谷川岳 馬蹄形 初の本格的縦走‼️

2021.10.10(日) 2 DAYS

活動データ

タイム

17:56

距離

22.0km

上り

2269m

下り

2884m

チェックポイント

DAY 1
合計時間
7 時間 13
休憩時間
55
距離
9.2 km
上り / 下り
1161 / 939 m
DAY 2
合計時間
10 時間 42
休憩時間
1 時間 38
距離
12.8 km
上り / 下り
1108 / 1945 m
48
1 5
2 3
30
30
44
31
1 41

活動詳細

すべて見る

所属する山岳会のベテラン先輩と2人、谷川岳馬蹄形縦走にチャレンジしました! 初めて北関東への遠征と本格的な縦走です🚶‍♂️ 10月9日(土)夜行バスで京都駅前から前橋駅へ 前橋駅からJR上越線で土合駅下車、谷川岳ロープウェイを乗り継いで午前10時、登山開始です🥾 谷川岳へは日曜日とあって、登山者が多く、小さなお子さんやご家族連れもワイワイ賑やかに登ります。 谷川岳肩の小屋まで一気に上がり、トマの耳・オキノ耳を通過、ここからは先ほどまでの登山者の賑わいが無くなり、本格的な縦走のスタートです⛰ 岩場の連続で慎重に進みますが、天候が悪化! 先程までの霧雨の様な雨が一気に本降り☔️ おまけに谷川岳稜線の横殴りの風が凄く強く、真っ直ぐに歩けないほど体を持っていかれます😭 稜線上は風を避ける場所が無く、雨具を着るタイミングが完全に遅れました。それまでのソフトシェルの上下ウェアが中まで浸水、かなりの反省点です💦 一つ間違えると低体温に陥ってました。 一ノ倉岳の登り返しと茂倉岳からの長い下り、武能岳の更に登り返しで、雨風の中メンタルを維持するのに必死でした。ずぶ濡れで、今日泊めてもらう蓬ヒュッテが見えた時はホッとしました😀 分かってはいましたが、山では晴れの天気予報はあてにならず、その場その場の天候判断が凄く大切と、改めて良い経験になりました。 小屋では一晩中風と雨の音が止みませんでしたので、翌日はエスケープして下山ルートを考えていましたが、朝起きると昨日のお天気が嘘の様に晴れ渡り、歩いて来た谷川岳がハッキリと見えます⛰ 予定通り、縦走の続きです🚶‍♂️ 2日目はお天気に恵まれて快晴の中を進みます。 七ツ小屋山から朝日岳・大烏帽子・小烏帽子・笠ヶ岳・白毛門とコルとピークの標高差があり、かなりのアップダウンを繰り返します。 特に笠ヶ岳から白毛門までの標準コースタイムは45分とありますが、軽く1時間はかかりました。 白毛門から土合駅までの最後の下りはとにかく長く感じ、最後の最後まで岩場や根っ子に悪戦苦闘して、2日目は11時間を要しました。 体力的にはかなりハードな縦走でしたが、途中から見た美しい絶景は忘れられません🖼 先輩と2人、馬蹄形縦走を完走した達成感と天候悪化への反省点は次の山行への経験値アップに😀 今回も無事の下山に感謝の山行でした🙇‍♂️

谷川岳・七ツ小屋山・大源太山 JR上越線水上駅 ここから1日5本しかない列車に更に乗り換えます🚃
JR上越線水上駅 ここから1日5本しかない列車に更に乗り換えます🚃
谷川岳・七ツ小屋山・大源太山 かなりレトロな水上駅
かなりレトロな水上駅
谷川岳・七ツ小屋山・大源太山 土合駅は地下トンネルの中です
土合駅は地下トンネルの中です
谷川岳・七ツ小屋山・大源太山 地下トンネルのプラットフォームから改札口までは462段の階段を上がります。
すでに息が切れそうです💦
地下トンネルのプラットフォームから改札口までは462段の階段を上がります。 すでに息が切れそうです💦
谷川岳・七ツ小屋山・大源太山 レトロ感満載の土合駅、渡り廊下
レトロ感満載の土合駅、渡り廊下
谷川岳・七ツ小屋山・大源太山 ローカルな土合駅が起点です
ローカルな土合駅が起点です
谷川岳・七ツ小屋山・大源太山 谷川岳ロープウェイに乗り換えます
谷川岳ロープウェイに乗り換えます
谷川岳・七ツ小屋山・大源太山 ロープウェイの中から
紅葉が綺麗でした🍁
ロープウェイの中から 紅葉が綺麗でした🍁
谷川岳・七ツ小屋山・大源太山 ロープウェイ頂上駅から登山開始🥾
標高は1320m
ロープウェイ頂上駅から登山開始🥾 標高は1320m
谷川岳・七ツ小屋山・大源太山 明日、歩く山々🚶‍♂️
なかなかハードそう
この時は、まだその大変さを分かっていませんでした(T . T)
明日、歩く山々🚶‍♂️ なかなかハードそう この時は、まだその大変さを分かっていませんでした(T . T)
谷川岳・七ツ小屋山・大源太山 紅葉してます🍁
紅葉してます🍁
谷川岳・七ツ小屋山・大源太山 初めは木道から
初めは木道から
谷川岳・七ツ小屋山・大源太山 紅葉の中を順調に歩きます🚶‍♂️
紅葉の中を順調に歩きます🚶‍♂️
谷川岳・七ツ小屋山・大源太山 谷川岳はガスの中で全容が見えません😭
谷川岳はガスの中で全容が見えません😭
谷川岳・七ツ小屋山・大源太山 ハードな岩場が始まりました
ハードな岩場が始まりました
谷川岳・七ツ小屋山・大源太山 なかなかの岩場続きです🪨
なかなかの岩場続きです🪨
谷川岳・七ツ小屋山・大源太山 天狗の留まり場
日曜日とあって、この付近は登山者の方がかなり多かったです
天狗の留まり場 日曜日とあって、この付近は登山者の方がかなり多かったです
谷川岳・七ツ小屋山・大源太山 トマの耳 オキノ耳を過ぎた辺りの下り
雨で岩の上が滑りやすい
トマの耳 オキノ耳を過ぎた辺りの下り 雨で岩の上が滑りやすい
谷川岳・七ツ小屋山・大源太山 ガスガスの谷川岳稜線上
かなり風も強かったです🎐
ガスガスの谷川岳稜線上 かなり風も強かったです🎐
谷川岳・七ツ小屋山・大源太山 一ノ倉岳までは岩場の連続
一ノ倉岳までは岩場の連続
谷川岳・七ツ小屋山・大源太山 急な下りも💦
前を行く先輩 
2人で声を掛け合いながら、慎重に進みます
急な下りも💦 前を行く先輩  2人で声を掛け合いながら、慎重に進みます
谷川岳・七ツ小屋山・大源太山 横殴りの雨風の中を進みます
オキノ耳を過ぎてからは、先程まで賑わっていた登山者が激減。ここから先は縦走する人だけの様でした🚶‍♂️
横殴りの雨風の中を進みます オキノ耳を過ぎてからは、先程まで賑わっていた登山者が激減。ここから先は縦走する人だけの様でした🚶‍♂️
谷川岳・七ツ小屋山・大源太山 下りの鎖場
結構な勾配です💦
下りの鎖場 結構な勾配です💦
谷川岳・七ツ小屋山・大源太山 一ノ倉岳までの稜線上
視界が悪く、霧雨の様な細かい雨が降り続きます
一ノ倉岳までの稜線上 視界が悪く、霧雨の様な細かい雨が降り続きます
谷川岳・七ツ小屋山・大源太山 一ノ倉岳避難小屋
3人が入れてやっとの大きさです
一ノ倉岳避難小屋 3人が入れてやっとの大きさです
谷川岳・七ツ小屋山・大源太山 一ノ倉岳の頂上
一ノ倉岳の頂上
谷川岳・七ツ小屋山・大源太山 次の茂倉岳ピーク
雨もいよいよ本降りになり、ここからの下りが長く、精神的にきつかったです💦
次の茂倉岳ピーク 雨もいよいよ本降りになり、ここからの下りが長く、精神的にきつかったです💦
谷川岳・七ツ小屋山・大源太山 武能岳の登り返し
きつかったですが、一瞬雲が切れます⛰
武能岳の登り返し きつかったですが、一瞬雲が切れます⛰
谷川岳・七ツ小屋山・大源太山 武能岳の頂上
雨は本降り☂️横殴りの風
顔は笑っていますが、靴の中まで水が侵入して、メンタル面で折れそうでした😭
この経験はきっと次に活かされます(^^)
武能岳の頂上 雨は本降り☂️横殴りの風 顔は笑っていますが、靴の中まで水が侵入して、メンタル面で折れそうでした😭 この経験はきっと次に活かされます(^^)
谷川岳・七ツ小屋山・大源太山 一瞬の晴れ間に 2人で大声で叫びました😀
一瞬の晴れ間に 2人で大声で叫びました😀
谷川岳・七ツ小屋山・大源太山 武能岳山頂⛰
武能岳山頂⛰
谷川岳・七ツ小屋山・大源太山 蓬ヒュッテに辿り着いた時は本当に感謝でした。
朝方、小屋のご主人がストーブをつけて下さり、濡れた服が回復!
頂いた朝ごはんは、極限の中で感動に変わりました🙇‍♂️
蓬ヒュッテに辿り着いた時は本当に感謝でした。 朝方、小屋のご主人がストーブをつけて下さり、濡れた服が回復! 頂いた朝ごはんは、極限の中で感動に変わりました🙇‍♂️
谷川岳・七ツ小屋山・大源太山 一晩中風と雨の音が凄かったですが、翌朝は見事な夜明けが見れました☀️
一晩中風と雨の音が凄かったですが、翌朝は見事な夜明けが見れました☀️
谷川岳・七ツ小屋山・大源太山 昨日雨の中を必死に歩いた谷川岳の稜線が見れて、超感動🥺
昨日雨の中を必死に歩いた谷川岳の稜線が見れて、超感動🥺
谷川岳・七ツ小屋山・大源太山 蓬ヒュッテ
蓬ヒュッテ
谷川岳・七ツ小屋山・大源太山 朝日岳から朝日が昇ります
シャレではありません😭
朝日岳から朝日が昇ります シャレではありません😭
谷川岳・七ツ小屋山・大源太山 2日目 朝6時にスタート
2日目 朝6時にスタート
谷川岳・七ツ小屋山・大源太山 谷川岳が立派です⛰
谷川岳が立派です⛰
谷川岳・七ツ小屋山・大源太山 まずは七ツ小屋山を目指します🚶‍♂️
まずは七ツ小屋山を目指します🚶‍♂️
谷川岳・七ツ小屋山・大源太山 八ヶ岳をバックに雲海が見事です☁️
八ヶ岳をバックに雲海が見事です☁️
谷川岳・七ツ小屋山・大源太山 ななかまどの実が景色にマッチして綺麗でした
ななかまどの実が景色にマッチして綺麗でした
谷川岳・七ツ小屋山・大源太山 更に挑戦を進みます🚶‍♂️
更に挑戦を進みます🚶‍♂️
谷川岳・七ツ小屋山・大源太山 東洋のマッターホルンと呼ばれる大源太山を横目に進みます⛰険しそうです
東洋のマッターホルンと呼ばれる大源太山を横目に進みます⛰険しそうです
谷川岳・七ツ小屋山・大源太山 こちらは北の方角 檜倉山方面
立派なお山が堂々とそびえます⛰
こちらは北の方角 檜倉山方面 立派なお山が堂々とそびえます⛰
谷川岳・七ツ小屋山・大源太山 清水峠の立派な小屋
清水峠の立派な小屋
谷川岳・七ツ小屋山・大源太山 ここから朝日岳に向かっての本日最大の登りです⛰
ここから朝日岳に向かっての本日最大の登りです⛰
谷川岳・七ツ小屋山・大源太山 朝日岳の紅葉が美しい🍁
朝日岳の紅葉が美しい🍁
谷川岳・七ツ小屋山・大源太山 大烏帽子山 谷が見事でまるで絵画のようです🖼
大烏帽子山 谷が見事でまるで絵画のようです🖼
谷川岳・七ツ小屋山・大源太山 一部崩落箇所もあります
一部崩落箇所もあります
谷川岳・七ツ小屋山・大源太山 ジャンクションピークに到着💦
ジャンクションピークに到着💦
谷川岳・七ツ小屋山・大源太山 朝日岳を目指します🚶‍♂️
朝日岳を目指します🚶‍♂️
谷川岳・七ツ小屋山・大源太山 湿地が綺麗でした
湿地が綺麗でした
谷川岳・七ツ小屋山・大源太山 緩やかなアップダウンの稜線上を進みます🚶‍♂️
緩やかなアップダウンの稜線上を進みます🚶‍♂️
谷川岳・七ツ小屋山・大源太山 ヘリコプターが何度も旋回しながら飛んでいました🚁
ヘリコプターが何度も旋回しながら飛んでいました🚁
谷川岳・七ツ小屋山・大源太山 振り返るとのどかな風景
振り返るとのどかな風景
谷川岳・七ツ小屋山・大源太山 朝日岳ピークから谷川岳を見て
絶景でした👍
朝日岳ピークから谷川岳を見て 絶景でした👍
谷川岳・七ツ小屋山・大源太山 進む方向に烏帽子から笠ヶ岳の稜線
奥に谷川岳⛰
進む方向に烏帽子から笠ヶ岳の稜線 奥に谷川岳⛰
谷川岳・七ツ小屋山・大源太山 朝日岳ピークからの下り
朝日岳ピークからの下り
谷川岳・七ツ小屋山・大源太山 景色がとにかく綺麗でした
景色がとにかく綺麗でした
谷川岳・七ツ小屋山・大源太山 笠ヶ岳の先にようやく白毛門が見えてきました
笠ヶ岳の先にようやく白毛門が見えてきました
谷川岳・七ツ小屋山・大源太山 笠ヶ岳頂上
笠ヶ岳頂上
谷川岳・七ツ小屋山・大源太山 谷川岳⛰
険しい山容がハッキリ見えます
谷川岳⛰ 険しい山容がハッキリ見えます
谷川岳・七ツ小屋山・大源太山 土合駅が頂上から見えています
今から土合駅に向かって下ります
土合駅が頂上から見えています 今から土合駅に向かって下ります
谷川岳・七ツ小屋山・大源太山 白毛門山頂
白毛門山頂
谷川岳・七ツ小屋山・大源太山 ここからの下りが長く感じました💦
とにかく最後まで岩や木の根っこがあり、なかなかのハードコース
ここからの下りが長く感じました💦 とにかく最後まで岩や木の根っこがあり、なかなかのハードコース
谷川岳・七ツ小屋山・大源太山 岩場の下りは疲れた足にこたえます🦶
岩場の下りは疲れた足にこたえます🦶
谷川岳・七ツ小屋山・大源太山 下りの鎖場が数カ所あります⛓
下りの鎖場が数カ所あります⛓
谷川岳・七ツ小屋山・大源太山 恐竜の様な樹木🌲
恐竜の様な樹木🌲
谷川岳・七ツ小屋山・大源太山 ようやく登山口に降りて来ました
ようやく登山口に降りて来ました
谷川岳・七ツ小屋山・大源太山 馬蹄形コースの全容
長くハードな道のりでした
馬蹄形コースの全容 長くハードな道のりでした
谷川岳・七ツ小屋山・大源太山 土合駅の登りは地上にプラットフォームがあります
ここから帰ります🚃
土合駅の登りは地上にプラットフォームがあります ここから帰ります🚃
谷川岳・七ツ小屋山・大源太山 カロリー不足で、前橋駅のスーパー銭湯でトンカツをガッツリ頂きました😀
美味しいこと、この上無しです
カロリー不足で、前橋駅のスーパー銭湯でトンカツをガッツリ頂きました😀 美味しいこと、この上無しです
谷川岳・七ツ小屋山・大源太山 前橋駅から夜行バスで帰路につきます🚌
前橋駅から夜行バスで帰路につきます🚌

もしも不適切なコンテンツをお見かけした場合はお知らせください。