白馬岳

2021.10.15(金) 2 DAYS

活動データ

タイム

09:42

距離

14.1km

上り

1842m

下り

1845m

チェックポイント

DAY 1
合計時間
5 時間 26
休憩時間
20
距離
7.0 km
上り / 下り
1737 / 139 m
1
49
1 51
1 29
11
DAY 2
合計時間
4 時間 16
休憩時間
0
距離
7.1 km
上り / 下り
103 / 1705 m

活動詳細

すべて見る

 ラストチャンスで白馬岳へ。登山口は・・・・、ロープウェイの待ち時間が面倒なのと、2日目が荒天だと稜線歩きは辛そうなので、パーキングフリーの猿倉から。  国道19号線の迂回ルートナビがスマホの接続不良でアウト。えらく遠回りしてやっと到着。林道は比較的走りやすく、この時期、駐車場もガラガラ。    初日は快晴、ザックも軽目で快調。雪渓はまだ分厚い雪が残り、落石もゴロゴロ。5分ちょい位で通過して割と傾斜のきつい斜面を登り切り稜線へ。  稜線は強風、快晴。 そこに、剱岳がど~んと大迫力で迫り、富士山もお出まし。  山頂からは360度の展望。槍ヶ岳、奥穂、前穂もくっきり。思ったより大きく見えてびっくり。向こうからの白馬岳はかなり小さく、鹿島槍ヶ岳の奥の方に見えたけど。  稜線の向こうは雲海、日本海からの強い風が非対称稜線に吹き付け崖の向こうに駆け抜ける。  大展望を満喫し、強風のため当初予定の稜線歩きは止めて山荘へ。  山荘は暖がなく意外に寒い。自炊室で昼食。ビール=¥900。  部屋は比較的広いけど、相部屋で仕切りなし。  水は出るけど要節水。  食事は朝夕5時。 質/量ともに◎。美味しい。  一応、隣とは仕切りがあるけど、話し声は聞こえて煩い。  消灯は9時。  天気予報はロビーにあるけど、翌日の午前中の予報ははずれ。  最終日は雪予報で荒天・・・。  2日目は強風にガスガス。少し稜線歩いて様子を見るも、推定20m/s超の爆風が吹き付け、動くのも難しい・・・。時間が経つと更に風速上がる予報なので、白馬三山縦走は止めて、即下山。  幾つかの天気予報サイトの悪いところを集めるとこの天候になるけど・・・、  平均ではこんなに酷くない筈・・・。  教訓として、日本海に近い高度稜線の天候状態は非常~に厳しい! と言うことかな。  ガスっていると手ごわそうなのが雪渓歩き。予想通り、真っ白で何も見えず。雪渓取りつきに出るも、登りルートと異なり、雪渓ルートが長そう。アイゼンあればよかったけど不携帯なので、少し戻り、ルーファンにトライ。でもやっぱズレてる。仕方ないのでログを一度止めて、昨日の軌跡をダウンロードして再起動。ずれを修正して登りと同じルートにオン。  赤マークの付いた雪渓を渡り切り対岸ルートへ。  高度を下げると明るくなり、青空も。  今日は雪渓から上は別世界の様。  登りも下りもほぼ貸し切り状態。  静かな晩秋の雪渓歩きと稜線からの大展望を堪能できました!    

もしも不適切なコンテンツをお見かけした場合はお知らせください。