険しくも綺麗な大普賢岳周回コース

2021.10.11(月) 日帰り

登りごたえのある山でトレーニングしたいと選んだ山は、前からずっと行ってみたいと思っていた奈良大普賢岳周回コース。修験をされていた方に失礼かもしれませんが、山での修行コースを味わさせて頂いてきました。 和佐又山ヒュッテを起点として、大普賢岳山頂から大峯奥駈道を七曜岳を経由して戻るコース。 お天気も良く、初めは緩やかで修験場をいくつか通り、現れる素晴らしい景色に感動しながらも次から次に現れるハシゴ、鎖にびっくりです。そのハシゴもまた急で凄いです。修行の道を感じます。 大普賢岳、七曜岳を過ぎたら激下り、無双洞を越したら今度はキツイ登り返し。和佐又山は体力が残っていたら登る予定でしたが、長く続くキツイ登り返しにギブ😊そのまま下山してゆっくり温泉♨️を選びました。トレーニング登山なのにこれでは?大丈夫かな次の山は💦 鎖、岩場、ハシゴと険しいですが、苔が広がる登山道、景色最高の大普賢岳からの稜線歩きと登山道に美しさと親切さを感じる素晴らしい山でした。この山を経験できた事本当によかったです。

登山口に向かう途中から。

登山口に向かう途中から。

登山口に向かう途中から。

駐車場。

駐車場。

駐車場。

登山道入り口まではなだらかな道。

登山道入り口まではなだらかな道。

登山道入り口まではなだらかな道。

和佐又山のコルに到着。
和佐又山は帰りに体力が残っていたら登ろう。

和佐又山のコルに到着。 和佐又山は帰りに体力が残っていたら登ろう。

和佐又山のコルに到着。 和佐又山は帰りに体力が残っていたら登ろう。

大普賢岳に向かいます。

大普賢岳に向かいます。

大普賢岳に向かいます。

竜の木。歯一本増やしておきました。

竜の木。歯一本増やしておきました。

竜の木。歯一本増やしておきました。

いきなり荒々しい岩が現れました。

いきなり荒々しい岩が現れました。

いきなり荒々しい岩が現れました。

日本岳までにいくつかの修験場があります。
まずは安全登山をお願いします。

日本岳までにいくつかの修験場があります。 まずは安全登山をお願いします。

日本岳までにいくつかの修験場があります。 まずは安全登山をお願いします。

切り立つ岩肌、凄い迫力です。
穏やかだった登山道が変わりました。

切り立つ岩肌、凄い迫力です。 穏やかだった登山道が変わりました。

切り立つ岩肌、凄い迫力です。 穏やかだった登山道が変わりました。

次の修験場には錫杖がありました。
きっとこれを持たれていたんですね。

次の修験場には錫杖がありました。 きっとこれを持たれていたんですね。

次の修験場には錫杖がありました。 きっとこれを持たれていたんですね。

岩場を登り日本岳のコルです。
日本岳には寄らずに次に向かいます。

岩場を登り日本岳のコルです。 日本岳には寄らずに次に向かいます。

岩場を登り日本岳のコルです。 日本岳には寄らずに次に向かいます。

石の鼻に寄ってみます。

石の鼻に寄ってみます。

石の鼻に寄ってみます。

凄い、凄い。

凄い、凄い。

凄い、凄い。

雲海まで。

雲海まで。

雲海まで。

曇り予報だったけど、めっちゃ晴天で嬉しい。

曇り予報だったけど、めっちゃ晴天で嬉しい。

曇り予報だったけど、めっちゃ晴天で嬉しい。

垂直ハシゴ。
ここからはハシゴ、鎖場の連続。

垂直ハシゴ。 ここからはハシゴ、鎖場の連続。

垂直ハシゴ。 ここからはハシゴ、鎖場の連続。

登山道から寄り道、小普賢岳。
ここは眺望もなかったですが戻りはバリエーションルートで😱

登山道から寄り道、小普賢岳。 ここは眺望もなかったですが戻りはバリエーションルートで😱

登山道から寄り道、小普賢岳。 ここは眺望もなかったですが戻りはバリエーションルートで😱

無事登山道に戻れました。綺麗な紅葉🍁🍂

無事登山道に戻れました。綺麗な紅葉🍁🍂

無事登山道に戻れました。綺麗な紅葉🍁🍂

山上ヶ岳との分岐を過ぎ後少しで大普賢岳山頂です。

山上ヶ岳との分岐を過ぎ後少しで大普賢岳山頂です。

山上ヶ岳との分岐を過ぎ後少しで大普賢岳山頂です。

山頂が見えてきました。

山頂が見えてきました。

山頂が見えてきました。

素晴らしい景色が見渡せる山頂です。

素晴らしい景色が見渡せる山頂です。

素晴らしい景色が見渡せる山頂です。

まだまだ途中だけど、嬉しい。

まだまだ途中だけど、嬉しい。

まだまだ途中だけど、嬉しい。

やったね。

やったね。

やったね。

大峰山脈かな?

大峰山脈かな?

大峰山脈かな?

周回コースにしたので、先に進みます。ここからは稜線歩き。山頂からしばらくは大峯奥駈道を歩きます。

周回コースにしたので、先に進みます。ここからは稜線歩き。山頂からしばらくは大峯奥駈道を歩きます。

周回コースにしたので、先に進みます。ここからは稜線歩き。山頂からしばらくは大峯奥駈道を歩きます。

振り返って見える大普賢岳。ここから見える大普賢岳が1番綺麗と思います。

振り返って見える大普賢岳。ここから見える大普賢岳が1番綺麗と思います。

振り返って見える大普賢岳。ここから見える大普賢岳が1番綺麗と思います。

紅葉も見れて、登山道が綺麗すぎます。片側は切れ落ちでいて深い谷がみえます。

紅葉も見れて、登山道が綺麗すぎます。片側は切れ落ちでいて深い谷がみえます。

紅葉も見れて、登山道が綺麗すぎます。片側は切れ落ちでいて深い谷がみえます。

周回しないと見れない景色。

周回しないと見れない景色。

周回しないと見れない景色。

早く歩くのがもったいないくらい。

早く歩くのがもったいないくらい。

早く歩くのがもったいないくらい。

ひっそりと可愛い看板😊

ひっそりと可愛い看板😊

ひっそりと可愛い看板😊

細い登山道にはチェーンが。
木の根で滑りやすいです。

細い登山道にはチェーンが。 木の根で滑りやすいです。

細い登山道にはチェーンが。 木の根で滑りやすいです。

わぁ、あれ登るのかな?

わぁ、あれ登るのかな?

わぁ、あれ登るのかな?

急に現れた一面の苔。

急に現れた一面の苔。

急に現れた一面の苔。

そして次は鎖。

そして次は鎖。

そして次は鎖。

鎖場を過ぎたら今度はこの景色💕
凄過ぎ。次から次に驚かされます。

鎖場を過ぎたら今度はこの景色💕 凄過ぎ。次から次に驚かされます。

鎖場を過ぎたら今度はこの景色💕 凄過ぎ。次から次に驚かされます。

そこの木道から見える景色。
大峰の奥深さを感じます。
残念ながらよく山の名前がわからない。わかる方教えて下さいね。

そこの木道から見える景色。 大峰の奥深さを感じます。 残念ながらよく山の名前がわからない。わかる方教えて下さいね。

そこの木道から見える景色。 大峰の奥深さを感じます。 残念ながらよく山の名前がわからない。わかる方教えて下さいね。

七曜岳に到着。

七曜岳に到着。

七曜岳に到着。

ここからも見晴らし最高。

ここからも見晴らし最高。

ここからも見晴らし最高。

多分1番奥が山上が岳かな?

多分1番奥が山上が岳かな?

多分1番奥が山上が岳かな?

大普賢岳にガスが。早く登ってよかった。

大普賢岳にガスが。早く登ってよかった。

大普賢岳にガスが。早く登ってよかった。

早いけどお昼にします。
メロンパンと粗挽きソーセージ。

早いけどお昼にします。 メロンパンと粗挽きソーセージ。

早いけどお昼にします。 メロンパンと粗挽きソーセージ。

七曜岳から少し下り、ここが大峯奥駈道との分岐です。私達はここで大峯奥駈道を外れて周回コースに。ここからは激下りでした😱

七曜岳から少し下り、ここが大峯奥駈道との分岐です。私達はここで大峯奥駈道を外れて周回コースに。ここからは激下りでした😱

七曜岳から少し下り、ここが大峯奥駈道との分岐です。私達はここで大峯奥駈道を外れて周回コースに。ここからは激下りでした😱

沢まで降りてきました。

沢まで降りてきました。

沢まで降りてきました。

そこは無双洞。滝が綺麗です。

そこは無双洞。滝が綺麗です。

そこは無双洞。滝が綺麗です。

キツイ登り返し。想像以上💦岩場も多くて登山道もわかりにくくて、大変でした。この鎖場は長く続きます。

キツイ登り返し。想像以上💦岩場も多くて登山道もわかりにくくて、大変でした。この鎖場は長く続きます。

キツイ登り返し。想像以上💦岩場も多くて登山道もわかりにくくて、大変でした。この鎖場は長く続きます。

鎖の連続。

鎖の連続。

鎖の連続。

キツ過ぎて下山写真少ないです。
ここからまだ1時間。皆さんがレポでアルプスよりキツイと書いてみえました。私はこんなにハシゴ、鎖場がある山は初めてと思います。

キツ過ぎて下山写真少ないです。 ここからまだ1時間。皆さんがレポでアルプスよりキツイと書いてみえました。私はこんなにハシゴ、鎖場がある山は初めてと思います。

キツ過ぎて下山写真少ないです。 ここからまだ1時間。皆さんがレポでアルプスよりキツイと書いてみえました。私はこんなにハシゴ、鎖場がある山は初めてと思います。

長くキツイ登り返しだったので、あっと言う間に駐車場です。

長くキツイ登り返しだったので、あっと言う間に駐車場です。

長くキツイ登り返しだったので、あっと言う間に駐車場です。

今日のお風呂。

今日のお風呂。

今日のお風呂。

気持ちいい。
少しぬるめのお風呂でゆっくりします。

気持ちいい。 少しぬるめのお風呂でゆっくりします。

気持ちいい。 少しぬるめのお風呂でゆっくりします。

内風呂。

内風呂。

内風呂。

露天風呂から見える景色。
また奈良の山に登りたいと思います。

露天風呂から見える景色。 また奈良の山に登りたいと思います。

露天風呂から見える景色。 また奈良の山に登りたいと思います。

登山口に向かう途中から。

駐車場。

登山道入り口まではなだらかな道。

和佐又山のコルに到着。 和佐又山は帰りに体力が残っていたら登ろう。

大普賢岳に向かいます。

竜の木。歯一本増やしておきました。

いきなり荒々しい岩が現れました。

日本岳までにいくつかの修験場があります。 まずは安全登山をお願いします。

切り立つ岩肌、凄い迫力です。 穏やかだった登山道が変わりました。

次の修験場には錫杖がありました。 きっとこれを持たれていたんですね。

岩場を登り日本岳のコルです。 日本岳には寄らずに次に向かいます。

石の鼻に寄ってみます。

凄い、凄い。

雲海まで。

曇り予報だったけど、めっちゃ晴天で嬉しい。

垂直ハシゴ。 ここからはハシゴ、鎖場の連続。

登山道から寄り道、小普賢岳。 ここは眺望もなかったですが戻りはバリエーションルートで😱

無事登山道に戻れました。綺麗な紅葉🍁🍂

山上ヶ岳との分岐を過ぎ後少しで大普賢岳山頂です。

山頂が見えてきました。

素晴らしい景色が見渡せる山頂です。

まだまだ途中だけど、嬉しい。

やったね。

大峰山脈かな?

周回コースにしたので、先に進みます。ここからは稜線歩き。山頂からしばらくは大峯奥駈道を歩きます。

振り返って見える大普賢岳。ここから見える大普賢岳が1番綺麗と思います。

紅葉も見れて、登山道が綺麗すぎます。片側は切れ落ちでいて深い谷がみえます。

周回しないと見れない景色。

早く歩くのがもったいないくらい。

ひっそりと可愛い看板😊

細い登山道にはチェーンが。 木の根で滑りやすいです。

わぁ、あれ登るのかな?

急に現れた一面の苔。

そして次は鎖。

鎖場を過ぎたら今度はこの景色💕 凄過ぎ。次から次に驚かされます。

そこの木道から見える景色。 大峰の奥深さを感じます。 残念ながらよく山の名前がわからない。わかる方教えて下さいね。

七曜岳に到着。

ここからも見晴らし最高。

多分1番奥が山上が岳かな?

大普賢岳にガスが。早く登ってよかった。

早いけどお昼にします。 メロンパンと粗挽きソーセージ。

七曜岳から少し下り、ここが大峯奥駈道との分岐です。私達はここで大峯奥駈道を外れて周回コースに。ここからは激下りでした😱

沢まで降りてきました。

そこは無双洞。滝が綺麗です。

キツイ登り返し。想像以上💦岩場も多くて登山道もわかりにくくて、大変でした。この鎖場は長く続きます。

鎖の連続。

キツ過ぎて下山写真少ないです。 ここからまだ1時間。皆さんがレポでアルプスよりキツイと書いてみえました。私はこんなにハシゴ、鎖場がある山は初めてと思います。

長くキツイ登り返しだったので、あっと言う間に駐車場です。

今日のお風呂。

気持ちいい。 少しぬるめのお風呂でゆっくりします。

内風呂。

露天風呂から見える景色。 また奈良の山に登りたいと思います。

類似するルートを通った活動日記