茂倉岳 一ノ倉岳 武能岳

2021.10.14(木) 日帰り

大源太山、七ツ小屋山を登った時に見た、蓬峠から茂倉岳に繋がる素晴らしい稜線が見たくて、土樽から登りました。 ついでに谷川岳への道はどんな感じか知りたいので、一ノ倉岳から少し先まで足を伸ばしました。 谷川岳を目の前にして、登ってみたくなりましたかが、元々予定してないし、時間も無いので止めておきました。 この日は天気もよくて風も無く、谷川岳に登るのに最高の日でしたが、また来年にしたいと思います。 下山は蓬峠経由で、途中には武能岳。気分は下山モードなのに、武能岳に向かう急登を登るのは大変辛いものでしたが、山頂からの景色は360°素晴らしく、疲れも吹き飛ぶぐらいです。 蓬峠から土樽への道は、下りも少しキツくて、しかも大変距離が長い長いですが、登山道は西日が深く差し込み明るくて爽やか。色づいた葉も日に照らされ輝いて、素晴らしい紅葉🍁が楽しめました。

登山口

登山口

登山口

登り始めは岩がゴツゴツ

登り始めは岩がゴツゴツ

登り始めは岩がゴツゴツ

しばらくすると根っこゾーンがあります

しばらくすると根っこゾーンがあります

しばらくすると根っこゾーンがあります

登山道を塞いでるので、気をつけて乗り越えます

登山道を塞いでるので、気をつけて乗り越えます

登山道を塞いでるので、気をつけて乗り越えます

万太郎山方向

万太郎山方向

万太郎山方向

矢場の頭

矢場の頭

矢場の頭

本日の目標、茂倉岳

本日の目標、茂倉岳

本日の目標、茂倉岳

関越トンネルの排気口らしい

関越トンネルの排気口らしい

関越トンネルの排気口らしい

土樽、湯沢方向

土樽、湯沢方向

土樽、湯沢方向

トンネル排気口に向かい一直線

トンネル排気口に向かい一直線

トンネル排気口に向かい一直線

万太郎ー谷川岳の稜線

万太郎ー谷川岳の稜線

万太郎ー谷川岳の稜線

オジカ沢ノ頭?

オジカ沢ノ頭?

オジカ沢ノ頭?

谷川岳ーオジカ沢ノ頭の稜線

谷川岳ーオジカ沢ノ頭の稜線

谷川岳ーオジカ沢ノ頭の稜線

オジカ沢ノ頭
なかなか迫力があります

オジカ沢ノ頭 なかなか迫力があります

オジカ沢ノ頭 なかなか迫力があります

谷川岳もはっきり見えてきました

谷川岳もはっきり見えてきました

谷川岳もはっきり見えてきました

茂倉岳

茂倉岳

茂倉岳

茂倉岳山頂
バックに大源太山、蓬峠の稜線

茂倉岳山頂 バックに大源太山、蓬峠の稜線

茂倉岳山頂 バックに大源太山、蓬峠の稜線

谷川岳

谷川岳

谷川岳

一ノ倉岳山頂
茂倉岳で下山の予定でしたが、近いので行ってみました

一ノ倉岳山頂 茂倉岳で下山の予定でしたが、近いので行ってみました

一ノ倉岳山頂 茂倉岳で下山の予定でしたが、近いので行ってみました

谷川岳
一ノ倉岳を少し下って様子を見てきました。
迫力あります

谷川岳 一ノ倉岳を少し下って様子を見てきました。 迫力あります

谷川岳 一ノ倉岳を少し下って様子を見てきました。 迫力あります

生々しい岩肌

生々しい岩肌

生々しい岩肌

あの谷川岳を目の前にして、予定してなかったが、登りたくなってきた

あの谷川岳を目の前にして、予定してなかったが、登りたくなってきた

あの谷川岳を目の前にして、予定してなかったが、登りたくなってきた

ここから山頂まで50分。往復すると、下山の途中で日没する可能性あり。天神ロープウェイまで行く方法もありますが、土合発13:49の電車に間に合うかも微妙。その次は、17:59。

ここから山頂まで50分。往復すると、下山の途中で日没する可能性あり。天神ロープウェイまで行く方法もありますが、土合発13:49の電車に間に合うかも微妙。その次は、17:59。

ここから山頂まで50分。往復すると、下山の途中で日没する可能性あり。天神ロープウェイまで行く方法もありますが、土合発13:49の電車に間に合うかも微妙。その次は、17:59。

谷川岳、今回は無理せず引き返し、茂倉岳に戻る

谷川岳、今回は無理せず引き返し、茂倉岳に戻る

谷川岳、今回は無理せず引き返し、茂倉岳に戻る

また来年来るぞ!と、谷川岳と一枚

また来年来るぞ!と、谷川岳と一枚

また来年来るぞ!と、谷川岳と一枚

土樽に向かい下山します

土樽に向かい下山します

土樽に向かい下山します

清水峠

清水峠

清水峠

武能岳に繋がる稜線
あれを登らなきゃ帰れない😅

武能岳に繋がる稜線 あれを登らなきゃ帰れない😅

武能岳に繋がる稜線 あれを登らなきゃ帰れない😅

武能岳
景色は綺麗だけど
“またあれ登るのかよ…”と、ひとりでボヤく

武能岳 景色は綺麗だけど “またあれ登るのかよ…”と、ひとりでボヤく

武能岳 景色は綺麗だけど “またあれ登るのかよ…”と、ひとりでボヤく

人間の横顔に見える

人間の横顔に見える

人間の横顔に見える

振り返ると、茂倉岳に繋がる綺麗な稜線が
大源太山に登った時の感動をもう一度😀✨

振り返ると、茂倉岳に繋がる綺麗な稜線が 大源太山に登った時の感動をもう一度😀✨

振り返ると、茂倉岳に繋がる綺麗な稜線が 大源太山に登った時の感動をもう一度😀✨

しかし、前を向くと困難が待ち受けている
人生と同じですね….

しかし、前を向くと困難が待ち受けている 人生と同じですね….

しかし、前を向くと困難が待ち受けている 人生と同じですね….

ここから高低差120mの登り
“菩提寺山(248.4m)より低い”と思えば大丈夫❗️

ここから高低差120mの登り “菩提寺山(248.4m)より低い”と思えば大丈夫❗️

ここから高低差120mの登り “菩提寺山(248.4m)より低い”と思えば大丈夫❗️

ハードな登りです

ハードな登りです

ハードな登りです

山頂はすごく遠くに見える

山頂はすごく遠くに見える

山頂はすごく遠くに見える

岩盤の急登
キツイのにだんだん楽しくなるから不思議
大源太山の山頂直下の急登もそうだった😀

岩盤の急登 キツイのにだんだん楽しくなるから不思議 大源太山の山頂直下の急登もそうだった😀

岩盤の急登 キツイのにだんだん楽しくなるから不思議 大源太山の山頂直下の急登もそうだった😀

谷川岳チラリ

谷川岳チラリ

谷川岳チラリ

やっぱこの稜線最高です!

やっぱこの稜線最高です!

やっぱこの稜線最高です!

朝日岳方向

朝日岳方向

朝日岳方向

遠くには知らない山がたくさん..

遠くには知らない山がたくさん..

遠くには知らない山がたくさん..

・・・そのうち分かるようになるでしょう

・・・そのうち分かるようになるでしょう

・・・そのうち分かるようになるでしょう

武能岳山頂

武能岳山頂

武能岳山頂

登り切った満足感に浸り景色を眺める

登り切った満足感に浸り景色を眺める

登り切った満足感に浸り景色を眺める

七ツ小屋山and大源太山

七ツ小屋山and大源太山

七ツ小屋山and大源太山

左は土合に下りる道

左は土合に下りる道

左は土合に下りる道

蓬峠and蓬ヒュッテ

蓬峠and蓬ヒュッテ

蓬峠and蓬ヒュッテ

9/21に歩いたシシゴヤの頭

9/21に歩いたシシゴヤの頭

9/21に歩いたシシゴヤの頭

沢に向かい下るへつりチックな道

沢に向かい下るへつりチックな道

沢に向かい下るへつりチックな道

徐々に樹林帯に入る
葉が色づいてきれいでした

徐々に樹林帯に入る 葉が色づいてきれいでした

徐々に樹林帯に入る 葉が色づいてきれいでした

この道は西日が深く差し込んで

この道は西日が深く差し込んで

この道は西日が深く差し込んで

秋のこの時期,15時を過ぎても明るいです
紅葉🍁が輝いて一段とキレイです✨

秋のこの時期,15時を過ぎても明るいです 紅葉🍁が輝いて一段とキレイです✨

秋のこの時期,15時を過ぎても明るいです 紅葉🍁が輝いて一段とキレイです✨

迂回路で川原を歩きました

迂回路で川原を歩きました

迂回路で川原を歩きました

ススキロード

ススキロード

ススキロード

登山道終点

登山道終点

登山道終点

土樽PA

土樽PA

土樽PA

無事下山しました

無事下山しました

無事下山しました

登山口

登り始めは岩がゴツゴツ

しばらくすると根っこゾーンがあります

登山道を塞いでるので、気をつけて乗り越えます

万太郎山方向

矢場の頭

本日の目標、茂倉岳

関越トンネルの排気口らしい

土樽、湯沢方向

トンネル排気口に向かい一直線

万太郎ー谷川岳の稜線

オジカ沢ノ頭?

谷川岳ーオジカ沢ノ頭の稜線

オジカ沢ノ頭 なかなか迫力があります

谷川岳もはっきり見えてきました

茂倉岳

茂倉岳山頂 バックに大源太山、蓬峠の稜線

谷川岳

一ノ倉岳山頂 茂倉岳で下山の予定でしたが、近いので行ってみました

谷川岳 一ノ倉岳を少し下って様子を見てきました。 迫力あります

生々しい岩肌

あの谷川岳を目の前にして、予定してなかったが、登りたくなってきた

ここから山頂まで50分。往復すると、下山の途中で日没する可能性あり。天神ロープウェイまで行く方法もありますが、土合発13:49の電車に間に合うかも微妙。その次は、17:59。

谷川岳、今回は無理せず引き返し、茂倉岳に戻る

また来年来るぞ!と、谷川岳と一枚

土樽に向かい下山します

清水峠

武能岳に繋がる稜線 あれを登らなきゃ帰れない😅

武能岳 景色は綺麗だけど “またあれ登るのかよ…”と、ひとりでボヤく

人間の横顔に見える

振り返ると、茂倉岳に繋がる綺麗な稜線が 大源太山に登った時の感動をもう一度😀✨

しかし、前を向くと困難が待ち受けている 人生と同じですね….

ここから高低差120mの登り “菩提寺山(248.4m)より低い”と思えば大丈夫❗️

ハードな登りです

山頂はすごく遠くに見える

岩盤の急登 キツイのにだんだん楽しくなるから不思議 大源太山の山頂直下の急登もそうだった😀

谷川岳チラリ

やっぱこの稜線最高です!

朝日岳方向

遠くには知らない山がたくさん..

・・・そのうち分かるようになるでしょう

武能岳山頂

登り切った満足感に浸り景色を眺める

七ツ小屋山and大源太山

左は土合に下りる道

蓬峠and蓬ヒュッテ

9/21に歩いたシシゴヤの頭

沢に向かい下るへつりチックな道

徐々に樹林帯に入る 葉が色づいてきれいでした

この道は西日が深く差し込んで

秋のこの時期,15時を過ぎても明るいです 紅葉🍁が輝いて一段とキレイです✨

迂回路で川原を歩きました

ススキロード

登山道終点

土樽PA

無事下山しました

類似するルートを通った活動日記