霧島山満喫!(前編)高千穂峰〜霧時々晴れ〜

2021.10.14(木) 日帰り

活動データ

タイム

02:28

距離

5.3km

上り

648m

下り

645m

チェックポイント

DAY 1
合計時間
2 時間 28
休憩時間
3
距離
5.3 km
上り / 下り
648 / 645 m

活動詳細

すべて見る

10月15日から少し遅めの夏休み。好天が期待できる九州南部の名峰を巡る山旅へやって来ました。 最初の2日間は、霧島山へ。 「霧島山」とは総称で、最高峰の韓国岳(日本百名山)、「天孫降臨」伝説のある霊峰高千穂峰(日本二百名山)、噴火を繰り返す新燃岳等の火山群と大小様々なカルデラが織り成す神秘的な火山の造形美が魅力です。 今回は霧島温泉に宿泊して、1泊2日で霧島山を様々な角度から楽しみます。 1日目は、高千穂峰へ。高千穂河原の往復コースです。コースタイム約3時間の短い行程の中に、火山らしい赤土とガレ場の登山道、御鉢巡り、登山口から約20分で早くも開ける周囲の大展望、魅力が詰まった登山コースです。 登山中は、晴れたり、ガスったりの繰り返しでしたが、霧を纏う火山群の展望も、幻想的で良いものですよ。

もしも不適切なコンテンツをお見かけした場合はお知らせください。