大清水〜鬼怒沼〜念仏平避難小屋〜日光白根山〜湯本バス停

2021.10.10(日) 2 DAYS

活動データ

タイム

20:13

距離

29.0km

上り

3383m

下り

3089m

チェックポイント

DAY 1
合計時間
10 時間 53
休憩時間
1 時間 55
距離
15.7 km
上り / 下り
2203 / 1099 m
DAY 2
合計時間
9 時間 19
休憩時間
2 時間 19
距離
13.2 km
上り / 下り
1179 / 1988 m
35
26
32
1 24
40
2 28

活動詳細

すべて見る

久々の連休が晴天の予報。そして緊急事態宣言解除。いつか行ってみようと思っていた鬼怒沼に行ってきました。一泊二日のうち、一日目の午後以外は晴天。良い山行となりました。 行程はこんな感じです。 10/9(金) 川越駅にて尾瀬夜行バスに乗り込む。満席。3900円。 10/10(土) 3:50大清水着。真っ暗なので1時間時間をつぶしてから出発。物見山新道を通り、鬼怒沼へ。鬼怒沼から日光澤温泉を経由して根名草山を通過して、念仏平小屋に3時着。 10/11(日)念仏平小屋から温泉ヶ岳を経由して金精峠→金精山→五色山→弥陀が池→日光白根山→前白根山を縦走。湯本に下りて、日帰り温泉に入ってから、湯本バス停から東武日光駅へ(1750円)。東武日光駅から電車で帰宅。途中大宮駅で石井スポーツに寄り、修理したテントを受け取る。 登山道の状況や注意点は以下の通りです 〇大清水から鬼怒沼までの道は荒れているという話をよく耳にしましたが、ちゃんと整備されています。天候に恵まれたせいかもしれませんが、泥濘もほとんどありません(若干大清水から湯沢出合まで泥濘がありますが、気を付ければ避けられます)。あまり展望がないため、単調ではあります。この区間の紅葉は綺麗でした。 〇鬼怒沼はすでに草紅葉というよりは枯れてしまっています。それでも気持ちのよい場所でした。また初夏に行きたいです。鬼怒沼から日光澤温泉までは100名くらいの人とすれ違いました。この区間紅葉が綺麗です。道もよく整備されています。 〇日光澤温泉から念仏平避難小屋までの道はあまり歩かれていない道のようですが、ピンクリボンを探しながら歩けば問題ありません。この区間1名しかすれ違いませんでした。2か所ほど崩落地点がありますが、気を付けていればピンクリボンが見えるので大丈夫です。 〇念仏平小屋→温泉ヶ岳は笹が多く、朝は露でびしょびしょになります。また、一部笹で滑りやすい場所があるので特に朝方や雨天時は気を付ける必要があります。 〇金精峠から前白根山の道はよく整備されています。紅葉は終わりに近いです。カラマツの黄色は綺麗でした。 〇前白根山→湯元温泉のうち、天狗平辺りからスキー場手前あたりまではやや道が荒れています。ガレ場があり、浮石に要注意です。ただし、行程を変えるほどの荒れ方ではなく、気が抜けない道といった感じです。追い抜いていったトレランマンが後方からガンガン落石を起こしていて、恐ろしくてなりませんでした。落石には注意しましょう。

温泉ヶ岳・根名草山 まだ暗いうちにスタート。途中まで林道なので、暗くてもヘッドライトがあれば、道に迷うことはありません。
まだ暗いうちにスタート。途中まで林道なので、暗くてもヘッドライトがあれば、道に迷うことはありません。
温泉ヶ岳・根名草山 この辺りまでは道幅の広い林道です。この先からは道が狭くなります。空も白み始めたので安心して進めます。
この辺りまでは道幅の広い林道です。この先からは道が狭くなります。空も白み始めたので安心して進めます。
温泉ヶ岳・根名草山 湯沢出合では渡渉があります。靴が濡れるという情報もありましたが、水量は少なく、石の上を歩いて問題なく渡れました。
湯沢出合では渡渉があります。靴が濡れるという情報もありましたが、水量は少なく、石の上を歩いて問題なく渡れました。
温泉ヶ岳・根名草山 湯沢出合の滝。
湯沢出合の滝。
温泉ヶ岳・根名草山 この地域はこのくらいの標高(1500m前後)は紅葉が見頃です。
この地域はこのくらいの標高(1500m前後)は紅葉が見頃です。
温泉ヶ岳・根名草山 ようやく視界が開けました。天気も期待大です。
ようやく視界が開けました。天気も期待大です。
温泉ヶ岳・根名草山 単調な道ではありますが、尾瀬方面の視界がたまに開けます。
単調な道ではありますが、尾瀬方面の視界がたまに開けます。
温泉ヶ岳・根名草山 燧ケ岳が見えました。手前の山の紅葉も綺麗です。
燧ケ岳が見えました。手前の山の紅葉も綺麗です。
温泉ヶ岳・根名草山 物見山に到着。眺望はあまりなし。
物見山に到着。眺望はあまりなし。
温泉ヶ岳・根名草山 カエル君発見!
カエル君発見!
温泉ヶ岳・根名草山 鬼怒沼に到着。この時間まだ登山客はわずかです。
鬼怒沼に到着。この時間まだ登山客はわずかです。
温泉ヶ岳・根名草山 景色眺めながら珈琲ブレイクです。
景色眺めながら珈琲ブレイクです。
温泉ヶ岳・根名草山 鬼怒沼山と思われます。今回は欲張らずにパスです。
鬼怒沼山と思われます。今回は欲張らずにパスです。
温泉ヶ岳・根名草山 明日登る予定の白根山が右側に左側はおそらくこれから登る温泉ヶ岳と根名草山と思われます。
明日登る予定の白根山が右側に左側はおそらくこれから登る温泉ヶ岳と根名草山と思われます。
温泉ヶ岳・根名草山 日光澤温泉に向かう道中。苔のすばらしい屋久島みたいなところがありました。
日光澤温泉に向かう道中。苔のすばらしい屋久島みたいなところがありました。
温泉ヶ岳・根名草山 紅葉いい感じです。
紅葉いい感じです。
温泉ヶ岳・根名草山 日光澤温泉に到着。趣のあるいい建物です。いつか泊まってみたい。
コーラを買いました。120円と良心的。
日光澤温泉に到着。趣のあるいい建物です。いつか泊まってみたい。 コーラを買いました。120円と良心的。
温泉ヶ岳・根名草山 マスコット犬のサンボ君はお休み中。モフモフしようかと思っていましたが、諦めます。
マスコット犬のサンボ君はお休み中。モフモフしようかと思っていましたが、諦めます。
温泉ヶ岳・根名草山 外で昼食をとっていたら、匂いにつられたのかサンボ君が出てきました。「食べ物を与えないでください」と書いてあったので何もあげませんでした。どこか悲し気。
外で昼食をとっていたら、匂いにつられたのかサンボ君が出てきました。「食べ物を与えないでください」と書いてあったので何もあげませんでした。どこか悲し気。
温泉ヶ岳・根名草山 日光澤温泉周囲の紅葉も素晴らしいです。
日光澤温泉周囲の紅葉も素晴らしいです。
温泉ヶ岳・根名草山 温泉には水場もあります。
温泉には水場もあります。
温泉ヶ岳・根名草山 この山域鹿の鳴き声をよく聞きました。ウォーリーを探せ状態ですが、写真に鹿が映っています。
この山域鹿の鳴き声をよく聞きました。ウォーリーを探せ状態ですが、写真に鹿が映っています。
温泉ヶ岳・根名草山 少し天気が怪しくなってきました。
少し天気が怪しくなってきました。
温泉ヶ岳・根名草山 山頂はガスガス。天気が回復しそうもないので粘らず、念仏平小屋を目指します。
山頂はガスガス。天気が回復しそうもないので粘らず、念仏平小屋を目指します。
温泉ヶ岳・根名草山 念仏平小屋に到着。思った以上に綺麗です。宿泊者は私一人でした。綺麗に使わせていただきました。
念仏平小屋に到着。思った以上に綺麗です。宿泊者は私一人でした。綺麗に使わせていただきました。
温泉ヶ岳・根名草山 小屋の側にこのような場所がありましたが、水は出ていません。雪解け時期だけ使えるのでしょうか?
10分下ったところまで水を汲みに行きました。
小屋の側にこのような場所がありましたが、水は出ていません。雪解け時期だけ使えるのでしょうか? 10分下ったところまで水を汲みに行きました。
温泉ヶ岳・根名草山 小屋外観。中はログハウス調。こんな素晴らしい小屋を建ててくれた栃木県と維持してくださる山岳連盟の方々に感謝です。
小屋外観。中はログハウス調。こんな素晴らしい小屋を建ててくれた栃木県と維持してくださる山岳連盟の方々に感謝です。
温泉ヶ岳・根名草山 居心地が良すぎたせいで、起きたら5時回っていました。そとは白み始めています。小屋の中から撮影。
居心地が良すぎたせいで、起きたら5時回っていました。そとは白み始めています。小屋の中から撮影。
温泉ヶ岳・根名草山 6時15分頃出発。すでに明るく、20分ほどで温泉ヶ岳が見えます。
6時15分頃出発。すでに明るく、20分ほどで温泉ヶ岳が見えます。
温泉ヶ岳・根名草山 途中で男体山、中禅寺湖がよく見えました。
途中で男体山、中禅寺湖がよく見えました。
温泉ヶ岳・根名草山 山頂に到着。
山頂に到着。
温泉ヶ岳・根名草山 左側に燧ケ岳、右の方に平が岳と思われる山域が見えます。
左側に燧ケ岳、右の方に平が岳と思われる山域が見えます。
温泉ヶ岳・根名草山 男体山方面。すっかり日は高くなっています。
男体山方面。すっかり日は高くなっています。
温泉ヶ岳・根名草山 金精峠へ向かう途中、白根山が見えました。
金精峠へ向かう途中、白根山が見えました。
温泉ヶ岳・根名草山 丸沼、菅沼も見えます。
丸沼、菅沼も見えます。
温泉ヶ岳・根名草山 金精峠に到着。ここは携帯の電波がつながります。
金精峠に到着。ここは携帯の電波がつながります。
温泉ヶ岳・根名草山 金精山。こんなに急だったっけ?
金精山。こんなに急だったっけ?
温泉ヶ岳・根名草山 到着。やっぱり急登でした。
到着。やっぱり急登でした。
温泉ヶ岳・根名草山 金精山からの景色。男体山方面がよく見えます。
金精山からの景色。男体山方面がよく見えます。
温泉ヶ岳・根名草山 五色山に到着。白根山かなり近くなりました。
五色山に到着。白根山かなり近くなりました。
温泉ヶ岳・根名草山 白根山を見ながら弥陀ヶ池を目指します。
白根山を見ながら弥陀ヶ池を目指します。
温泉ヶ岳・根名草山 弥陀が池でぼーっとしながら休憩。この辺りまで来ると登山者がぐっと増えます。
弥陀が池でぼーっとしながら休憩。この辺りまで来ると登山者がぐっと増えます。
温泉ヶ岳・根名草山 白根山に向かう途中。急登を振り返ると昨日通ってきた山々がよく見えます。
白根山に向かう途中。急登を振り返ると昨日通ってきた山々がよく見えます。
温泉ヶ岳・根名草山 白根山山頂までもう少し。他登山者と会話します。
白根山山頂までもう少し。他登山者と会話します。
温泉ヶ岳・根名草山 今回の山行の最高地点に到着。白根山は3度目の登頂です。山頂は三密状態。長居しません。
今回の山行の最高地点に到着。白根山は3度目の登頂です。山頂は三密状態。長居しません。
温泉ヶ岳・根名草山 人のいないところで休憩。山頂は人でいっぱい。平日だけど天気いいから登りたいよね。
人のいないところで休憩。山頂は人でいっぱい。平日だけど天気いいから登りたいよね。
温泉ヶ岳・根名草山 五色沼避難小屋まで一旦下りて、小屋の脇を通り、前白根山を目指します。
五色沼避難小屋まで一旦下りて、小屋の脇を通り、前白根山を目指します。
温泉ヶ岳・根名草山 前白根山までもう少し。
前白根山までもう少し。
温泉ヶ岳・根名草山 前白根山ちょっと手前で最後のコーヒーブレイクします。
前白根山ちょっと手前で最後のコーヒーブレイクします。
温泉ヶ岳・根名草山 前白根山に到着。
前白根山に到着。
温泉ヶ岳・根名草山 湯本までの下り。倒木とガレ場。倒木はそれほど多くはありません。
湯本までの下り。倒木とガレ場。倒木はそれほど多くはありません。
温泉ヶ岳・根名草山 スキー場まで下ってきました。ここから先はゲレンデに沿った道を下ります。
スキー場まで下ってきました。ここから先はゲレンデに沿った道を下ります。
温泉ヶ岳・根名草山 湯ノ湖と男体山。湯ノ湖周囲の紅葉は見頃です。
湯ノ湖と男体山。湯ノ湖周囲の紅葉は見頃です。
温泉ヶ岳・根名草山 バスに乗る前に温泉に寄ります。樹林という宿泊施設で、1000円。従業員の方々も感じが良く、良いお湯でした。
バスに乗る前に温泉に寄ります。樹林という宿泊施設で、1000円。従業員の方々も感じが良く、良いお湯でした。
温泉ヶ岳・根名草山 湯本バス停に到着。このターミナルWi-Fiがつながります。さすが観光地。
湯本バス停に到着。このターミナルWi-Fiがつながります。さすが観光地。
温泉ヶ岳・根名草山 東武日光駅までバスで1時間半。戦場ヶ原や中禅寺湖、いろは坂を通り、修学旅行を思い出しました。写真は中禅寺湖。中禅寺湖はまだ紅葉始まったばかりでした。
東武日光駅までバスで1時間半。戦場ヶ原や中禅寺湖、いろは坂を通り、修学旅行を思い出しました。写真は中禅寺湖。中禅寺湖はまだ紅葉始まったばかりでした。

もしも不適切なコンテンツをお見かけした場合はお知らせください。