白馬岳ピストンと蓮華温泉

2021.10.15(金) 日帰り

事前に地図をダウンロードしておくのを忘れてしまい、登山口の遥か前から電波が無く、地図無しの活動となってしまいました。登頂した山が残らないので残念です😢※後から反映されました。 北アルプス周辺の山小屋は今週末に小屋閉めを迎えるという事で、いろいろ迷った末に白馬岳にしました。 登山開始時間は午前7時。風は強いですが上に雲は無く周りの山々もきれいに見えました。遠くには富士山や八ヶ岳、槍ヶ岳や剱岳など。白馬大池まではキツ過ぎない適度な登りでじわじわと高度を上げていきます。白馬大池から小蓮華山、白馬岳は所々急ではあるけど比較的歩きやすく景色が素晴らしいので、それほど辛さは感じません。(歩く度に姿を変える稜線が特に美しい。)白馬山荘で少し休憩して折り返し(11:50)下りは蓮華温泉を楽しみに急足で歩き(下りも景色は最高)、15:15に蓮華温泉に到着。一度来てみたかった蓮華温泉で念願の入浴タイム。高天原の温泉よりもワイルドな野天湯で登山の疲れを癒しました。 【各ポイントの時刻】 蓮華温泉登山口 7:00 白馬大池    9:00 船越ノ頭    9:33 小蓮華山    10:08 白馬岳     11:08 白馬山荘    11:19 白馬岳     12:02 小蓮華山    12:51 白馬大池山荘  13:45 天狗の庭    14:32 蓮華温泉    15:15 蓮華温泉登山口 16:05

蓮華白池とモルゲンロートの朝日岳①

蓮華白池とモルゲンロートの朝日岳①

蓮華白池とモルゲンロートの朝日岳①

蓮華白池とモルゲンロートの朝日岳②

蓮華白池とモルゲンロートの朝日岳②

蓮華白池とモルゲンロートの朝日岳②

雪倉岳

雪倉岳

雪倉岳

下の方はまだ紅葉が残っていました。

下の方はまだ紅葉が残っていました。

下の方はまだ紅葉が残っていました。

天狗の庭①

天狗の庭①

天狗の庭①

天狗の庭②

天狗の庭②

天狗の庭②

日本海方向

日本海方向

日本海方向

雪倉岳(左)と朝日岳(中央)

雪倉岳(左)と朝日岳(中央)

雪倉岳(左)と朝日岳(中央)

白馬大池分岐

白馬大池分岐

白馬大池分岐

白馬大池と白馬大池山荘

白馬大池と白馬大池山荘

白馬大池と白馬大池山荘

美しい稜線歩きが始まります。

美しい稜線歩きが始まります。

美しい稜線歩きが始まります。

八ヶ岳方向は雲海

八ヶ岳方向は雲海

八ヶ岳方向は雲海

白馬大池と妙高戸隠連山

白馬大池と妙高戸隠連山

白馬大池と妙高戸隠連山

船越ノ頭

船越ノ頭

船越ノ頭

亀の甲羅みたいな稜線

亀の甲羅みたいな稜線

亀の甲羅みたいな稜線

八ヶ岳方向

八ヶ岳方向

八ヶ岳方向

遠くには富士山の姿が

遠くには富士山の姿が

遠くには富士山の姿が

白馬鑓岳)

白馬鑓岳)

白馬鑓岳)

小蓮華山

小蓮華山

小蓮華山

剣のモニュメント

剣のモニュメント

剣のモニュメント

白馬岳(左端)へ続く稜線。こっちは巨大トカゲの背中かな?

白馬岳(左端)へ続く稜線。こっちは巨大トカゲの背中かな?

白馬岳(左端)へ続く稜線。こっちは巨大トカゲの背中かな?

歩いてきた稜線

歩いてきた稜線

歩いてきた稜線

分岐点

分岐点

分岐点

もはや芸術的な稜線

もはや芸術的な稜線

もはや芸術的な稜線

稜線好きにはたまらない!

稜線好きにはたまらない!

稜線好きにはたまらない!

遠くには白山が見えます。(中央)

遠くには白山が見えます。(中央)

遠くには白山が見えます。(中央)

白馬岳山頂に到着。

白馬岳山頂に到着。

白馬岳山頂に到着。

八ヶ岳と富士山(左側)と南アルプス(右側)。
手前中央は霧ヶ峰

八ヶ岳と富士山(左側)と南アルプス(右側)。 手前中央は霧ヶ峰

八ヶ岳と富士山(左側)と南アルプス(右側)。 手前中央は霧ヶ峰

白馬山荘と北アルプス①

白馬山荘と北アルプス①

白馬山荘と北アルプス①

白馬山荘と北アルプス②

白馬山荘と北アルプス②

白馬山荘と北アルプス②

白馬山荘

白馬山荘

白馬山荘

剱・立山連峰白馬岳頂上宿舎

剱・立山連峰白馬岳頂上宿舎

剱・立山連峰白馬岳頂上宿舎

松沢貞逸レリーフ

松沢貞逸レリーフ

松沢貞逸レリーフ

遠くに望む霊峰白山

遠くに望む霊峰白山

遠くに望む霊峰白山

ちょっとロッキーな部分もあります。

ちょっとロッキーな部分もあります。

ちょっとロッキーな部分もあります。

この山だけで稜線の写真展開けます。笑

この山だけで稜線の写真展開けます。笑

この山だけで稜線の写真展開けます。笑

赤茶けた石

赤茶けた石

赤茶けた石

ちょっと怪しい雲が出てきました。

ちょっと怪しい雲が出てきました。

ちょっと怪しい雲が出てきました。

今週末で終了の白馬大池山荘

今週末で終了の白馬大池山荘

今週末で終了の白馬大池山荘

売店とテント受付入口

売店とテント受付入口

売店とテント受付入口

小屋裏(栂池方面の登山道)からの白馬大池

小屋裏(栂池方面の登山道)からの白馬大池

小屋裏(栂池方面の登山道)からの白馬大池

帰りの天狗の庭。雲海が厚くなっていました。

帰りの天狗の庭。雲海が厚くなっていました。

帰りの天狗の庭。雲海が厚くなっていました。

雲海の中に入ります。

雲海の中に入ります。

雲海の中に入ります。

登山道に落ちた葉が美しい!

登山道に落ちた葉が美しい!

登山道に落ちた葉が美しい!

蓮華温泉につきました!(念願の蓮華温泉野天風呂)

蓮華温泉につきました!(念願の蓮華温泉野天風呂)

蓮華温泉につきました!(念願の蓮華温泉野天風呂)

蓮華温泉【黄金湯】(少しぬるめ)

蓮華温泉【黄金湯】(少しぬるめ)

蓮華温泉【黄金湯】(少しぬるめ)

【薬師湯】野天湯には脱衣所はありません。(ここは熱めの湯でした)

【薬師湯】野天湯には脱衣所はありません。(ここは熱めの湯でした)

【薬師湯】野天湯には脱衣所はありません。(ここは熱めの湯でした)

【仙気ノ湯】ここがよくポスターやパンフレットに出てくる風呂です。(一番広い浴槽)三人入っていました。私は入らず。

【仙気ノ湯】ここがよくポスターやパンフレットに出てくる風呂です。(一番広い浴槽)三人入っていました。私は入らず。

【仙気ノ湯】ここがよくポスターやパンフレットに出てくる風呂です。(一番広い浴槽)三人入っていました。私は入らず。

【三国一ノ湯】一番小さくお湯もぬるいです。(他の野天風呂より一番下にある)ここもスルーしました。

【三国一ノ湯】一番小さくお湯もぬるいです。(他の野天風呂より一番下にある)ここもスルーしました。

【三国一ノ湯】一番小さくお湯もぬるいです。(他の野天風呂より一番下にある)ここもスルーしました。

蓮華温泉ロッジ。ここで入浴料金を払います。(後払いでも大丈夫👌🏻)ちゃんと払いましょう。

蓮華温泉ロッジ。ここで入浴料金を払います。(後払いでも大丈夫👌🏻)ちゃんと払いましょう。

蓮華温泉ロッジ。ここで入浴料金を払います。(後払いでも大丈夫👌🏻)ちゃんと払いましょう。

朝方のバイクはメチャクチャ寒かったですが、頑張って来て良かったです。

朝方のバイクはメチャクチャ寒かったですが、頑張って来て良かったです。

朝方のバイクはメチャクチャ寒かったですが、頑張って来て良かったです。

市道蓮華線ゲート

市道蓮華線ゲート

市道蓮華線ゲート

アーベンの雨飾山(かな?)

アーベンの雨飾山(かな?)

アーベンの雨飾山(かな?)

蓮華白池とモルゲンロートの朝日岳①

蓮華白池とモルゲンロートの朝日岳②

雪倉岳

下の方はまだ紅葉が残っていました。

天狗の庭①

天狗の庭②

日本海方向

雪倉岳(左)と朝日岳(中央)

白馬大池分岐

白馬大池と白馬大池山荘

美しい稜線歩きが始まります。

八ヶ岳方向は雲海

白馬大池と妙高戸隠連山

船越ノ頭

亀の甲羅みたいな稜線

八ヶ岳方向

遠くには富士山の姿が

白馬鑓岳)

小蓮華山

剣のモニュメント

白馬岳(左端)へ続く稜線。こっちは巨大トカゲの背中かな?

歩いてきた稜線

分岐点

もはや芸術的な稜線

稜線好きにはたまらない!

遠くには白山が見えます。(中央)

白馬岳山頂に到着。

八ヶ岳と富士山(左側)と南アルプス(右側)。 手前中央は霧ヶ峰

白馬山荘と北アルプス①

白馬山荘と北アルプス②

白馬山荘

剱・立山連峰白馬岳頂上宿舎

松沢貞逸レリーフ

遠くに望む霊峰白山

ちょっとロッキーな部分もあります。

この山だけで稜線の写真展開けます。笑

赤茶けた石

ちょっと怪しい雲が出てきました。

今週末で終了の白馬大池山荘

売店とテント受付入口

小屋裏(栂池方面の登山道)からの白馬大池

帰りの天狗の庭。雲海が厚くなっていました。

雲海の中に入ります。

登山道に落ちた葉が美しい!

蓮華温泉につきました!(念願の蓮華温泉野天風呂)

蓮華温泉【黄金湯】(少しぬるめ)

【薬師湯】野天湯には脱衣所はありません。(ここは熱めの湯でした)

【仙気ノ湯】ここがよくポスターやパンフレットに出てくる風呂です。(一番広い浴槽)三人入っていました。私は入らず。

【三国一ノ湯】一番小さくお湯もぬるいです。(他の野天風呂より一番下にある)ここもスルーしました。

蓮華温泉ロッジ。ここで入浴料金を払います。(後払いでも大丈夫👌🏻)ちゃんと払いましょう。

朝方のバイクはメチャクチャ寒かったですが、頑張って来て良かったです。

市道蓮華線ゲート

アーベンの雨飾山(かな?)

この活動日記で通ったコース

体力度
3

村営猿倉荘のある猿倉登山口から入山し、白馬大雪渓を経由して白馬岳頂上に至り、そのまま先へ進んで小蓮華山、白馬乗鞍岳、白馬大池を経由して栂池自然園へと下山する白馬岳満喫コースだ。通常、日帰りでは歩けないコースであるため、頂上直下にある日本最大の収容人数を誇る白馬山荘や頂上宿舎で1泊し、2日目に栂池方面へと下山するといいだろう。大雪渓は雪道かつ上部からの落石があるため、アイゼンとヘルメットが必要となる。夏期、雪渓の上部は日本有数の高山植物のお花畑が広がり白馬のお花畑とよばれている。白馬大池から白馬岳に向かう稜線からの展望が素晴らしく白馬大池は北アルプス北部白馬乗鞍岳直下、標高2,379mにある雲上の湖。夏期は白馬大池周辺に、チングルマやハクサンコザクラ、ハクサンイチゲなどを中心とした高山植物のお花畑が広がり、登山者の目を楽しませてくれる人気のエリアである。