メインディッシュ!石鎚山・天狗岳・南尖峰 石鎚山系(3/6)-2021-10-22

2021.10.22(金) 日帰り

活動データ

タイム

04:07

距離

9.1km

上り

828m

下り

829m

チェックポイント

DAY 1
合計時間
4 時間 7
休憩時間
45
距離
9.1 km
上り / 下り
828 / 829 m
3
1 1
7
1
39
1 4
2

活動詳細

すべて見る

石鎚山,学生時代の夏休み,友達と目的もなくドライブして気づけば石鎚スカイラインの終点,土小屋でした。 時刻はたぶん17時頃,山頂まで4kmの看板をみて登山経験ゼロの二人は「普通に歩いて1時間,急げば1時間で往復できるんじゃない!?」と手ぶらTシャツ半ズボンかつサンダルで登山道を進みましたが,石鎚山から戻ってきたおじさんに「兄ちゃん,死ぬでっ!」と忠告されビビッて逃げ戻った苦い思い出の山です。 前日のメガネ事件もありましたが,無事参ることができて感無量です。 次は二ノ森や,朝日に染まった天狗岳を拝みにトライしたいです!

石鎚山・堂ヶ森・二ノ森 岩黒山から戻り,軽く朝食を食べて土小屋から出発。
チベットのポタラ宮に見えなくもない。
岩黒山から戻り,軽く朝食を食べて土小屋から出発。 チベットのポタラ宮に見えなくもない。
石鎚山・堂ヶ森・二ノ森 土小屋遥拝殿。
土小屋遥拝殿。
石鎚山・堂ヶ森・二ノ森 今日こそ石鎚山へ。
今日こそ石鎚山へ。
石鎚山・堂ヶ森・二ノ森 昨日はここから鶴ノ子ノ頭を目指して大失敗...
昨日はここから鶴ノ子ノ頭を目指して大失敗...
石鎚山・堂ヶ森・二ノ森 鶴ノ子ノ頭,トラウマです…
鶴ノ子ノ頭,トラウマです…
石鎚山・堂ヶ森・二ノ森 山頂はまだガスってますが…
山頂はまだガスってますが…
石鎚山・堂ヶ森・二ノ森 北斜面,紅葉も終わり。
北斜面,紅葉も終わり。
石鎚山・堂ヶ森・二ノ森 上り口の鳥居まで到着。
上り口の鳥居まで到着。
石鎚山・堂ヶ森・二ノ森 北斜面は霧氷の残骸がところどころ積もってます。
北斜面は霧氷の残骸がところどころ積もってます。
石鎚山・堂ヶ森・二ノ森 鎖場,とりあえず寄ってみました。
鎖場,とりあえず寄ってみました。
石鎚山・堂ヶ森・二ノ森 普段の自分なら間違いなくGO!ですが,昨日のこともあるし,夜の雨で濡れてるし,やめときました。
普段の自分なら間違いなくGO!ですが,昨日のこともあるし,夜の雨で濡れてるし,やめときました。
石鎚山・堂ヶ森・二ノ森 最後の階段個所はかなり積雪してます。
最後の階段個所はかなり積雪してます。
石鎚山・堂ヶ森・二ノ森 東予の平野がよく見えます。
頂上のガスは消えたかな。
東予の平野がよく見えます。 頂上のガスは消えたかな。
石鎚山・堂ヶ森・二ノ森 頂上山荘に到着。
「ひえひえビール」と「あつあつあめ湯」
カオスです(笑)
頂上山荘に到着。 「ひえひえビール」と「あつあつあめ湯」 カオスです(笑)
石鎚山・堂ヶ森・二ノ森 念願の石鎚山!
念願の石鎚山!
石鎚山・堂ヶ森・二ノ森 まずはお参りを。
まずはお参りを。
石鎚山・堂ヶ森・二ノ森 こちらにも。
こちらにも。
石鎚山・堂ヶ森・二ノ森 天狗岳はまだちょっとガスってますが…
天狗岳はまだちょっとガスってますが…
石鎚山・堂ヶ森・二ノ森 とりあえず天狗岳に。
この馬の背、危ないけどスリル感が最高です!
とりあえず天狗岳に。 この馬の背、危ないけどスリル感が最高です!
石鎚山・堂ヶ森・二ノ森 弥山を振り返る。
ほんと独特の地形です。
弥山を振り返る。 ほんと独特の地形です。
石鎚山・堂ヶ森・二ノ森 天狗岳の祠。
天狗岳の祠。
石鎚山・堂ヶ森・二ノ森 西日本最高峰に到着。
西日本最高峰に到着。
石鎚山・堂ヶ森・二ノ森 この銘板,けっこう重い。
片手で持つとプルプルします。
この銘板,けっこう重い。 片手で持つとプルプルします。
石鎚山・堂ヶ森・二ノ森 天狗岳をあとにして南尖峰へ。
天狗岳をあとにして南尖峰へ。
石鎚山・堂ヶ森・二ノ森 天狗岳,北斜面はほぼ直角の絶壁。
天狗岳,北斜面はほぼ直角の絶壁。
石鎚山・堂ヶ森・二ノ森 南尖峰に到着。
ガスもけっこう晴れました。
弥山に戻ろう!
南尖峰に到着。 ガスもけっこう晴れました。 弥山に戻ろう!
石鎚山・堂ヶ森・二ノ森 ガスも晴れていい感じの天狗岳が見れました。
ガスも晴れていい感じの天狗岳が見れました。
石鎚山・堂ヶ森・二ノ森 北西方面もスッキリ。
あの稜線を通って次は二ノ森にも行ってみたい。
そろそろ下山します。
北西方面もスッキリ。 あの稜線を通って次は二ノ森にも行ってみたい。 そろそろ下山します。
石鎚山・堂ヶ森・二ノ森 この角度からの景色もなかなかGood!
この角度からの景色もなかなかGood!
石鎚山・堂ヶ森・二ノ森 景色を堪能しながら帰路につきます。
景色を堪能しながら帰路につきます。
石鎚山・堂ヶ森・二ノ森 石鎚山を見上げると快晴に。
今あそこにいれば絶景なんだろうな。
次は朝日を拝みにリベンジだ!
石鎚山を見上げると快晴に。 今あそこにいれば絶景なんだろうな。 次は朝日を拝みにリベンジだ!

もしも不適切なコンテンツをお見かけした場合はお知らせください。