石鎚山 ❄️朝駆け 御来光ならず!初霧氷❄️

2021.10.18(月) 日帰り

先週の雨上がり後の御来光レポート写真に魅せられ、本日、体育祭振替休日で学校休みの息子と朝駆け決行! 前日、コンディションCでしたが、深夜からAの予報!期待を胸に深夜出発。土小屋で仮眠をとるはずでしたが、まさかのUFOライン最悪のコンディション(>_<)濃霧で視界が悪く、20キロ走行、土小屋についたのは3時半。 土小屋テラス前の駐車場はすでにいっぱい。御来光登山仲間がいることにホッとする。 日の出は6時15分、結局休む暇なく出発。ほとんど徹夜だ(;>_<;) 本当は月明かりに照らされて…のはずが、霧と吹き荒れる風で闇夜、ぬかるみ、水溜まりに足をとられながら、ひたすら下だけ見て歩き続ける。吐く息が白く、鼻水も出てくる(ToT) 山頂に到着5:45、結構な人が寒さに震えて日の出を待っている。とにかく風が強く霧が深くて寒い~(;>_<;❄️ 6時すぎても日の出の兆しは全くない。天狗岳さえ、全く見えない。 皆さん諦めきれず、このままでは帰れない…せめて天狗岳だけでも拝みたい気持ちで立ち往生。 私たちも寒さに耐えられず、とりあえず山荘に。おひめさんの「今日は今シーズン初の霧氷が見れてラッキーですよ」の言葉に、なんだか嬉しくなる!「空が青くなってきている。霧が晴れる瞬間がすごくきれいだから待たれた方がいいですよ」との言葉に後押しされ、待つこと1時間…あとは写真をご覧下さい(*^^*) ツアーの方々に付き添って、南尖峰に行けたこと、天狗岳道中の霧氷、ブロッケン現象など、たくさんの感動を息子と共有できたことに感謝です☘️

この活動日記で通ったコース

石鎚山 土小屋コース

  • 初級
  • 4時間33分
  • 8.6 km
  • 679 m
体力度
2

数ある石鎚登山コースのなかで、土小屋コースがもっとも手軽で花にも恵まれ人気を集めている。土小屋まではバスでアクセスが可能なほか、広い駐車場も整備されている。ニノ鎖下で成就方面からの表参道と合流するまでは、木道の整備された歩きやすい登山道が続く。ニノ鎖から上は、鎖場と巻道の分岐となっており、技術に自信がなければ安全な巻道を使おう。