錦秋の谷川岳馬蹄形ラウンド⛰

2021.10.15(金) 日帰り

活動データ

タイム

08:53

距離

24.0km

上り

2881m

下り

2886m

チェックポイント

DAY 1
合計時間
8 時間 53
休憩時間
15
距離
24.0 km
上り / 下り
2881 / 2886 m

活動詳細

すべて見る

【山行概要】 谷川岳インフォメーションセンター駐車場を出発。西黒尾根から、谷川岳山頂(トマノ耳・オキノ耳)。そこから谷川岳馬蹄形縦走路に沿って、一ノ倉岳、茂倉岳、武能岳、七ッ小屋山、朝日岳、笠ヶ岳、白毛門へと縦走。谷川岳インフォメーションセンター駐車場に戻るラウンドコース。スント毎秒計測で27.3km。 (YamapのiPhoneアプリは10秒計測なので実際の距離より短く表示されてしまうため、スントの毎秒計測を載せています。) :-:-:-:-:-:-:-:-:-:-:-:-:-:-:-:-: 秋も深まってきましたね😊!芸術の秋、読書の秋、スポーツの秋、食欲の秋、みなさんの秋はなんでしょうか。先日スーパーで秋刀魚が500円で売られているの見て悶絶したりょうです😆! やっぱり、紅葉の山に登りたい🍁!この時期がくると、なんか心ソワソワしちゃいます。西沢渓谷の紅葉綺麗なんだよな〜(橋が壊れていて通れないみたいだけど)。安達太良山もいいよな〜。ここもあそこもいいよな〜。 と楽しく😆!悩んだのですが、そういえば🤔紅葉の時期に行ったことないな〜と、谷川岳に決定👍!決定していたのですが...😅、天気と予定がとにかく噛み合わず、なんかずるずると行けずじまい。もう紅葉そろそろ終わりなんじゃないか😩!?というギリギリのところで、なんとか滑り込みました🤗! 各種情報をもとに予想した本日の天気は、早朝雲が出る可能性があるものの、日中は基本晴れ。全くその通りになりました!谷川連峰は2,000mに満たない山脈ですが、まるでアルプス縦走しているかのようなダイナミックな山容が最大の魅力ですね!今回はそれをたっぷり満喫するために、馬蹄形縦走路をめぐってきました。 谷川岳の稜線の紅葉は終盤でしたが、朝日岳の稜線の紅葉は残っていてくれたことと、好天に恵まれて、見たかった景色を存分に楽しむことができました! 今日もすごく楽しかった😆!お疲れ様でした〜🤗!

谷川岳・七ツ小屋山・大源太山 谷川岳インフォメーションセンター駐車場を出発!ここから西黒尾根に取りつきます。
谷川岳インフォメーションセンター駐車場を出発!ここから西黒尾根に取りつきます。
谷川岳・七ツ小屋山・大源太山 ご来光!
ご来光!
谷川岳・七ツ小屋山・大源太山 朝日に照らされる、天神山から谷川岳への稜線。
朝日に照らされる、天神山から谷川岳への稜線。
谷川岳・七ツ小屋山・大源太山 谷川岳肩ノ小屋に到着!谷川岳の稜線は雲の上でしたが、万太郎山方面は完全に雲海の下。
谷川岳肩ノ小屋に到着!谷川岳の稜線は雲の上でしたが、万太郎山方面は完全に雲海の下。
谷川岳・七ツ小屋山・大源太山 久しぶりに、万太郎山へと連なる稜線を眺められればいいな〜と思っていたのですが、このとおり雲海の下。でも、これはこれで荘厳。まるで生き物のように姿形を変えながら流れゆく雲をじっと見つめちゃいました。
久しぶりに、万太郎山へと連なる稜線を眺められればいいな〜と思っていたのですが、このとおり雲海の下。でも、これはこれで荘厳。まるで生き物のように姿形を変えながら流れゆく雲をじっと見つめちゃいました。
谷川岳・七ツ小屋山・大源太山 トマノ耳に到着!
トマノ耳に到着!
谷川岳・七ツ小屋山・大源太山 トマノ耳から、双耳峰である谷川岳のもう一つの山頂オキノ耳と、これから向かう一ノ倉岳と茂倉岳への稜線。
トマノ耳から、双耳峰である谷川岳のもう一つの山頂オキノ耳と、これから向かう一ノ倉岳と茂倉岳への稜線。
谷川岳・七ツ小屋山・大源太山 オキノ耳に到着!
オキノ耳に到着!
谷川岳・七ツ小屋山・大源太山 オキノ耳から振り返って、ついさっき立っていたトマノ耳を撮影。
オキノ耳から振り返って、ついさっき立っていたトマノ耳を撮影。
谷川岳・七ツ小屋山・大源太山 雲が晴れました!一ノ倉岳から、オジカ沢ノ頭。
雲が晴れました!一ノ倉岳から、オジカ沢ノ頭。
谷川岳・七ツ小屋山・大源太山 茂倉岳手前から、谷川岳を振り返って撮影。
茂倉岳手前から、谷川岳を振り返って撮影。
谷川岳・七ツ小屋山・大源太山 同じく茂倉岳手前から、もう一度、先程は雲海の下だったオジカ沢ノ頭に、秋の彩を添えて。
同じく茂倉岳手前から、もう一度、先程は雲海の下だったオジカ沢ノ頭に、秋の彩を添えて。
谷川岳・七ツ小屋山・大源太山 同じく茂倉岳手前から、オジカ沢ノ頭と谷川岳の稜線。次はあちらを歩きたい!
同じく茂倉岳手前から、オジカ沢ノ頭と谷川岳の稜線。次はあちらを歩きたい!
谷川岳・七ツ小屋山・大源太山 茂倉岳に到着!
茂倉岳に到着!
谷川岳・七ツ小屋山・大源太山 茂倉岳から振り返って、一ノ倉岳と谷川岳を撮影。いい天気!
茂倉岳から振り返って、一ノ倉岳と谷川岳を撮影。いい天気!
谷川岳・七ツ小屋山・大源太山 お花はほとんど残っていませんでしたが、シモツケソウが待っていてくれました!
お花はほとんど残っていませんでしたが、シモツケソウが待っていてくれました!
谷川岳・七ツ小屋山・大源太山 茂倉岳を下ります。武能岳へ続く、谷川連峰らしいダイナミックな稜線。
茂倉岳を下ります。武能岳へ続く、谷川連峰らしいダイナミックな稜線。
谷川岳・七ツ小屋山・大源太山 秋色に染まる、茂倉岳の山肌。
秋色に染まる、茂倉岳の山肌。
谷川岳・七ツ小屋山・大源太山 武能岳より振り返って、今下ってきた茂倉岳からの尾根を撮影。これぞ谷川連峰!というダイナミックな稜線です。
武能岳より振り返って、今下ってきた茂倉岳からの尾根を撮影。これぞ谷川連峰!というダイナミックな稜線です。
谷川岳・七ツ小屋山・大源太山 そして進行方向、武能岳から清水峠に至る稜線。ここまでとはガラッと変わって、たおやかな尾根。素晴らしい!この変化に富んだトレイルが馬蹄形の最大の魅力ですね!
そして進行方向、武能岳から清水峠に至る稜線。ここまでとはガラッと変わって、たおやかな尾根。素晴らしい!この変化に富んだトレイルが馬蹄形の最大の魅力ですね!
谷川岳・七ツ小屋山・大源太山 ここは走っちゃいますね!楽しい💕!
ここは走っちゃいますね!楽しい💕!
谷川岳・七ツ小屋山・大源太山 わ〜😍ウメバチソウが残っていてくれました!
わ〜😍ウメバチソウが残っていてくれました!
谷川岳・七ツ小屋山・大源太山 アキノキリンソウも!
アキノキリンソウも!
谷川岳・七ツ小屋山・大源太山 そして、馬蹄形のもう一人の盟主。紅葉に美しく彩られた朝日岳に取りつきます。
そして、馬蹄形のもう一人の盟主。紅葉に美しく彩られた朝日岳に取りつきます。
谷川岳・七ツ小屋山・大源太山 黄金に輝く斜面。いいですね〜👍!
黄金に輝く斜面。いいですね〜👍!
谷川岳・七ツ小屋山・大源太山 朝日岳途中から。紅葉のデコレーションの向こうに、先程歩いた谷川岳の稜線。
朝日岳途中から。紅葉のデコレーションの向こうに、先程歩いた谷川岳の稜線。
谷川岳・七ツ小屋山・大源太山 草紅葉に彩られた、朝日岳山頂直下の湿原。
草紅葉に彩られた、朝日岳山頂直下の湿原。
谷川岳・七ツ小屋山・大源太山 朝日岳に到着!
朝日岳に到着!
谷川岳・七ツ小屋山・大源太山 朝日岳山頂から、これから向かう笠ヶ岳に続く稜線。その向こうは谷川岳。またダイナミックな稜線歩きが始まります。
朝日岳山頂から、これから向かう笠ヶ岳に続く稜線。その向こうは谷川岳。またダイナミックな稜線歩きが始まります。
谷川岳・七ツ小屋山・大源太山 笠ヶ岳まで、あと少し!
笠ヶ岳まで、あと少し!
谷川岳・七ツ小屋山・大源太山 笠ヶ岳山頂から、谷川岳。これ以降、谷川岳の稜線は雲の中に。
笠ヶ岳山頂から、谷川岳。これ以降、谷川岳の稜線は雲の中に。
谷川岳・七ツ小屋山・大源太山 ミヤマリンドウが!健気に一株だけ残っていてくれました。
ミヤマリンドウが!健気に一株だけ残っていてくれました。
谷川岳・七ツ小屋山・大源太山 ナナカマドの実。青空に映えます。
ナナカマドの実。青空に映えます。
谷川岳・七ツ小屋山・大源太山 谷川岳インフォメーションセンター駐車場にゴール!

今日もすごく楽しかった😆!お疲れ様でした〜🤗!
谷川岳インフォメーションセンター駐車場にゴール! 今日もすごく楽しかった😆!お疲れ様でした〜🤗!

もしも不適切なコンテンツをお見かけした場合はお知らせください。