霧の中の鷲by針ノ木サーキット

2021.10.16(土) 日帰り

活動データ

タイム

12:21

距離

20.1km

上り

2461m

下り

2460m

チェックポイント

DAY 1
合計時間
12 時間 21
休憩時間
1 時間 19
距離
20.1 km
上り / 下り
2461 / 2460 m
1 9
2 27
46
25
1 19
39
18
1
23
4
55
1 37

活動詳細

すべて見る

今年最後の北ア縦走として針の木サーキットに。 天クラでは昼から崩れるらしいので、午前3時から登り始めるも結構や霧で暗闇も併せて視界不良のスタート。しかし、雲海だったらしく、日の出前に霧を抜けてそれ以降は少しマシになる。 針の木からスバリに行く途中、黒部川の方でゴロゴロ音が鳴り雷かと思ったら15mの鷲(F15イーグル)が爆音と共に飛んでいった、、、と思ったら帰ってきて、針の木と爺ガ岳の間をくるくる回ってどこかに。 てか、視線の位置より下を飛んでいたので、黒部川の谷間の標高高度1600-2300m位。かつ雲が躍動的で霧の中の飛行エスコンかな? とりま、針の木から新越乗越小屋まで高低差が激しいのと崖っぷちがいくつか有るでなかなか歩きが位がある、新越乗越から種池間ではまだ楽になるものの長い。 種池小屋が営業終了日らしく店じまい作業中だった。営業はギリしていたみたいで飲み物を購入できた。(ありがたや 種池から下山を開始し案外とサクサク降りれて1時間半強で登山口。 心配していた天気の崩れや強風はほぼほぼ無く。 珍しいイーグルも見れたので大変満足だった。

もしも不適切なコンテンツをお見かけした場合はお知らせください。