飯豊連峰 胎内尾根から足の松尾根

2021.10.09(土) 2 DAYS

活動データ

タイム

25:08

距離

23.5km

上り

2527m

下り

2528m

チェックポイント

DAY 1
合計時間
10 時間 45
休憩時間
1 時間 13
距離
6.8 km
上り / 下り
1245 / 308 m
3 1
3 20
1 39
DAY 2
合計時間
14 時間 23
休憩時間
1 時間 20
距離
16.6 km
上り / 下り
1282 / 2214 m
1 12
2 38
33
20
4
13
8
20
18
21
20
35
34

活動詳細

すべて見る

渡渉に始まり藪藪藪だらけの大変な尾根でした。 出だしの吊り橋は床板が完全に抜けていたので、吊り橋手前右側から河原におり(ロープ有)、渡渉後対岸の緩い岩のあたりから取り付きました(踏み跡、色褪せたピンクテープあり)。 雨量観測所までは蜘蛛の巣だらけですが明瞭な道で、何も困ることはありません。ここはサッサとこなした方が良いでしょう。 雨量観測所から先は所々踏み跡を見失い、傾いた木の藪漕ぎに難儀します。 踏み跡やリッジを辿ろうにも、木が隙間なく茂っていると、藪の薄いところに行きたいのが人情というもの。しかし下手に逃げると斜面の藪漕ぎを強いられるので後悔することもしばしば。 カモシカ岩は他の記録を参考に左から巻きました。 この辺りから熊の痕跡が多数あり緊張します。 滝沢峰の周辺は尾根の左側にテントを張れそうな草っ原が何箇所か出てきます。 小桜の池を目指していましたが、全く進まず、滝沢峰ピークをすぎ1280mあたりの尾根の横(北側)を少し降りたところで幕営しました。 2日目はまた後ほど

もしも不適切なコンテンツをお見かけした場合はお知らせください。