リベンジ前掛山

2021.10.15(金) 日帰り

活動データ

タイム

08:27

距離

17.0km

上り

1529m

下り

1525m

チェックポイント

DAY 1
合計時間
8 時間 27
休憩時間
51
距離
17.0 km
上り / 下り
1529 / 1525 m
1
46
1
1 54
1 9
17
5
19
5
25
25

活動詳細

すべて見る

査察官達が訪問中なのに、山登りしたいな〰️〰️。ダメもとで「山へ行ってもいいかな〰️〰️?」「いいよ!私達コースランチ食べに行く予定だから」「えっ?」沖縄ナンバーで来た査察官達から思いがけない答えが!よっしゃ〰️〰️!昨日のお酒(ワイロ)が効いたかな? 前回ガスで見晴らしが少なかった前掛山にリベンジ。ビジターセンターの駐車場は8割埋まってる。今日平日だよ。多分平日だよね?人気の山はスゲーな〰️〰️。 ちょっと肌寒かったけど、歩き始めたらポカポカ。この季節最高やな。振り返ると北アルプスが良く見える。途中、素敵な人に追い越されて、めちゃ生き生きしてる。こういう人に会えるのも山の魅力なのかな?トーミの頭から見える絶景もいいね。 草すべり急坂の下りは、、、ちょっと苦手かな?でも、Jバンドを下る勇気は高所恐怖症のおいらには無理!ムリ!!苦手でも、このコースしかおいらにはないかな。 砂、石だらけの登りを上がりながら知人に言われた事を考えてた。「山登り?なんでわざわざ辛い思いをして山登りするの?ドM?」なんて言われた。確かにそうかもしれないけど、、、でもね、初心者のおいらは可愛いレベルなんだ。瑞牆山を4回も往復してトレーニングしたり、烏帽子~湯の丸を行ったり来たりしている素敵な人もいるんだよ。あとね、第二回バンナ耐久っていう全国大会を開催している人もいる。全国大会を主催して、しかも出場者。ルマンレベルの耐久レースだそうで、ルマンにはない3、4周目は逆走コース。熱い環境下、厳しいルート設定にもかかわらず、6周にも及ぶ過酷なレース。5万人市民の期待通り、優勝を勝ち取る強者。主催者だよ!ピット作業っていう主催者側のお仕事もあるのにぶっちぎりの優勝ってすごくない?っていう事を丁寧に説明したつもりなんだけど、「ドMの集まりなの?」の一言、、、このだらだらした登りを体験するとそうかもしれない。 稜線に出て、景色を楽しむ。この景色をず〰️〰️と見ていられるけど、査察官からの呼び出しが怖いから、ちょっとだけにして、前掛山の山頂から浅間山を眺める。ちょっと近いかな? 下りは楽しい。快調に下っていると、重装備の方達が登ってくる。スコップと重い金棒を持ってるぞ。スゲーー!!聞くと標識をこれから新設するそうだ。こういう方達のお陰で初心者のおいらでも登山が楽しめる。本当にありがとうございます。 Jバンドに登る前に小休止。おいらにとって、めちゃ急登だから気合い入れなきゃ。稜線で話をした素敵な方も同じルートみたい。黙々と急登を進んで行く。スゲ〰️〰️な〰️〰️。おいらはポッコリお腹が重くて、重くてって言い訳。高所恐怖症?全然大丈夫じゃん。恐怖症を克服したおいらは最強だぜ!!って、思った直後に下を見てチン(以降、不適切な表現が含まれるため削除しました。教育的指導) ノコノコから見る浅間山もいいね〰️〰️。さっ、仙人、蛇骨に行くぞ〰️〰️。この稜線からも下が見えてしまう。恐怖症が継続中のようで、見た瞬間に体が反応してしまいタマ(以降、不適切な表現が含まれるため削除しました。教育的指導、2回目。警告、警告) 体が反応してしまうんだから、仕方ないのかな。って諦めモード。ペースもグダグタ。足が進まない。道を譲る為に立ち止まり、視線をちょっとずらしただけで、下が見えてしまった。見るつもりは全く無いのに強烈に飛び込んで来てしまう。意識しない様にって思う心が意識してしまっている!この時もチン(以降、不適切な表現が含まれ、指導3回目により以後の全文を削除しました)

もしも不適切なコンテンツをお見かけした場合はお知らせください。