモヒカンヘアー
皿倉山・花尾山・帆柱山 洞見(くきみ)平…しばらく先の案内板を見るまで「ほらみ」だと思ってました…Wikiで調べてみると、洞見台は洞海湾が一望でき、洞海は古名では「くきのうみ」と呼んだんだそうな…そういうことなんだ
洞見(くきみ)平…しばらく先の案内板を見るまで「ほらみ」だと思ってました…Wikiで調べてみると、洞見台は洞海湾が一望でき、洞海は古名では「くきのうみ」と呼んだんだそうな…そういうことなんだ
皿倉山・花尾山・帆柱山 木段をせっせと登ります
木段をせっせと登ります
皿倉山・花尾山・帆柱山 岩舞台…横から
岩舞台…横から
皿倉山・花尾山・帆柱山 岩舞台…上から見ると広い広い
岩舞台…上から見ると広い広い
皿倉山・花尾山・帆柱山 茶色まだら🍄羽を広げた🦋に見えないかなあ
茶色まだら🍄羽を広げた🦋に見えないかなあ
皿倉山・花尾山・帆柱山 今日はずっと気持ちいい広葉樹林の登山道です
今日はずっと気持ちいい広葉樹林の登山道です
皿倉山・花尾山・帆柱山 今日会えた花はこの子だけ
今日会えた花はこの子だけ
皿倉山・花尾山・帆柱山 ナナフシかな❓
樹の葉の陰にいたのをつれあいが発見
ナナフシかな❓ 樹の葉の陰にいたのをつれあいが発見
皿倉山・花尾山・帆柱山 國見岩の下に到着
國見岩の下に到着
皿倉山・花尾山・帆柱山 國見のお稲荷さまにご挨拶
國見のお稲荷さまにご挨拶
皿倉山・花尾山・帆柱山 國見岩を横から
國見岩を横から
皿倉山・花尾山・帆柱山 國見岩までやってきました
國見岩までやってきました
皿倉山・花尾山・帆柱山 北九州を一望
北九州を一望
皿倉山・花尾山・帆柱山 やっぱりパノラマしちゃいます
やっぱりパノラマしちゃいます
皿倉山・花尾山・帆柱山 転げ落ちそうであまり寄り付きたくない
転げ落ちそうであまり寄り付きたくない
皿倉山・花尾山・帆柱山 皿倉山山頂に到着
皿倉山山頂に到着
皿倉山・花尾山・帆柱山 九州自然歩道の出発点です
九州自然歩道の出発点です
皿倉山・花尾山・帆柱山 ずっと向こうに関門橋も見えました
ずっと向こうに関門橋も見えました
皿倉山・花尾山・帆柱山 野口雨情の詩碑
野口雨情の詩碑
皿倉山・花尾山・帆柱山 緑が綺麗❣とつれあい
緑が綺麗❣とつれあい
皿倉山・花尾山・帆柱山 なんかすごい
なんかすごい
皿倉山・花尾山・帆柱山 権現山山頂
権現山山頂
皿倉山・花尾山・帆柱山 権現山山頂から…ちょっと感じが変わりました
権現山山頂から…ちょっと感じが変わりました
皿倉山・花尾山・帆柱山 鷹見神社…この裏から帆柱山へ
鷹見神社…この裏から帆柱山へ
皿倉山・花尾山・帆柱山 せっせと階段を下ります
せっせと階段を下ります
皿倉山・花尾山・帆柱山 ここだけ明るい、変だと思ったら樹が折れてるよ、とつれあい
ここだけ明るい、変だと思ったら樹が折れてるよ、とつれあい
皿倉山・花尾山・帆柱山 気持ちよい木漏れ日の道を行きます
気持ちよい木漏れ日の道を行きます
皿倉山・花尾山・帆柱山 突然の巨石
突然の巨石
皿倉山・花尾山・帆柱山 鷹見神社上宮です
巨石の上に鎮座…やっぱり巨石には霊力があるのかなあ
鷹見神社上宮です 巨石の上に鎮座…やっぱり巨石には霊力があるのかなあ
皿倉山・花尾山・帆柱山 鷹見神社への鳥居…神々しい
鷹見神社への鳥居…神々しい
皿倉山・花尾山・帆柱山 皇后杉はグループ名でした
皇后杉はグループ名でした
皿倉山・花尾山・帆柱山 これも皇后杉
これも皇后杉
皿倉山・花尾山・帆柱山 これも
これも
皿倉山・花尾山・帆柱山 これも
これも
皿倉山・花尾山・帆柱山 そしてこれも
そしてこれも
皿倉山・花尾山・帆柱山 これも
これも
皿倉山・花尾山・帆柱山 気持ちいい縦走路が続きます…下りだから今はらくちん
気持ちいい縦走路が続きます…下りだから今はらくちん
皿倉山・花尾山・帆柱山 帆柱山を目指してGO
帆柱山を目指してGO
皿倉山・花尾山・帆柱山 キングキドラ
キングキドラ
皿倉山・花尾山・帆柱山 我先に駆け下りてきます
我先に駆け下りてきます
皿倉山・花尾山・帆柱山 帆柱山山頂に到着
帆柱山山頂に到着
皿倉山・花尾山・帆柱山 カップヌードルの蓋が猫耳になってました…シールを止めて止めやすくした、とめくってない残り半分の蓋の裏に書いてありました
カップヌードルの蓋が猫耳になってました…シールを止めて止めやすくした、とめくってない残り半分の蓋の裏に書いてありました
皿倉山・花尾山・帆柱山 うーん、ほんとに気持ちいい
うーん、ほんとに気持ちいい
皿倉山・花尾山・帆柱山 いたじい…板根がすごいからか❓
いたじい…板根がすごいからか❓
皿倉山・花尾山・帆柱山 マリフィセント❓
マリフィセント❓
皿倉山・花尾山・帆柱山 わらわらわら
わらわらわら
皿倉山・花尾山・帆柱山 うーん、どうなっとるのだ
うーん、どうなっとるのだ
皿倉山・花尾山・帆柱山 内藤陣山横を通過
内藤陣山横を通過
皿倉山・花尾山・帆柱山 陣の端を守る番兵の樹かなあ
陣の端を守る番兵の樹かなあ
皿倉山・花尾山・帆柱山 荒れ狂うスダジイ
荒れ狂うスダジイ
皿倉山・花尾山・帆柱山 2本並んでの乱舞
2本並んでの乱舞
皿倉山・花尾山・帆柱山 花尾城址の立派な石碑
花尾城址の立派な石碑
皿倉山・花尾山・帆柱山 この石垣の上が本丸だと思う
この石垣の上が本丸だと思う
皿倉山・花尾山・帆柱山 二の丸跡…広々
二の丸跡…広々
皿倉山・花尾山・帆柱山 花尾山山頂…なんだよな、きっと
山頂、って表示はちょっとびっくり
創設時、八幡製鉄所は単に「製鐵所」と呼んだと聞いてますが
花尾山山頂…なんだよな、きっと 山頂、って表示はちょっとびっくり 創設時、八幡製鉄所は単に「製鐵所」と呼んだと聞いてますが
皿倉山・花尾山・帆柱山 本丸のパノラマショット
本丸のパノラマショット
皿倉山・花尾山・帆柱山 やっぱりパノラマは街を撮りたい
やっぱりパノラマは街を撮りたい
皿倉山・花尾山・帆柱山 崖の向こうにすごい板根
崖の向こうにすごい板根
皿倉山・花尾山・帆柱山 押し競まんじゅう
押し競まんじゅう
皿倉山・花尾山・帆柱山 駆けだします
駆けだします
皿倉山・花尾山・帆柱山 ショートカットで頑張ってここに出てきました
ショートカットで頑張ってここに出てきました
皿倉山・花尾山・帆柱山 なだらかに登ってます…往路が降りなら復路は登り…理にかなっている
なだらかに登ってます…往路が降りなら復路は登り…理にかなっている
皿倉山・花尾山・帆柱山 またまた巨木に出会いました
またまた巨木に出会いました
皿倉山・花尾山・帆柱山 ツバキを圧し潰してます
ツバキを圧し潰してます
皿倉山・花尾山・帆柱山 仲良きことは美しき哉
仲良きことは美しき哉
皿倉山・花尾山・帆柱山 ぽほほほほ
ぽほほほほ
皿倉山・花尾山・帆柱山 これまた合体
これまた合体
皿倉山・花尾山・帆柱山 御神木の皇后杉
御神木の皇后杉
皿倉山・花尾山・帆柱山 ちょっと近づいて
ちょっと近づいて
皿倉山・花尾山・帆柱山 展望台は何も見えません
半分こする予定の栗饅頭の🌰をつれあいが全部食べてしまって…お饅頭休憩はつれあいだけになりました
展望台は何も見えません 半分こする予定の栗饅頭の🌰をつれあいが全部食べてしまって…お饅頭休憩はつれあいだけになりました
皿倉山・花尾山・帆柱山 橋は気持ちいい
橋は気持ちいい
皿倉山・花尾山・帆柱山 不気味
不気味
皿倉山・花尾山・帆柱山 少し傾いた日差しに映えて
少し傾いた日差しに映えて
皿倉山・花尾山・帆柱山 気持ちい下り道
気持ちい下り道
皿倉山・花尾山・帆柱山 落石注意…今にも落ちようと行列中
落石注意…今にも落ちようと行列中
皿倉山・花尾山・帆柱山 皿倉の泉
ここで汲んだ水で翌日コーヒーをいれました☕️段違いの美味しさ☕️さすが皿倉山はでっかいブリタ😊
皿倉の泉 ここで汲んだ水で翌日コーヒーをいれました☕️段違いの美味しさ☕️さすが皿倉山はでっかいブリタ😊
皿倉山・花尾山・帆柱山 急な木段
急な木段
皿倉山・花尾山・帆柱山 突然ガレガレ
突然ガレガレ
皿倉山・花尾山・帆柱山 煌彩の森コースの最後を下ります…急な木段再び
煌彩の森コースの最後を下ります…急な木段再び
皿倉山・花尾山・帆柱山 石組の砂防ダム…器用な方がおられるようで
石組の砂防ダム…器用な方がおられるようで
皿倉山・花尾山・帆柱山 下の方に来ても…踊る樹々
下の方に来ても…踊る樹々
皿倉山・花尾山・帆柱山 スッポンダケ
スッポンダケ
皿倉山・花尾山・帆柱山 出来立ての様です
出来立ての様です
皿倉山・花尾山・帆柱山 ケーブルカー山麓駅付近に表登山道通行止めの案内
ケーブルカー山麓駅付近に表登山道通行止めの案内
皿倉山・花尾山・帆柱山 ふれあいの家付近の途中でも
ふれあいの家付近の途中でも
皿倉山・花尾山・帆柱山 皿倉山山頂からも降りれません
皿倉山山頂からも降りれません

活動の装備

  • ストライダーパック 25
    モンベル(mont-bell)

メンバー

もしも不適切なコンテンツをお見かけした場合はお知らせください。