槍ヶ岳初登頂 (上高地コース) 日本百名山 5/99

2021.10.16(土) 3 DAYS

チェックポイント

DAY 1
合計時間
7 時間 15
休憩時間
2 時間 18
距離
14.4 km
上り / 下り
614 / 284 m
DAY 2
合計時間
8 時間 49
休憩時間
2 時間 53
距離
5.4 km
上り / 下り
1400 / 126 m
12
2 59
1 30
5
1
DAY 3
合計時間
11 時間 3
休憩時間
1 時間 43
距離
19.4 km
上り / 下り
440 / 2018 m

活動詳細

すべて見る

日本百名山 5/99 友人Aが掲げた今年の目標は「槍ヶ岳登頂」 日帰り登山専門の自分、山小屋泊は初経験となる。 二日目以降の疲労、筋肉痛に一抹の不安を抱えながらも、 テント泊をこなす友人Bのアドバイスと経験をもとに念入りに計画。 ・7月に西穂高で日帰りトレーニング。独標でリターン。 ・8月は長雨、9月は山小屋満室にて断念。10月、シーズンギリギリに三度目の正直。 天気予報は16日(土)曇、17日(日)雨、と微妙。直前まで延期も検討したが最終日18日(月)が回復傾向であることから決行へ。雨、寒さ対策は念入りに準備。 16日(土) 晴れのち曇り ・深夜2:00に出発。6:30頃あかんだな駐車場着、6:50発のバスで上高地へ。 ・雲は多いが青空も垣間見、天気良好。遠方の山は雲で覆われ見えない。 ・気温は15℃前後、動くと暑い。 ・初日は槍沢ロッヂまで14kmの道のりをゆるやかな5時間半ハイク。 ・偽槍ヶ岳や猿の大群、紅葉の名残で盛り上がる。 ・11時、横尾山荘食堂で昼食のカレーライス。戦闘機?が4機ほど低空飛行でアクロバット通過。轟音。 ・約5キロおきに山小屋があり、水、食料、トイレは問題なし。水は大量にもってこなくても現地で汲める。 ・13:30ごろ、槍沢ロッヂ着。想像以上の快適な山小屋に感動。浴槽で入浴までできる。 ・初日の無事を生ビールで乾杯した後は友人の珈琲セットでひと息。 ・入浴、夕食を済ませると17日(日)以降の天気予報発表。16日夜から17日昼まで雨。昼過ぎに雨がやみ、18日(月)は晴れとのこと。穂先は18日の朝に期待し、17日は雨業を決意。 ・20:00消灯・就寝。夜間の激しい雨音に翌日の不安を覚える。 17日(日) 雨のち曇りのち晴 ・4:30起床。気温7℃。外は雨。午後からの好転に賭け、出発を予定よりも遅らせる。 ・8:00頃レインウェアに身を包み、小雨の中を出発。本日は1200m近いハードな登り。 ・幸いなことに雨はさほど強くなく、降ったりやんだり。視界はモヤで真っ白。 ・8:40、赤沢岩小屋到着。ここから山頂までは小屋、トイレはない。 ・渓谷は風が吹きおろしかなり冷える。 ・渓谷歩きが終わるとつづら折りの登り道、ガレ場がはじまる。 ・時折差し込む日差しに一喜一憂。 ・12:00頃、坊主岩小屋到着。避難小屋を想像していたが播隆窟という由緒ある岩窟。 槍沢ロッヂのちらし寿司弁当で昼食。 ・槍ヶ岳山荘へ向けて最後のガレ場登り、ヨーソロー。山頂を覆っていた雲が流れ、槍ヶ岳が全貌を見せる。 雨はあがり青空に。 ・14:00、槍ヶ岳山荘到着。チェックインし荷物を部屋へ置き小休憩。 ・緊張の穂先クライミング。想像していたよりスリリング。三点支持を徹底。誰でも登れるほど甘くはない。  装備:アウター、手袋、フリース、ライトダウン、クライミングパンツ、レインパンツ(風よけ)、ヘルメット、サングラス ・15:00、槍ヶ岳登頂成功。絶景。青空と雲海、山々の尾根。午後からの天候回復に賭けてよかった。 ・16:30、穂先から下山。17:00、夕食が準備されるが抜け出し、赤焼けに染まる槍ヶ岳を堪能。中華ディナーを肴に生ビールで登頂を乾杯。 ・珈琲を淹れ星空を堪能。寒い。凍結の為、水はでない。20:30ごろ就寝。 18日(月) 晴 ・5:00起床。山荘玄関から日の出鑑賞。富士山、八ヶ岳、南アルプスまではっきり見える。 ・6:00、朝食はおでん。冷えた体には嬉しい。珈琲ブレイク。 ・7:00、昨日の感動が忘れられず穂先に再アタック。昨日より天候に恵まれる。 ・9:00、穂先に登った為、予定より2時間おしで下山開始。振り返れば槍ヶ岳、名残惜しい。9時間半、標高2000m、20kmの下山。 ・13:00、赤沢岩小屋で槍ヶ岳山荘の中華ちまき弁当。残り16キロ。 ・16:30、徳沢園到着。帰りの最終バスは絶望的。日も落ちてヘッデンで照らしながら歩く。 ・18:20、暗闇の上高地バス停到着。タクシー手配。19:00過ぎていたらトンネル閉鎖で危うく上高地泊になっていた。 ・19:30、ひらゆのもりで入浴・食事。 ・1:30、帰宅。 雑記 ・山小屋泊にて32ℓザックで充分。 ・水は1ℓ程度携行しあとは現地調達 ※個人的見解

メンバー

もしも不適切なコンテンツをお見かけした場合はお知らせください。