唐松岳・五竜岳・鹿島槍ヶ岳・爺ヶ岳(+八方山・大黒岳・白岳・布引山

2021.10.14(木) 3 DAYS

単に頂上に登って降りてくるより縦走がしたい。 選んだのが唐松岳~五竜岳~鹿島槍ヶ岳~爺ヶ岳の前夜泊+2泊3日縦走で、日本百名山2座+日本二百名山1座+日本三百名山1座踏破です。 表銀座縦走路が槍ヶ岳の展望路とすれば、こちらは剱岳の展望路かなと思います。 自分の中での日本最高の山・剱岳を眺めながら歩けたのは幸せでした。 五竜岳から鹿島槍ヶ岳までの間は、上級者コースですべてが核心部、中でもG4、G5、G7や日本三大キレットのひとつ八峰キレットなど、もちろん堕ちたらあの世行きなのですが、岩登りが好きなので足がすくむということは皆無でむしろ楽しかったです。 コースは、3日間とも1日約8kmなので体力的には行けそうに感じますが、老体には2日目の五竜岳と鹿島槍ヶ岳の2座登頂はきつかったです。 五竜山荘にはキレット小屋まで5時間、冷池山荘まで10時間と記されていましたが、これは安易に考えてる人への警鐘なのでしょう。 確かに途中でエスケープルートはなく、キレット小屋も休業中とあっては、出発したら何が何でも冷池山荘までたどり着かないとテント装備を持っていない自分は遭難になります。 ラッキーなことに3日間とも天候に恵まれた上に、人生2度目のブロッケン現象を見られ、初めて雷鳥に会え、モルゲンロートまでも。 また冷池山荘は、泊った翌日で小屋仕舞いだったようでギリ間に合った。 アンラッキーは、八方池への濡れた木道で滑って転び、トレッキングポール1本を折ってしまったこと。 お尻も思いっきり打ち痛かったですが翌日に持ち越すことはありませんでした。 最終日5時に冷池山荘を出て扇沢09:55発・信濃大町駅行バスに間に合わせようとかなり頑張って降りましたら、臨時の09:30発に乗れました。 行動時間3時間52分でサブ4達成!(笑) 汗まみれで3日間風呂入ってないので、加齢臭に獣臭がミックスされて物凄い汚臭だったでしょうが、周りも似たようなもの。 扇沢バスターミナルの多目的トイレを借りて、頭を洗い、体を拭き、服を着替えてすっきりして帰洛しました。

前夜泊した八方池山荘の夕食はバイキング形式

前夜泊した八方池山荘の夕食はバイキング形式

前夜泊した八方池山荘の夕食はバイキング形式

八方池山荘

八方池山荘

八方池山荘

唐松岳への途中、人生2度目のブロッケン現象が発現(1回目は槍ヶ岳の山頂で)

唐松岳への途中、人生2度目のブロッケン現象が発現(1回目は槍ヶ岳の山頂で)

唐松岳への途中、人生2度目のブロッケン現象が発現(1回目は槍ヶ岳の山頂で)

白馬三山
右から白馬岳、杓子岳、白馬鑓ヶ岳

白馬三山 右から白馬岳、杓子岳、白馬鑓ヶ岳

白馬三山 右から白馬岳、杓子岳、白馬鑓ヶ岳

右が五竜岳、左の双耳峰が鹿島槍ヶ岳

右が五竜岳、左の双耳峰が鹿島槍ヶ岳

右が五竜岳、左の双耳峰が鹿島槍ヶ岳

八方山を示すケルン

八方山を示すケルン

八方山を示すケルン

?

八方池。
左奥から不帰ノ嶮(かえらずのけん)、天狗の大下り
右側は白馬三山

八方池。 左奥から不帰ノ嶮(かえらずのけん)、天狗の大下り 右側は白馬三山

八方池。 左奥から不帰ノ嶮(かえらずのけん)、天狗の大下り 右側は白馬三山

私です

私です

私です

白馬三山

白馬三山

白馬三山

手前が五竜岳、奥が鹿島槍ヶ岳

手前が五竜岳、奥が鹿島槍ヶ岳

手前が五竜岳、奥が鹿島槍ヶ岳

丸山ケルンから新潟方面!?

丸山ケルンから新潟方面!?

丸山ケルンから新潟方面!?

唐松岳!

唐松岳!

唐松岳!

唐松岳山頂域

唐松岳山頂域

唐松岳山頂域

唐松岳2696m登頂!

唐松岳2696m登頂!

唐松岳2696m登頂!

Touch!

Touch!

Touch!

唐松山荘方面

唐松山荘方面

唐松山荘方面

白馬方面

白馬方面

白馬方面

剱岳の威容

剱岳の威容

剱岳の威容

槍ヶ岳や穂高も

槍ヶ岳や穂高も

槍ヶ岳や穂高も

牛首?

牛首?

牛首?

これから進む縦走路
奥は五竜岳

これから進む縦走路 奥は五竜岳

これから進む縦走路 奥は五竜岳

牛首?

牛首?

牛首?

堕ちたらあの世行き

堕ちたらあの世行き

堕ちたらあの世行き

大黒岳山頂は立入禁止

大黒岳山頂は立入禁止

大黒岳山頂は立入禁止

唐松岳と牛首か

唐松岳と牛首か

唐松岳と牛首か

後は五竜岳です

後は五竜岳です

後は五竜岳です

白岳へ登りましたが標識なし

白岳へ登りましたが標識なし

白岳へ登りましたが標識なし

五竜山荘と背後に五竜岳

五竜山荘と背後に五竜岳

五竜山荘と背後に五竜岳

五竜山荘

五竜山荘

五竜山荘

「逃げ道がない」と
怖い!

「逃げ道がない」と 怖い!

「逃げ道がない」と 怖い!

五竜山荘から夕景

五竜山荘から夕景

五竜山荘から夕景

五竜山荘の夕食は名物のカレー
冷めてたよ

五竜山荘の夕食は名物のカレー 冷めてたよ

五竜山荘の夕食は名物のカレー 冷めてたよ

夕食後外へ出ると日没

夕食後外へ出ると日没

夕食後外へ出ると日没

五竜山荘から月と大町市内の夜景

五竜山荘から月と大町市内の夜景

五竜山荘から月と大町市内の夜景

2日目朝
五竜岳山頂直下から御来光を

2日目朝 五竜岳山頂直下から御来光を

2日目朝 五竜岳山頂直下から御来光を

八ヶ岳と富士山

八ヶ岳と富士山

八ヶ岳と富士山

五竜岳2814m登頂!

五竜岳2814m登頂!

五竜岳2814m登頂!

Touch!

Touch!

Touch!

五竜岳の影が雲に写る

五竜岳の影が雲に写る

五竜岳の影が雲に写る

鹿島槍ヶ岳

鹿島槍ヶ岳

鹿島槍ヶ岳

五竜山荘が

五竜山荘が

五竜山荘が

新潟方面?

新潟方面?

新潟方面?

剱岳のモルゲンロート

剱岳のモルゲンロート

剱岳のモルゲンロート

八ヶ岳と富士山

八ヶ岳と富士山

八ヶ岳と富士山

いざ上級コース
後は鹿島槍ヶ岳

いざ上級コース 後は鹿島槍ヶ岳

いざ上級コース 後は鹿島槍ヶ岳

これから進む縦走路

これから進む縦走路

これから進む縦走路

G4

G4

G4⇔G5

G4⇔G5

G4⇔G5

G5

G5

これを登らすか

これを登らすか

これを登らすか

北尾根の頭の手前で五竜山荘の弁当(朝ご飯)を食す

北尾根の頭の手前で五竜山荘の弁当(朝ご飯)を食す

北尾根の頭の手前で五竜山荘の弁当(朝ご飯)を食す

北尾根の頭
背後に剱・立山

北尾根の頭 背後に剱・立山

北尾根の頭 背後に剱・立山

鹿島槍ヶ岳が近付いてきた

鹿島槍ヶ岳が近付いてきた

鹿島槍ヶ岳が近付いてきた

よくまぁこんなところに山小屋を建てたもんだ

よくまぁこんなところに山小屋を建てたもんだ

よくまぁこんなところに山小屋を建てたもんだ

休業中

休業中

休業中

八峰キレット
クサリ・ハシゴがいっぱい

八峰キレット クサリ・ハシゴがいっぱい

八峰キレット クサリ・ハシゴがいっぱい

八峰キレットの核心部

八峰キレットの核心部

八峰キレットの核心部

鹿島槍ヶ岳北峰登頂!
後は南峰(本峰)

鹿島槍ヶ岳北峰登頂! 後は南峰(本峰)

鹿島槍ヶ岳北峰登頂! 後は南峰(本峰)

槍様、穂様

槍様、穂様

槍様、穂様

?

鹿島槍ヶ岳南峰(本峰)2889m登頂!
背後に剱岳・立山

鹿島槍ヶ岳南峰(本峰)2889m登頂! 背後に剱岳・立山

鹿島槍ヶ岳南峰(本峰)2889m登頂! 背後に剱岳・立山

Touch!

Touch!

Touch!

ふり返って鹿島槍ヶ岳北峰

ふり返って鹿島槍ヶ岳北峰

ふり返って鹿島槍ヶ岳北峰

富士山と八ヶ岳

富士山と八ヶ岳

富士山と八ヶ岳

白馬岳、唐松岳、五竜岳方面

白馬岳、唐松岳、五竜岳方面

白馬岳、唐松岳、五竜岳方面

爺ヶ岳方面への縦走路

爺ヶ岳方面への縦走路

爺ヶ岳方面への縦走路

布引山

布引山

布引山

剱岳!

剱岳!

剱岳!

鹿島槍ヶ岳、布引山

鹿島槍ヶ岳、布引山

鹿島槍ヶ岳、布引山

?

冷池山荘

冷池山荘

冷池山荘

冷池山荘の夕食

冷池山荘の夕食

冷池山荘の夕食

3日目朝
ヘッデン点けてスタート

3日目朝 ヘッデン点けてスタート

3日目朝 ヘッデン点けてスタート

初めて雷鳥に会えた!
全然逃げない
冬毛に変わりつつある

初めて雷鳥に会えた! 全然逃げない 冬毛に変わりつつある

初めて雷鳥に会えた! 全然逃げない 冬毛に変わりつつある

爺ヶ岳北峰を通り過ぎてしまい、戻って直登した山頂はハイマツで進めず標識も無さそう

爺ヶ岳北峰を通り過ぎてしまい、戻って直登した山頂はハイマツで進めず標識も無さそう

爺ヶ岳北峰を通り過ぎてしまい、戻って直登した山頂はハイマツで進めず標識も無さそう

モルゲンロートがきれい
岩小屋沢岳?鳴沢岳?

モルゲンロートがきれい 岩小屋沢岳?鳴沢岳?

モルゲンロートがきれい 岩小屋沢岳?鳴沢岳?

爺ヶ岳中峰への途上で御来光

爺ヶ岳中峰への途上で御来光

爺ヶ岳中峰への途上で御来光

爺ヶ岳中峰(本峰)2670m登頂!

爺ヶ岳中峰(本峰)2670m登頂!

爺ヶ岳中峰(本峰)2670m登頂!

Touch!

Touch!

Touch!

爺ヶ岳南峰登頂!

爺ヶ岳南峰登頂!

爺ヶ岳南峰登頂!

雲海が素晴らしい!

雲海が素晴らしい!

雲海が素晴らしい!

ふり返って爺ヶ岳北峰・中峰

ふり返って爺ヶ岳北峰・中峰

ふり返って爺ヶ岳北峰・中峰

鹿島槍ヶ岳方面

鹿島槍ヶ岳方面

鹿島槍ヶ岳方面

種池山荘のオレンジ色の屋根が可愛い🥰

種池山荘のオレンジ色の屋根が可愛い🥰

種池山荘のオレンジ色の屋根が可愛い🥰

扇沢へ下ります

扇沢へ下ります

扇沢へ下ります

針ノ木岳

針ノ木岳

針ノ木岳

?

終了!

終了!

終了!

扇沢バスターミナル

扇沢バスターミナル

扇沢バスターミナル

冷池山荘の弁当(朝食)を信濃大町駅で食す

冷池山荘の弁当(朝食)を信濃大町駅で食す

冷池山荘の弁当(朝食)を信濃大町駅で食す

前夜泊した八方池山荘の夕食はバイキング形式

八方池山荘

唐松岳への途中、人生2度目のブロッケン現象が発現(1回目は槍ヶ岳の山頂で)

白馬三山 右から白馬岳、杓子岳、白馬鑓ヶ岳

右が五竜岳、左の双耳峰が鹿島槍ヶ岳

八方山を示すケルン

八方池。 左奥から不帰ノ嶮(かえらずのけん)、天狗の大下り 右側は白馬三山

私です

白馬三山

手前が五竜岳、奥が鹿島槍ヶ岳

丸山ケルンから新潟方面!?

唐松岳!

唐松岳山頂域

唐松岳2696m登頂!

Touch!

唐松山荘方面

白馬方面

剱岳の威容

槍ヶ岳や穂高も

牛首?

これから進む縦走路 奥は五竜岳

牛首?

堕ちたらあの世行き

大黒岳山頂は立入禁止

唐松岳と牛首か

後は五竜岳です

白岳へ登りましたが標識なし

五竜山荘と背後に五竜岳

五竜山荘

「逃げ道がない」と 怖い!

五竜山荘から夕景

五竜山荘の夕食は名物のカレー 冷めてたよ

夕食後外へ出ると日没

五竜山荘から月と大町市内の夜景

2日目朝 五竜岳山頂直下から御来光を

八ヶ岳と富士山

五竜岳2814m登頂!

Touch!

五竜岳の影が雲に写る

鹿島槍ヶ岳

五竜山荘が

新潟方面?

剱岳のモルゲンロート

八ヶ岳と富士山

いざ上級コース 後は鹿島槍ヶ岳

これから進む縦走路

G4

G4⇔G5

G5

これを登らすか

北尾根の頭の手前で五竜山荘の弁当(朝ご飯)を食す

北尾根の頭 背後に剱・立山

鹿島槍ヶ岳が近付いてきた

よくまぁこんなところに山小屋を建てたもんだ

休業中

八峰キレット クサリ・ハシゴがいっぱい

八峰キレットの核心部

鹿島槍ヶ岳北峰登頂! 後は南峰(本峰)

槍様、穂様

鹿島槍ヶ岳南峰(本峰)2889m登頂! 背後に剱岳・立山

Touch!

ふり返って鹿島槍ヶ岳北峰

富士山と八ヶ岳

白馬岳、唐松岳、五竜岳方面

爺ヶ岳方面への縦走路

布引山

剱岳!

鹿島槍ヶ岳、布引山

冷池山荘

冷池山荘の夕食

3日目朝 ヘッデン点けてスタート

初めて雷鳥に会えた! 全然逃げない 冬毛に変わりつつある

爺ヶ岳北峰を通り過ぎてしまい、戻って直登した山頂はハイマツで進めず標識も無さそう

モルゲンロートがきれい 岩小屋沢岳?鳴沢岳?

爺ヶ岳中峰への途上で御来光

爺ヶ岳中峰(本峰)2670m登頂!

Touch!

爺ヶ岳南峰登頂!

雲海が素晴らしい!

ふり返って爺ヶ岳北峰・中峰

鹿島槍ヶ岳方面

種池山荘のオレンジ色の屋根が可愛い🥰

扇沢へ下ります

針ノ木岳

終了!

扇沢バスターミナル

冷池山荘の弁当(朝食)を信濃大町駅で食す

類似するルートを通った活動日記