摩耶山へは、上野道、黒岩尾根、天狗道等々いくつかの登山ルートがあるが、前回ルート間違いで、未踏になっていた地蔵谷ルートに再チャレンジしてみた。

今日はこの大師道からスタートし摩耶山を目指す。

今日はこの大師道からスタートし摩耶山を目指す。

今日はこの大師道からスタートし摩耶山を目指す。

ここまでは舗装路だったが、この橋を渡れば山道に。

ここまでは舗装路だったが、この橋を渡れば山道に。

ここまでは舗装路だったが、この橋を渡れば山道に。

大師道は、この様な朽ち果てた廃墟が散見される。かつては大龍寺への参道として栄えたのだろう。

大師道は、この様な朽ち果てた廃墟が散見される。かつては大龍寺への参道として栄えたのだろう。

大師道は、この様な朽ち果てた廃墟が散見される。かつては大龍寺への参道として栄えたのだろう。

猩々池に到着

猩々池に到着

猩々池に到着

前回(2018年)大師道を通った時は左側のルートを進んだが、今日は右手にのびる道を選択した。

前回(2018年)大師道を通った時は左側のルートを進んだが、今日は右手にのびる道を選択した。

前回(2018年)大師道を通った時は左側のルートを進んだが、今日は右手にのびる道を選択した。

善助茶屋跡に続いていた。

善助茶屋跡に続いていた。

善助茶屋跡に続いていた。

大龍寺の参門

大龍寺の参門

大龍寺の参門

大龍寺参門から全山縦走路に入る。途中、高尾山へのルートが分岐。

大龍寺参門から全山縦走路に入る。途中、高尾山へのルートが分岐。

大龍寺参門から全山縦走路に入る。途中、高尾山へのルートが分岐。

スタートから約1時間ほどで市ケ原に到着。

スタートから約1時間ほどで市ケ原に到着。

スタートから約1時間ほどで市ケ原に到着。

今では滅多に見ることのない、緑の公衆電話

今では滅多に見ることのない、緑の公衆電話

今では滅多に見ることのない、緑の公衆電話

なんて名前の花❓縦走路によく咲いていた。

なんて名前の花❓縦走路によく咲いていた。

なんて名前の花❓縦走路によく咲いていた。

全山縦走路が右へ分岐していく

全山縦走路が右へ分岐していく

全山縦走路が右へ分岐していく

いよいよ地蔵谷ルートに入る

いよいよ地蔵谷ルートに入る

いよいよ地蔵谷ルートに入る

ここが前回ルート間違いをした分岐。このプレートの方面に明確な道があるが、これは縦走路に到達する今では廃道になった道。

ここが前回ルート間違いをした分岐。このプレートの方面に明確な道があるが、これは縦走路に到達する今では廃道になった道。

ここが前回ルート間違いをした分岐。このプレートの方面に明確な道があるが、これは縦走路に到達する今では廃道になった道。

正しくは左方向。堰堤の中に地蔵谷ルートはある。

正しくは左方向。堰堤の中に地蔵谷ルートはある。

正しくは左方向。堰堤の中に地蔵谷ルートはある。

ルートを見失わないよう、こうしたプレートや残地テープ等を確認しながら進む。

ルートを見失わないよう、こうしたプレートや残地テープ等を確認しながら進む。

ルートを見失わないよう、こうしたプレートや残地テープ等を確認しながら進む。

1回目の渡渉

1回目の渡渉

1回目の渡渉

進路右手に不思議な石垣を見つけた。寄り道してみた。

進路右手に不思議な石垣を見つけた。寄り道してみた。

進路右手に不思議な石垣を見つけた。寄り道してみた。

石段を登ると、そこには10坪ほどのスペースがあった。城跡だろうか?

石段を登ると、そこには10坪ほどのスペースがあった。城跡だろうか?

石段を登ると、そこには10坪ほどのスペースがあった。城跡だろうか?

澄んだ水

澄んだ水

澄んだ水

2度目の渡渉

2度目の渡渉

2度目の渡渉

3度目の渡渉

3度目の渡渉

3度目の渡渉

巨大な堰堤。よくもこんな山奥に造ったものだ。相当な難工事だったに違いない。

巨大な堰堤。よくもこんな山奥に造ったものだ。相当な難工事だったに違いない。

巨大な堰堤。よくもこんな山奥に造ったものだ。相当な難工事だったに違いない。

左に黒岩尾根ルートが分岐、

左に黒岩尾根ルートが分岐、

左に黒岩尾根ルートが分岐、

急勾配

急勾配

急勾配

摩耶山山頂へもうひと踏ん張り。

摩耶山山頂へもうひと踏ん張り。

摩耶山山頂へもうひと踏ん張り。

摩耶山山頂に到着…掬星台のロープウェイ駅に到着。

摩耶山山頂に到着…掬星台のロープウェイ駅に到着。

摩耶山山頂に到着…掬星台のロープウェイ駅に到着。

ロープウェイから見下ろす神戸市街

ロープウェイから見下ろす神戸市街

ロープウェイから見下ろす神戸市街

ケーブルカーに乗り換え、無事下山。

ケーブルカーに乗り換え、無事下山。

ケーブルカーに乗り換え、無事下山。

今日はこの大師道からスタートし摩耶山を目指す。

ここまでは舗装路だったが、この橋を渡れば山道に。

大師道は、この様な朽ち果てた廃墟が散見される。かつては大龍寺への参道として栄えたのだろう。

猩々池に到着

前回(2018年)大師道を通った時は左側のルートを進んだが、今日は右手にのびる道を選択した。

善助茶屋跡に続いていた。

大龍寺の参門

大龍寺参門から全山縦走路に入る。途中、高尾山へのルートが分岐。

スタートから約1時間ほどで市ケ原に到着。

今では滅多に見ることのない、緑の公衆電話

なんて名前の花❓縦走路によく咲いていた。

全山縦走路が右へ分岐していく

いよいよ地蔵谷ルートに入る

ここが前回ルート間違いをした分岐。このプレートの方面に明確な道があるが、これは縦走路に到達する今では廃道になった道。

正しくは左方向。堰堤の中に地蔵谷ルートはある。

ルートを見失わないよう、こうしたプレートや残地テープ等を確認しながら進む。

1回目の渡渉

進路右手に不思議な石垣を見つけた。寄り道してみた。

石段を登ると、そこには10坪ほどのスペースがあった。城跡だろうか?

澄んだ水

2度目の渡渉

3度目の渡渉

巨大な堰堤。よくもこんな山奥に造ったものだ。相当な難工事だったに違いない。

左に黒岩尾根ルートが分岐、

急勾配

摩耶山山頂へもうひと踏ん張り。

摩耶山山頂に到着…掬星台のロープウェイ駅に到着。

ロープウェイから見下ろす神戸市街

ケーブルカーに乗り換え、無事下山。