日高山脈:ピパイロ岳・1967峰三度目も失敗

2021.10.15(金) 日帰り

活動データ

タイム

18:26

距離

34.2km

上り

2246m

下り

2243m

チェックポイント

DAY 1
合計時間
18 時間 26
休憩時間
1 時間 57
距離
34.2 km
上り / 下り
2246 / 2243 m
1 51
7 8
19
28
4 32
2

活動詳細

すべて見る

先日、たいして偉くもないくせに私の山のお休みを左右する権限は持つ上司に偉そうに訊かれました。「君ってどーゆう性格?」 答えました「粘り強い」ほうです! 私自分美化しました。 私、「しつこい」んです、とても! 今回、日高山脈ピパイロ岳・1967峰を目指し結果、三度目の失敗、しかも大惨敗を喫しました! 簡単に言うと「遠いお山へ足の遅い男が夜通し歩き収穫ゼロで帰る」って事です。 以下一連の発案、企画・計画、登山記録ですが長いうえに写真、内容共に目新しいものは皆無ですあしからず。 発案 なぜかストーカーのように日高山脈チロロ側〜伏美岳方向に執着する私は、時期的にどんどん可能性が薄れゆく中今週末を最後の決行日に決断。そのために必要なことは何でも、なんなら日高てんくらCの禁まで破る覚悟です! 私にとっては一大プロジェクトであった今回の挑戦ですが、下山した今、ピパイロ執着への源泉について自問自答したところ、分かりません😅 大好きな某凄足YAMAPERさんが設置されたピパイロ看板も直に見てはみたいけども〜??? それでここまでしないわ〜🤤 自分でも謎です☺️ 立ちはだかる最大の敵は、天候でも難易度でもありませんでした。登山二年生の私は昨年のビギナーズラックを間に受け今年沢山の野望を画策しましたがいづれも失敗。コロナは別として原因は私の体力、特にスピードが致命的に、、、 企画・計画 ないものはしょうがない。 去年も体験しましたが、10月以降登山口までのゲートが閉鎖され9Km程余計な行程が+α、通常策ではどーしてもムリ! 前回ニセコ連峰での、一見あなた頭大丈夫ですか的ナイトハイクはこの不可能を可能にする検証でした。魅力的なニセコ連峰への非礼に後ろめたさを感じつつも全ては魅惑のピパイロ登頂のため! 「寝ないで歩く」という単純にして史上最強の武器を手に挑戦権ゲットです。 時間計画は全行程で予定25時間、最大28時間(宜しければ写真を見て笑って下さい)色々とツッコミ所満載と思いますが本気でやる気でした〜🤗 ここで一番大事な撤退要件ですが、 ・0900には必ずUターン ・🧸さんコンニチワ ・ヌカビラ以降の天候 (霧雨除く雨→即撤退、風→低体温症の危険度) ・心が折れる2秒前 要約しますと、ヌカビラまでのてんくらCはアリ、稜線に出たら風速次第、あとは足の遅い野郎は寝ないでチンタラ歩きやがれ!以上です。 これを逃せば氷点下突入という今季最後のチャンスでしたが、この計画にとっては最高のてんくら様にも味方され実行に至りました。 もちろん装備も練りに練っての重量級。日高のこの時期ですので特に防寒着、着替え、食料、緊急時グッズは体力消耗よりも優先しました。 ここまで自慢げに壮大なる計画を語り、結果大惨敗の長文を恥ずかし気もなく書くこの精神力✌️ これらほぼ全てが無意味になります😇 登山 ゲート前〜 ピパイロに執念を燃やす私ですが基本ビビりですので閉められたゲートは開けない主義。復路で管理作業員の方から開閉許可とカギ番号まで教えて頂きましたが私は開けません。悲観主義者です✨ その主義を捨てたくなるPM8時発の道程約2h、やはりニセコとは違います。絶対的な孤立感。 明日のこの時間帯、この道を歓喜の達成感と共にヘッドライトで帰ることだけを楽しみに歩きました。 やっぱり夜道歩きは精神衛生上良くないですね😵 ホラー映画は嫌いだけど観ちゃうタイプなもんでふとmyトラウマ映画「サイレントヒル」の白い看護婦さん達?笑を思い出す。林端からひょっこりご登場的妄想を打ち消そうと格闘、勝手に消耗戦です。 入口〜ヌカビラ これで4度目となる日高山脈入山です。 林道での看護師さん達との激闘笑は登山入口からもしばし続きまぁまぁ足ガクガクです、が、沢沿い渡渉ゾーンに入るとやっと登山感に没入です。前回の起伏あるチセヌプリナイトハイク経験と地の利もあり楽しく登ることができました! No more nurses!🏥 満天の星と月が輝き✨、その後のヌカビラ急登も思いの外登山自体を楽しむ事ができました。 昼間に比べ目に入る情報が少ない分高所感や恐怖感が抑えられるのと、夜間の林道歩きと違い目の前に集中するので逆に楽しいのかなと、、、 危ないのでオススメはしません。 ヌカビラ〜北戸蔦別岳 しかし、時間が掛かり過ぎました💦 正直、体力的にももうもうもう🙅‍♀️ 計画ではピパイロ方向へ向け0400北トッタ出発、それが今回の本来の目的となるスタート地点、 ナイトハイクはその過程の単なる前座です! 現在時刻0500ヌカビラ手前、大遅刻です! 日高で今年の自分の現実を目の当たりにしました。 昨年悪条件の下、まがりなりにも日高を楽しめた自分との差を痛感しました! 今回日高はてんくらに反してほぼ無風、気温もおそらく0℃以上、私にとってガツガツ攻めるには最高の条件を頂いての完敗でした〜 バテてましたのでホントは北トッタも行きたくありませんでした😅 けど最後に無風で眺望もある好条件を与えてくれた日高山脈の空気を満喫しなくては! 本当に穏やかで何か物哀しい日高山脈全体を見回しました、来て良かったです。 北戸蔦別岳〜1967峰〜ピパイロ岳(〜伏美岳) 全ては「ここから往復8時間の勝負」に向けた計画でした! 1ミリも前に出ておりません😅 下山 診断書はありませんが私はドMでも異常者でもありません。ナイトハイクも長距離も大嫌いです。今回も目的を遂げる為のやむを得ない選択でした。 その証拠に復路は1人でず〜っと笑ってました😚(やっぱ異常なのか😅) 太陽の下での登山がやっぱ一番楽しいですね💕 目的は果たせませんでしたが、下山中は安堵感で一杯。去年、今年と色々ありましたが秋の空とそんな気分が交わりノスタルジックな映画のラストシーンの様な心地良さ。 とりあえず山今年も登って良かったす‼️ 最後のおまけ9Kmはそんなおセンチな気分などぶち壊す破壊力、日高甘くね〜わ〜😆 皆さまへ 私は恐らくこれが今年最後のお山となります。出だしは不調でしたが皆様の千差万別な投稿に触発され口惜しくもうすらオモロい結末を飾れたと感謝しています。 登り残しは沢山ですが、来年は野望よりも来年の私の身の丈にあったお山に挑みたいと思います。 装備がないので冬は登りませんが、道内、道外、国外のYAMAPERの皆さんが銀世界を堪能する様を楽しませて頂こうと考えています。 今年1年ありがとうございました✨ 最後に 駄文にお付き合い頂きありがとうございました。 時間は無駄にしましたが忍耐力upは間違いございません😚 次のお山の辛い時の一歩に繋がりますように。 安全第一

幌尻岳・戸蔦別岳・伏美岳 こちら全行程です、
賛否あるかと思いますが安全第一で計画しました。
こちら全行程です、 賛否あるかと思いますが安全第一で計画しました。
幌尻岳・戸蔦別岳・伏美岳 金曜夜はヌカビラの背が風から守ってくれる、
土曜0000〜1200からが稜線上での勝負!
計画に最高のてんくらです!
金曜夜はヌカビラの背が風から守ってくれる、 土曜0000〜1200からが稜線上での勝負! 計画に最高のてんくらです!
幌尻岳・戸蔦別岳・伏美岳 稜線上は0〜2℃なので雨厳禁
クリアです☺️
稜線上は0〜2℃なので雨厳禁 クリアです☺️
幌尻岳・戸蔦別岳・伏美岳 色々と思い出のゲート前、、
色々と思い出のゲート前、、
幌尻岳・戸蔦別岳・伏美岳 なんか変な事になってますが月です。
爆発してますね💥
なんか変な事になってますが月です。 爆発してますね💥
幌尻岳・戸蔦別岳・伏美岳 もはやバテバテの登山口
もはやバテバテの登山口
幌尻岳・戸蔦別岳・伏美岳 霜1
霜1
幌尻岳・戸蔦別岳・伏美岳 霜2
霜2
幌尻岳・戸蔦別岳・伏美岳 霜3
霜3
幌尻岳・戸蔦別岳・伏美岳 明けてきました、稜線にようやく到着です!
明けてきました、稜線にようやく到着です!
幌尻岳・戸蔦別岳・伏美岳 ヌカビラ
心地良い敗北感と秋の空
ヌカビラ 心地良い敗北感と秋の空
幌尻岳・戸蔦別岳・伏美岳 戸蔦別と幌尻岳
戸蔦別と幌尻岳
幌尻岳・戸蔦別岳・伏美岳 よいー
よいー
幌尻岳・戸蔦別岳・伏美岳 Home, sweet home 
ども、ここの地主です!
この土地の資産価値多分俺が一番知ってる😚
疲れたんでここで横になったら0℃近くで30分程寝てました、凍死の才能ありそうです。
Home, sweet home ども、ここの地主です! この土地の資産価値多分俺が一番知ってる😚 疲れたんでここで横になったら0℃近くで30分程寝てました、凍死の才能ありそうです。
幌尻岳・戸蔦別岳・伏美岳 こっちにいきたかったんです!
こっちにいきたかったんです!
幌尻岳・戸蔦別岳・伏美岳 かっこいーしょ?
かっこいーしょ?
幌尻岳・戸蔦別岳・伏美岳 かっけーわ
かっけーわ
幌尻岳・戸蔦別岳・伏美岳 やっぱりかっけー
やっぱりかっけー
幌尻岳・戸蔦別岳・伏美岳 朝の幌尻
朝の幌尻
幌尻岳・戸蔦別岳・伏美岳 戸蔦別
戸蔦別
幌尻岳・戸蔦別岳・伏美岳 幌尻もやっぱすげーな
幌尻もやっぱすげーな
幌尻岳・戸蔦別岳・伏美岳 ご来光はなかったけど今年の俺にはこのくらいで最高です✨
ご来光はなかったけど今年の俺にはこのくらいで最高です✨
幌尻岳・戸蔦別岳・伏美岳 空気もわしの心も澄んでましたー、この時は
空気もわしの心も澄んでましたー、この時は
幌尻岳・戸蔦別岳・伏美岳 日高ですねー
日高ですねー
幌尻岳・戸蔦別岳・伏美岳 日高です
日高です
幌尻岳・戸蔦別岳・伏美岳 日高ですわ
日高ですわ
幌尻岳・戸蔦別岳・伏美岳 奥深い
奥深い
幌尻岳・戸蔦別岳・伏美岳 あー、行きたかった〜😭
あー、行きたかった〜😭
幌尻岳・戸蔦別岳・伏美岳 日高の交差点ですね
日高の交差点ですね
幌尻岳・戸蔦別岳・伏美岳 幌尻行かれる方、こちらです!
幌尻行かれる方、こちらです!
幌尻岳・戸蔦別岳・伏美岳 幌尻行かれる方、
こっちいったらマジダメですよ‼️
幌尻行かれる方、 こっちいったらマジダメですよ‼️
幌尻岳・戸蔦別岳・伏美岳 手前のここが今回のスタートラインだったんですが、
一歩も越えられなかったす😭
これ撮る為だけにここまできました。
気が済みました
手前のここが今回のスタートラインだったんですが、 一歩も越えられなかったす😭 これ撮る為だけにここまできました。 気が済みました
幌尻岳・戸蔦別岳・伏美岳 名残惜しく
すげーわやっぱ
1967、ピパイロ、伏美行かれた方尊敬します!
名残惜しく すげーわやっぱ 1967、ピパイロ、伏美行かれた方尊敬します!
幌尻岳・戸蔦別岳・伏美岳 ここに0400集合だったんです
0627に着きました💦
今年はダメダメでした😭
ここに0400集合だったんです 0627に着きました💦 今年はダメダメでした😭
幌尻岳・戸蔦別岳・伏美岳 なんか好き
なんか好き
幌尻岳・戸蔦別岳・伏美岳 朝っていーすな
朝っていーすな
幌尻岳・戸蔦別岳・伏美岳 霜4
霜4
幌尻岳・戸蔦別岳・伏美岳 霜5
霜5
幌尻岳・戸蔦別岳・伏美岳 霜6
霜6
幌尻岳・戸蔦別岳・伏美岳 ツララ今年第一号
ツララ今年第一号
幌尻岳・戸蔦別岳・伏美岳 30分寝たらコレの中凍ってました😵
ガリって💦冬登山できねーわ❄️
30分寝たらコレの中凍ってました😵 ガリって💦冬登山できねーわ❄️
幌尻岳・戸蔦別岳・伏美岳 左上にゴールの遥か先にあるゴール
枠からはみ出しぎみ
左上にゴールの遥か先にあるゴール 枠からはみ出しぎみ
幌尻岳・戸蔦別岳・伏美岳 秋を感じて物悲しくなりました😚
秋を感じて物悲しくなりました😚
幌尻岳・戸蔦別岳・伏美岳 前回はあざす!
今回は大丈夫す!
次回またよろしくお願いします!
前回はあざす! 今回は大丈夫す! 次回またよろしくお願いします!
幌尻岳・戸蔦別岳・伏美岳 ヌカビラ急登下り
ヌカビラ急登下り
幌尻岳・戸蔦別岳・伏美岳 沢の音が聞こえるとホッとします、
急登終了の合図です
沢の音が聞こえるとホッとします、 急登終了の合図です
幌尻岳・戸蔦別岳・伏美岳 1番上の滝、本日は穏やかです
1番上の滝、本日は穏やかです
幌尻岳・戸蔦別岳・伏美岳 昔話に出てきそうな風景
昔話に出てきそうな風景
幌尻岳・戸蔦別岳・伏美岳 癒されます
癒されます
幌尻岳・戸蔦別岳・伏美岳 穏やかに
穏やかに
幌尻岳・戸蔦別岳・伏美岳 マイナスイオンだらけ
マイナスイオンだらけ
幌尻岳・戸蔦別岳・伏美岳 夏沢登りしたかったなぁー
夏沢登りしたかったなぁー
幌尻岳・戸蔦別岳・伏美岳 自分、倒れる方向絶対わざとだよね
自分、倒れる方向絶対わざとだよね
幌尻岳・戸蔦別岳・伏美岳 初めて気づきました、水車
初めて気づきました、水車
幌尻岳・戸蔦別岳・伏美岳 こっから遠いでー😵
アブいねーからいーわ
こっから遠いでー😵 アブいねーからいーわ
幌尻岳・戸蔦別岳・伏美岳 私植物にあまり興味ないんですが、綺麗です!
私植物にあまり興味ないんですが、綺麗です!
幌尻岳・戸蔦別岳・伏美岳 なんかベッチャベッチャ汚ったない音の滝でした😅
なんかベッチャベッチャ汚ったない音の滝でした😅
幌尻岳・戸蔦別岳・伏美岳 こりゃキレイ
こりゃキレイ
幌尻岳・戸蔦別岳・伏美岳 十中八九人糞であろう
十中八九人糞であろう
幌尻岳・戸蔦別岳・伏美岳 あとほんの9km(°_°)
あとほんの9km(°_°)
幌尻岳・戸蔦別岳・伏美岳 また今年も渡渉してしまいました👣
また今年も渡渉してしまいました👣
幌尻岳・戸蔦別岳・伏美岳 見惚れてると石喰らうで〜
見惚れてると石喰らうで〜
幌尻岳・戸蔦別岳・伏美岳 最後の最後に、
いきたかったー😵
最後の最後に、 いきたかったー😵

もしも不適切なコンテンツをお見かけした場合はお知らせください。