初冠雪の白山(御前峰)

2021.10.22(金) 日帰り

前日、初冠雪だった白山に行って来ました。 今年13回目。今日が今年の白山登り納めかな。 今回は砂防新道で登り、下山はエコーライン→砂防新道の予定でしたが思っていた以上に雪が多かったことと天気が崩れて来たので砂防新道ピストンとなりました。 出会った登山者は15人ほど。 路肩の駐車場はロープが張られていて駐車場に下りていくと「少なっ」・・・上の駐車場に空きがあり今回、初めて上の駐車場に止めました。帰りに見ると下の駐車場には1台しかいませんでした。 雪は、別当覗くらいから積雪があり、途中からチェーンスパイクを装着し安全第一の登山としました。(春に、あわや滑落・・・と言う場面もあったので) チェーンスパイク、アイゼン装着しない方も半分ほど居ました。 下山時には雪も緩んでいてあちこち地面も見えるようになっていました。 トイレは別当出合と中飯場は使えましたが、甚之助避難小屋と室堂のトイレはカギがかかっていました。

奥の山が白くなっています。

奥の山が白くなっています。

奥の山が白くなっています。

吊り橋を渡って砂防新道から登山開始。

吊り橋を渡って砂防新道から登山開始。

吊り橋を渡って砂防新道から登山開始。

ここで登りと下りの道に分かれます。

ここで登りと下りの道に分かれます。

ここで登りと下りの道に分かれます。

登りは石段が続きます。
ワタシの足で500歩上がると・・・

登りは石段が続きます。 ワタシの足で500歩上がると・・・

登りは石段が続きます。 ワタシの足で500歩上がると・・・

下りと登りの分岐に着きます。

下りと登りの分岐に着きます。

下りと登りの分岐に着きます。

中飯場を過ぎると少し雪があります。

中飯場を過ぎると少し雪があります。

中飯場を過ぎると少し雪があります。

大長山にも雪が積もっています。

大長山にも雪が積もっています。

大長山にも雪が積もっています。

別当覗の手前から雪が増えてきます。

別当覗の手前から雪が増えてきます。

別当覗の手前から雪が増えてきます。

火口2km圏内の標識のところでチェーンスパイク装着。
ここで、引き返した方もいらっしゃいました。

火口2km圏内の標識のところでチェーンスパイク装着。 ここで、引き返した方もいらっしゃいました。

火口2km圏内の標識のところでチェーンスパイク装着。 ここで、引き返した方もいらっしゃいました。

甚之助避難小屋
帽子をキャップからニット帽に替える。

甚之助避難小屋 帽子をキャップからニット帽に替える。

甚之助避難小屋 帽子をキャップからニット帽に替える。

雪はますます増えてきました。

雪はますます増えてきました。

雪はますます増えてきました。

今年の初つらら

今年の初つらら

今年の初つらら

空が青い!

空が青い!

空が青い!

室堂到着

室堂到着

室堂到着

訓練中

訓練中

訓練中

隊員が下りて、また上がる訓練?

隊員が下りて、また上がる訓練?

隊員が下りて、また上がる訓練?

室堂はパウダースノー

室堂はパウダースノー

室堂はパウダースノー

青石から

青石から

青石から

エビの尻尾のような氷柱

エビの尻尾のような氷柱

エビの尻尾のような氷柱

今冬初の雪だるま
ワタシ作

今冬初の雪だるま ワタシ作

今冬初の雪だるま ワタシ作

あらま、お友達が出来てました。

あらま、お友達が出来てました。

あらま、お友達が出来てました。

下山時、弥陀ヶ原はガスガス
エコーラインを諦め砂防新道ピストンとする

下山時、弥陀ヶ原はガスガス エコーラインを諦め砂防新道ピストンとする

下山時、弥陀ヶ原はガスガス エコーラインを諦め砂防新道ピストンとする

登山時は開いていた甚之助避難小屋の夏トイレには鍵がかかっています。

登山時は開いていた甚之助避難小屋の夏トイレには鍵がかかっています。

登山時は開いていた甚之助避難小屋の夏トイレには鍵がかかっています。

別当覗を過ぎてから雨が降ってきてカッパを着て下山。

別当覗を過ぎてから雨が降ってきてカッパを着て下山。

別当覗を過ぎてから雨が降ってきてカッパを着て下山。

帰りは白峰の総湯で汗と疲れを洗い流す。

帰りは白峰の総湯で汗と疲れを洗い流す。

帰りは白峰の総湯で汗と疲れを洗い流す。

奥の山が白くなっています。

吊り橋を渡って砂防新道から登山開始。

ここで登りと下りの道に分かれます。

登りは石段が続きます。 ワタシの足で500歩上がると・・・

下りと登りの分岐に着きます。

中飯場を過ぎると少し雪があります。

大長山にも雪が積もっています。

別当覗の手前から雪が増えてきます。

火口2km圏内の標識のところでチェーンスパイク装着。 ここで、引き返した方もいらっしゃいました。

甚之助避難小屋 帽子をキャップからニット帽に替える。

雪はますます増えてきました。

今年の初つらら

空が青い!

室堂到着

訓練中

隊員が下りて、また上がる訓練?

室堂はパウダースノー

青石から

エビの尻尾のような氷柱

今冬初の雪だるま ワタシ作

あらま、お友達が出来てました。

下山時、弥陀ヶ原はガスガス エコーラインを諦め砂防新道ピストンとする

登山時は開いていた甚之助避難小屋の夏トイレには鍵がかかっています。

別当覗を過ぎてから雨が降ってきてカッパを着て下山。

帰りは白峰の総湯で汗と疲れを洗い流す。

類似するルートを通った活動日記