『テン泊第5弾』   坊がつるの夜は更けて【くじゅう連山】

2021.10.18(月) 2 DAYS

今回登るのは、くじゅう連山(テン泊)です。 お目当ては、もちろん紅葉🍁です。 昨年は、ピークをやや過ぎたかな?くらいだったので、それより数日早い日程を組み、休みを申請していたのですが、今年の紅葉🍁はまだまだでした。 自然相手です、仕方ありません。 それでも、素晴らしい眺望を堪能出来たので🆗です! そしてなにより、坊がつるでのテン泊は楽しい❗ 何度でも来たくなりますね。 次回の狙いは、ミヤマキリシマだね。

牧ノ戸峠レストハウス前をスタート。

牧ノ戸峠レストハウス前をスタート。

牧ノ戸峠レストハウス前をスタート。

今回は、牧ノ戸峠登山口から登山開始。

今回は、牧ノ戸峠登山口から登山開始。

今回は、牧ノ戸峠登山口から登山開始。

展望台からは、由布岳のキレイな姿。

展望台からは、由布岳のキレイな姿。

展望台からは、由布岳のキレイな姿。

振り返れば、湧蓋山。

振り返れば、湧蓋山。

振り返れば、湧蓋山。

雲仙岳まで見えます。

雲仙岳まで見えます。

雲仙岳まで見えます。

眩しいぜ。

眩しいぜ。

眩しいぜ。

そして阿蘇山。
根子岳には雲がかかってます。

そして阿蘇山。 根子岳には雲がかかってます。

そして阿蘇山。 根子岳には雲がかかってます。

おやっ、ミヤマキリシマですか?
思いがけず初対面。

おやっ、ミヤマキリシマですか? 思いがけず初対面。

おやっ、ミヤマキリシマですか? 思いがけず初対面。

まずは、扇ヶ鼻へ。

まずは、扇ヶ鼻へ。

まずは、扇ヶ鼻へ。

どんな山頂かな?

どんな山頂かな?

どんな山頂かな?

雲がいい感じ。

雲がいい感じ。

雲がいい感じ。

扇ヶ鼻初登頂。

扇ヶ鼻初登頂。

扇ヶ鼻初登頂。

素晴らしい眺望でした。

素晴らしい眺望でした。

素晴らしい眺望でした。

そして、17サミッツ最後の一座・星生山へ。

そして、17サミッツ最後の一座・星生山へ。

そして、17サミッツ最後の一座・星生山へ。

なかなかシンドイ登りです。

なかなかシンドイ登りです。

なかなかシンドイ登りです。

星生山登頂。
これで私も晴れて、17サミッターの仲間入り✌

星生山登頂。 これで私も晴れて、17サミッターの仲間入り✌

星生山登頂。 これで私も晴れて、17サミッターの仲間入り✌

ここも良い展望台。

ここも良い展望台。

ここも良い展望台。

天狗ヶ城や久住山などなど。

天狗ヶ城や久住山などなど。

天狗ヶ城や久住山などなど。

噴気の先には坊がつる。

噴気の先には坊がつる。

噴気の先には坊がつる。

岩稜歩き。
ストックは邪魔でした。

岩稜歩き。 ストックは邪魔でした。

岩稜歩き。 ストックは邪魔でした。

若干紅葉の気配。

若干紅葉の気配。

若干紅葉の気配。

ノコギリ歯

ノコギリ歯

ノコギリ歯

久住分かれ避難小屋

久住分かれ避難小屋

久住分かれ避難小屋

噴煙が結構上がってます。

噴煙が結構上がってます。

噴煙が結構上がってます。

このまま、坊がつるに下ります。

このまま、坊がつるに下ります。

このまま、坊がつるに下ります。

北千里ヶ浜

北千里ヶ浜

北千里ヶ浜

青空に一筋の飛行機雲

青空に一筋の飛行機雲

青空に一筋の飛行機雲

最後の下り。

最後の下り。

最後の下り。

法華院温泉山荘で昼食。

法華院温泉山荘で昼食。

法華院温泉山荘で昼食。

本日はドライカレー。

本日はドライカレー。

本日はドライカレー。

いよいよ、坊がつるへ。

いよいよ、坊がつるへ。

いよいよ、坊がつるへ。

すでにたくさんの先客。
いい場所を探す。

すでにたくさんの先客。 いい場所を探す。

すでにたくさんの先客。 いい場所を探す。

我が家の完成。

我が家の完成。

我が家の完成。

とりあえず乾杯🍻

とりあえず乾杯🍻

とりあえず乾杯🍻

一息ついて、平治岳へ。

一息ついて、平治岳へ。

一息ついて、平治岳へ。

微妙な紅葉越しに、三俣山。

微妙な紅葉越しに、三俣山。

微妙な紅葉越しに、三俣山。

上り専用路。
ミヤマキリシマ渋滞対策かな。
ホントなら5月に来る予定でしたが…

上り専用路。 ミヤマキリシマ渋滞対策かな。 ホントなら5月に来る予定でしたが…

上り専用路。 ミヤマキリシマ渋滞対策かな。 ホントなら5月に来る予定でしたが…

でも見られた。

でも見られた。

でも見られた。

一面ピンク色に染まるんですね。

一面ピンク色に染まるんですね。

一面ピンク色に染まるんですね。

平治岳初登頂。

平治岳初登頂。

平治岳初登頂。

展望を楽しみました。

展望を楽しみました。

展望を楽しみました。

下りは当然、下り専用路。

下りは当然、下り専用路。

下りは当然、下り専用路。

温泉いただきました。

温泉いただきました。

温泉いただきました。

夜は雲が出て、星はおろか月さえ見えませんでしたので、ランタンの灯りで、おやすみなさい。

夜は雲が出て、星はおろか月さえ見えませんでしたので、ランタンの灯りで、おやすみなさい。

夜は雲が出て、星はおろか月さえ見えませんでしたので、ランタンの灯りで、おやすみなさい。

しかし、目が覚めて空を見上げると雲が晴れてます。

しかし、目が覚めて空を見上げると雲が晴れてます。

しかし、目が覚めて空を見上げると雲が晴れてます。

星空撮影にチャレンジ。

星空撮影にチャレンジ。

星空撮影にチャレンジ。

全然ダメです。

全然ダメです。

全然ダメです。

星を見上げる、私のシルエットなど。

星を見上げる、私のシルエットなど。

星を見上げる、私のシルエットなど。

多くの方が、ご来光目指して大船山に向かう中、一人粘る。
タイトルは「夜は更けて」ですが、星空は明け方前。

多くの方が、ご来光目指して大船山に向かう中、一人粘る。 タイトルは「夜は更けて」ですが、星空は明け方前。

多くの方が、ご来光目指して大船山に向かう中、一人粘る。 タイトルは「夜は更けて」ですが、星空は明け方前。

まだまだ勉強・練習不足です。

まだまだ勉強・練習不足です。

まだまだ勉強・練習不足です。

おはようございます。

おはようございます。

おはようございます。

これから大船山に向かいます。

これから大船山に向かいます。

これから大船山に向かいます。

少しでも紅葉を

少しでも紅葉を

少しでも紅葉を

ここからの道は好き

ここからの道は好き

ここからの道は好き

今日は顔を出してます。

今日は顔を出してます。

今日は顔を出してます。

一年ぶりの大船山。
昨年はガスガスで何も見えませんでしたが、今日は

一年ぶりの大船山。 昨年はガスガスで何も見えませんでしたが、今日は

一年ぶりの大船山。 昨年はガスガスで何も見えませんでしたが、今日は

素晴らしい眺望。

素晴らしい眺望。

素晴らしい眺望。

由布岳に鶴見岳

由布岳に鶴見岳

由布岳に鶴見岳

祖母山や傾山

祖母山や傾山

祖母山や傾山

そして見たかった、御池へ。

そして見たかった、御池へ。

そして見たかった、御池へ。

御池

御池

御池

紅葉に染まった姿が見たかったですね。

紅葉に染まった姿が見たかったですね。

紅葉に染まった姿が見たかったですね。

来年再チャレンジしよう。

来年再チャレンジしよう。

来年再チャレンジしよう。

山頂に戻り阿蘇山を眺めて「九州の山、次のターゲットはここだ」と思っていましたが、まさか翌日噴火するとは…

山頂に戻り阿蘇山を眺めて「九州の山、次のターゲットはここだ」と思っていましたが、まさか翌日噴火するとは…

山頂に戻り阿蘇山を眺めて「九州の山、次のターゲットはここだ」と思っていましたが、まさか翌日噴火するとは…

素晴らしい眺望でした。

素晴らしい眺望でした。

素晴らしい眺望でした。

背中に満足感。

背中に満足感。

背中に満足感。

昨年は見事に染まっていましたが、残念。

昨年は見事に染まっていましたが、残念。

昨年は見事に染まっていましたが、残念。

これで我慢。

これで我慢。

これで我慢。

雲が多くなってきました。
我が家を撤収。

雲が多くなってきました。 我が家を撤収。

雲が多くなってきました。 我が家を撤収。

また来年。

また来年。

また来年。

諏蛾守峠へ。

諏蛾守峠へ。

諏蛾守峠へ。

前回、長時間停滞した避難小屋。

前回、長時間停滞した避難小屋。

前回、長時間停滞した避難小屋。

三俣山は、また今度。

三俣山は、また今度。

三俣山は、また今度。

大曲登山口へ下ります。

大曲登山口へ下ります。

大曲登山口へ下ります。

去り難し。

去り難し。

去り難し。

大曲登山口に下山完了。
しかし、ここから牧ノ戸峠までロード。

大曲登山口に下山完了。 しかし、ここから牧ノ戸峠までロード。

大曲登山口に下山完了。 しかし、ここから牧ノ戸峠までロード。

途中の景色。

途中の景色。

途中の景色。

紅葉は残念でしたが、大満足の山行でした。

紅葉は残念でしたが、大満足の山行でした。

紅葉は残念でしたが、大満足の山行でした。

お疲れさま。

お疲れさま。

お疲れさま。

牧ノ戸峠レストハウス前をスタート。

今回は、牧ノ戸峠登山口から登山開始。

展望台からは、由布岳のキレイな姿。

振り返れば、湧蓋山。

雲仙岳まで見えます。

眩しいぜ。

そして阿蘇山。 根子岳には雲がかかってます。

おやっ、ミヤマキリシマですか? 思いがけず初対面。

まずは、扇ヶ鼻へ。

どんな山頂かな?

雲がいい感じ。

扇ヶ鼻初登頂。

素晴らしい眺望でした。

そして、17サミッツ最後の一座・星生山へ。

なかなかシンドイ登りです。

星生山登頂。 これで私も晴れて、17サミッターの仲間入り✌

ここも良い展望台。

天狗ヶ城や久住山などなど。

噴気の先には坊がつる。

岩稜歩き。 ストックは邪魔でした。

若干紅葉の気配。

ノコギリ歯

久住分かれ避難小屋

噴煙が結構上がってます。

このまま、坊がつるに下ります。

北千里ヶ浜

青空に一筋の飛行機雲

最後の下り。

法華院温泉山荘で昼食。

本日はドライカレー。

いよいよ、坊がつるへ。

すでにたくさんの先客。 いい場所を探す。

我が家の完成。

とりあえず乾杯🍻

一息ついて、平治岳へ。

微妙な紅葉越しに、三俣山。

上り専用路。 ミヤマキリシマ渋滞対策かな。 ホントなら5月に来る予定でしたが…

でも見られた。

一面ピンク色に染まるんですね。

平治岳初登頂。

展望を楽しみました。

下りは当然、下り専用路。

温泉いただきました。

夜は雲が出て、星はおろか月さえ見えませんでしたので、ランタンの灯りで、おやすみなさい。

しかし、目が覚めて空を見上げると雲が晴れてます。

星空撮影にチャレンジ。

全然ダメです。

星を見上げる、私のシルエットなど。

多くの方が、ご来光目指して大船山に向かう中、一人粘る。 タイトルは「夜は更けて」ですが、星空は明け方前。

まだまだ勉強・練習不足です。

おはようございます。

これから大船山に向かいます。

少しでも紅葉を

ここからの道は好き

今日は顔を出してます。

一年ぶりの大船山。 昨年はガスガスで何も見えませんでしたが、今日は

素晴らしい眺望。

由布岳に鶴見岳

祖母山や傾山

そして見たかった、御池へ。

御池

紅葉に染まった姿が見たかったですね。

来年再チャレンジしよう。

山頂に戻り阿蘇山を眺めて「九州の山、次のターゲットはここだ」と思っていましたが、まさか翌日噴火するとは…

素晴らしい眺望でした。

背中に満足感。

昨年は見事に染まっていましたが、残念。

これで我慢。

雲が多くなってきました。 我が家を撤収。

また来年。

諏蛾守峠へ。

前回、長時間停滞した避難小屋。

三俣山は、また今度。

大曲登山口へ下ります。

去り難し。

大曲登山口に下山完了。 しかし、ここから牧ノ戸峠までロード。

途中の景色。

紅葉は残念でしたが、大満足の山行でした。

お疲れさま。

類似するルートを通った活動日記