活動データ

タイム

03:15

距離

8.1km

上り

665m

下り

665m

チェックポイント

DAY 1
合計時間
3 時間 15
休憩時間
3
距離
8.1 km
上り / 下り
665 / 665 m

活動詳細

すべて見る

【 韓国岳 (宮崎県えびの市) 】(2021年10月18日) 8月末から取りかかった仕事も、ひとまず “切り” がつき、2週間ぶりでの “お休み” が取れたので… 朝の5時に滞在先のアパートを出発しつつ、「宮崎県」と「鹿児島県」の県境に連なる「霧島連山」の “最高峰” 、『韓国岳 (からくにだけ)』へと訪れてみた❗️😃     10月半ばとはいえ、まだ陽が差すと汗ばむ陽気ではあるものの、山頂では、特に風が吹くとかなり冷えるので… 「もう少し装備を整えないとダメやな…。🤔」と学習しつつ… 来週も晴れたら、今度は「長崎県島原市」の『雲仙普賢岳』でも登ってみよっと ♪ 😗

霧島山・韓国岳・高千穂峰・夷守岳・烏帽子岳 【 韓国岳 (宮崎県えびの市) 】
【 韓国岳 (宮崎県えびの市) 】
霧島山・韓国岳・高千穂峰・夷守岳・烏帽子岳 ↑ “日本百名山” の一つである「韓国岳」(霧島山) の山頂を目指して、「韓国岳登山口」から登山開始!
↑ “日本百名山” の一つである「韓国岳」(霧島山) の山頂を目指して、「韓国岳登山口」から登山開始!
霧島山・韓国岳・高千穂峰・夷守岳・烏帽子岳 ↑「韓国岳」はピークが2つあるように見えるものの、これは水蒸気爆発によって山容が崩壊したためで、このような状態を “爆裂火口” と呼んでいるみたい
↑「韓国岳」はピークが2つあるように見えるものの、これは水蒸気爆発によって山容が崩壊したためで、このような状態を “爆裂火口” と呼んでいるみたい
霧島山・韓国岳・高千穂峰・夷守岳・烏帽子岳 ↑ 通りすがりの “シシ神様” とご挨拶を交わしつつ…   (゚o゚;;
↑ 通りすがりの “シシ神様” とご挨拶を交わしつつ… (゚o゚;;
霧島山・韓国岳・高千穂峰・夷守岳・烏帽子岳 『硫黄山火口展望所』
『硫黄山火口展望所』
霧島山・韓国岳・高千穂峰・夷守岳・烏帽子岳 ↑ 北方面には、シューシューと音を立てながら噴気を上げる「硫黄山(いおうやま)」と、その右奥に「甑岳(こしきだけ)」が見渡せる
↑ 北方面には、シューシューと音を立てながら噴気を上げる「硫黄山(いおうやま)」と、その右奥に「甑岳(こしきだけ)」が見渡せる
霧島山・韓国岳・高千穂峰・夷守岳・烏帽子岳 ↑「五合目」へと到達しつつ…
↑「五合目」へと到達しつつ…
霧島山・韓国岳・高千穂峰・夷守岳・烏帽子岳 ↑ スタート地点の “駐車場” (左端) がだいぶ小さく見えるようになってきた
↑ スタート地点の “駐車場” (左端) がだいぶ小さく見えるようになってきた
霧島山・韓国岳・高千穂峰・夷守岳・烏帽子岳 ↑ 南西方面には「桜島」が見渡せる
↑ 南西方面には「桜島」が見渡せる
霧島山・韓国岳・高千穂峰・夷守岳・烏帽子岳 ↑「九合目」へと到達しつつ…
↑「九合目」へと到達しつつ…
霧島山・韓国岳・高千穂峰・夷守岳・烏帽子岳 ↑ スタートから1時間10分ほどかかって、「韓国岳」の山頂 (標高 1,700m) へと到達!
↑ スタートから1時間10分ほどかかって、「韓国岳」の山頂 (標高 1,700m) へと到達!
霧島山・韓国岳・高千穂峰・夷守岳・烏帽子岳 ↑ 眼下には、直径900m・深さ300mの「火口」が広がる
↑ 眼下には、直径900m・深さ300mの「火口」が広がる
霧島山・韓国岳・高千穂峰・夷守岳・烏帽子岳 ↑ 山頂からは、南東方面に噴火を繰り返す「新燃岳(しんもえだけ)」と、その奥に “霊峰”「高千穂峰(たかちほのみね)」…
↑ 山頂からは、南東方面に噴火を繰り返す「新燃岳(しんもえだけ)」と、その奥に “霊峰”「高千穂峰(たかちほのみね)」…
霧島山・韓国岳・高千穂峰・夷守岳・烏帽子岳 ↑ 南西方面に、日本で最も高い場所にある “火口湖”「大浪池(おおなみいけ)」と、そのはるか彼方に「桜島」が見渡せる
↑ 南西方面に、日本で最も高い場所にある “火口湖”「大浪池(おおなみいけ)」と、そのはるか彼方に「桜島」が見渡せる
霧島山・韓国岳・高千穂峰・夷守岳・烏帽子岳 ↑ 山頂を制したあとは、登ってきたルートではなく「大浪池」を経由したルートで下山してみる
↑ 山頂を制したあとは、登ってきたルートではなく「大浪池」を経由したルートで下山してみる
霧島山・韓国岳・高千穂峰・夷守岳・烏帽子岳 ↑ ひたすら山を下りつつ…
↑ ひたすら山を下りつつ…
霧島山・韓国岳・高千穂峰・夷守岳・烏帽子岳 ↑ 山頂から30分ほどで、「韓国岳避難小屋」のある “分岐点” へと到達
↑ 山頂から30分ほどで、「韓国岳避難小屋」のある “分岐点” へと到達
霧島山・韓国岳・高千穂峰・夷守岳・烏帽子岳 ↑ 駐車場へ戻るルートからは外れるものの、「大浪池」の “東回りルート” を少し登ってみる
↑ 駐車場へ戻るルートからは外れるものの、「大浪池」の “東回りルート” を少し登ってみる
霧島山・韓国岳・高千穂峰・夷守岳・烏帽子岳 『大浪池』   ↑「大浪池」は透明度が高いため、池の底まで見通すことができるみたい
『大浪池』 ↑「大浪池」は透明度が高いため、池の底まで見通すことができるみたい
霧島山・韓国岳・高千穂峰・夷守岳・烏帽子岳 ↑「大浪池」を見学したあとは、「韓国岳避難小屋」のある “分岐点” まで戻りつつ…
↑「大浪池」を見学したあとは、「韓国岳避難小屋」のある “分岐点” まで戻りつつ…
霧島山・韓国岳・高千穂峰・夷守岳・烏帽子岳 ↑ あとは、駐車場まで2.3kmほどの距離をひたすら歩くのみ
↑ あとは、駐車場まで2.3kmほどの距離をひたすら歩くのみ
霧島山・韓国岳・高千穂峰・夷守岳・烏帽子岳 ↑「つつじヶ丘登山口」にて “山” から脱出し…
↑「つつじヶ丘登山口」にて “山” から脱出し…
霧島山・韓国岳・高千穂峰・夷守岳・烏帽子岳 ↑ 登山開始から3時間15分ほどで、無事に駐車場へと帰還 ♪
↑ 登山開始から3時間15分ほどで、無事に駐車場へと帰還 ♪

もしも不適切なコンテンツをお見かけした場合はお知らせください。