10/17読図講習会in俵山(田ノ口登山口より)

2021.10.17(日) 日帰り

活動データ

タイム

05:43

距離

9.1km

上り

642m

下り

642m

チェックポイント

DAY 1
合計時間
5 時間 43
休憩時間
1 時間 13
距離
9.1 km
上り / 下り
642 / 642 m
2 25
31
1 47

活動詳細

すべて見る

表があれば裏がある。萌の里登山口や俵山峠から俵山に登る人は多く、こちらを表俵とすれば、田ノ口登山口から俵山に登る人は少なく、裏俵と言える。 表俵は草地が多く、明るく眺望もいい。田ノ口から入る裏俵は杉・桧の植林が多く、眺望の効かない所が多い。その分見晴らしのいいところに出ると、嘆声が漏れる。 私は、この裏俵が好きだ。 今回は、この裏俵で、読図講習会を実施した。 参加者は、明太子さん、サルさん、リンゴさんの3名。 いつもの通り、整置とナビゲーションを中心に行った。黒の①~㉖をたどるコースでの実施。 ただし、時間調整のため、一部㉓㉔はカットした。 [整置] 整置は、①④⑦⑮㉒で実施。整置のやり方は、 [ナビゲーション例] ①標高640m、左岸に広いところ(駐車場)を出発、②出発して約100mにある渡渉地点、③川と離れ左に大きく曲がる所、④林道・登山道の集まる分岐点、⑤④から約500mにある谷で大きく左折、⑥尾根を大きく右折して捲いたところにある小谷、⑦尾根上に鉄塔がある所、標高790m、⑧針葉樹林の中、谷があり左折する、標高900m、⑨針葉樹林の中の分岐点を左折する、⑩⑨から針葉樹林の中を50m程緩やかに下り林道に出た所にある尾根、⑪今来た道を⑨に戻り、緩やかで広い尾根を80m程北東に進む、沢沿いに登ってきた道と出会った所、⑫970m標高点、針葉樹林の中の大きな尾根、⑬⑫から250m程来た登りの始まり地点、針葉樹林の中、⑭俵山山頂から150m程西のなだらかな草地にある標高1095.3m三角点のある地点、⑮俵山山頂、標高1005m程度、⑯~㉖以下省略 [地図記号の確認] ピンクの1~13、1草地、2針葉樹林、3磁北線、4送電線、 5等高線(計曲線)、6等高線(主曲線)、7市区町村界、8徒歩道、9標高点、 10三角点(三角測量のための基準点)、11広葉樹林、12えん堤、13崖(土崖) [地形の説明](ナビゲーション説明練習)水色の1~12、1なだらかな小尾根、2草地のなだらかな小谷、3草地(実際は針葉樹林)の突き出た細尾根、4やや急な小谷、5稜線のなだらかな小ピーク、6だだっ広いところにある小谷、7針葉樹林のなだらかで広いピーク、8草地のなだらかで突き出た尾根、9広葉樹林に覆われた緩やかで広い谷、10谷の中に突き出た急な尾根、11両岸が急斜面だが緩やかで広い谷、12広葉樹林に覆われた緩やかな尾根。

もしも不適切なコンテンツをお見かけした場合はお知らせください。