Gunung Nishiaduma-yama

2021.10.09(土) 2 DAYS

活動データ

タイム

27:54

距離

33.8km

上り

1979m

下り

1979m

チェックポイント

DAY 1
合計時間
16 時間 8
休憩時間
2 時間 21
距離
17.9 km
上り / 下り
1347 / 945 m
44
36
45
15
45
55
32
1 15
4
14
5
6 23
DAY 2
合計時間
11 時間 45
休憩時間
3 時間 29
距離
15.8 km
上り / 下り
632 / 1033 m
1 4
29
1 3
2 51
2 38

活動詳細

すべて見る

先週の大朝日岳に続いて、同じ磐梯朝日国立公園の西吾妻山(って、後で知ったんだけど)。 今回、わたしが歩いたコースは、あまり人気が無いようで、みなさん、一切経山から五色沼を眺めると、そのまま下山する人が多いみたい。 いやー、バテました、ほんと。 あと、車で帰る時、磐梯朝日スカイラインの渋滞が凄かった(生涯ランク1位! いや、愛鷹山が1位かな?)。この時間からなんで?って思ったけど。 世間は3連休だったのね…。

吾妻山・一切経山 3時半に家を出て、磐梯熱海ICを降り、24号線、115号線、70号線を走り、磐梯吾妻スカイラインに乗る。
日本の道100選だって。
3時半に家を出て、磐梯熱海ICを降り、24号線、115号線、70号線を走り、磐梯吾妻スカイラインに乗る。 日本の道100選だって。
吾妻山・一切経山 2時間30分で、浄土平駐車場に到着。
この時間は、まだ料金所窓口が閉まっていて無料。
あいにく、霧雨もぱらついていて、車も20台くらいかな。
でも、吾妻小富士の稜線には、人影が見えるよ。
2時間30分で、浄土平駐車場に到着。 この時間は、まだ料金所窓口が閉まっていて無料。 あいにく、霧雨もぱらついていて、車も20台くらいかな。 でも、吾妻小富士の稜線には、人影が見えるよ。
吾妻山・一切経山 浄土平ビジターセンター。
どうしよう、雨。
途中で降りが強くなるとヤなので、とりあえず、雨具の上下とザックカバーの雨支度でスタート。
浄土平ビジターセンター。 どうしよう、雨。 途中で降りが強くなるとヤなので、とりあえず、雨具の上下とザックカバーの雨支度でスタート。
吾妻山・一切経山 登山道はこちら。
登山道はこちら。
吾妻山・一切経山 浄土平天文台の脇が、登山口。
浄土平天文台の脇が、登山口。
吾妻山・一切経山 奥に一切経山(かな?)、手前に駐車場。
行きは分からなかったけど、下山してくると、このスペースにも車がいっぱい。
奥に一切経山(かな?)、手前に駐車場。 行きは分からなかったけど、下山してくると、このスペースにも車がいっぱい。
吾妻山・一切経山 酸ヶ平。
紅葉はもうちょっとかな。
一切経山に向かう。
酸ヶ平。 紅葉はもうちょっとかな。 一切経山に向かう。
吾妻山・一切経山 酸ヶ平避難小屋。
酸ヶ平避難小屋。
吾妻山・一切経山 中はこんなかんじ。
休憩用かな。
中はこんなかんじ。 休憩用かな。
吾妻山・一切経山 なんか、見えた。
なんか、見えた。
吾妻山・一切経山 万邦平和生存感謝。
万邦平和生存感謝。
吾妻山・一切経山 一切経山山頂。
一切経山山頂。
吾妻山・一切経山 五色沼を見下ろす。
逆♡マークだね。
奥に家形山。
五色沼を見下ろす。 逆♡マークだね。 奥に家形山。
吾妻山・一切経山 家形山に向かう。
一切経山の頂上から、「あ、あそこに人がいる」とか、言われてるのかな?
家形山に向かう。 一切経山の頂上から、「あ、あそこに人がいる」とか、言われてるのかな?
吾妻山・一切経山 五色沼なめの、一切経山。
五色沼なめの、一切経山。
吾妻山・一切経山 あらあら、ガスってきたよ。
あらあら、ガスってきたよ。
吾妻山・一切経山 ここを昇る。
「ここでいいのかな?」ってとこが、そこ!
ここを昇る。 「ここでいいのかな?」ってとこが、そこ!
吾妻山・一切経山 家形山頂上。
雲海が素敵。
家形山頂上。 雲海が素敵。
吾妻山・一切経山 おやおや、
おやおや、
吾妻山・一切経山 誰の仕業?
誰の仕業?
吾妻山・一切経山 もしかして、これもあなた?
もしかして、これもあなた?
吾妻山・一切経山 ここは左。
真っ直ぐ行きかけて、すぐに間違いに気付いたわたし。
ここは左。 真っ直ぐ行きかけて、すぐに間違いに気付いたわたし。
吾妻山・一切経山 堀田林道というのか。
グジュグジュ多め。
防水の靴、必至だね。
堀田林道というのか。 グジュグジュ多め。 防水の靴、必至だね。
吾妻山・一切経山 ニセ烏帽子山。
「濡れ衣だ!」の声が聞こえる。
この少し手前辺りから、後方から犬の鳴き声が聞こえだす。
「わんわん」「わんわん」。
よく聞くと、2匹いるようだ。
さらによく聞くと、太い鳴き声の雄と、少し高い鳴き声の雌のようだ。
…。
まてよ、犬って、雄雌で鳴き声が違うのか?
そのうち、犬の鳴き声は止み、その後、トレランのカップルが追い抜いていきました。
とさ。
ニセ烏帽子山。 「濡れ衣だ!」の声が聞こえる。 この少し手前辺りから、後方から犬の鳴き声が聞こえだす。 「わんわん」「わんわん」。 よく聞くと、2匹いるようだ。 さらによく聞くと、太い鳴き声の雄と、少し高い鳴き声の雌のようだ。 …。 まてよ、犬って、雄雌で鳴き声が違うのか? そのうち、犬の鳴き声は止み、その後、トレランのカップルが追い抜いていきました。 とさ。
吾妻山・一切経山 こっちが、ほんとの烏帽子山。
本物なのに、扱いがひどくありません?
こっちが、ほんとの烏帽子山。 本物なのに、扱いがひどくありません?
吾妻山・一切経山 「手前に見える平地が、明日通るルートだな、多分」とか、思ってる。
「明日は楽できそうだな」とか、思ってる。
「手前に見える平地が、明日通るルートだな、多分」とか、思ってる。 「明日は楽できそうだな」とか、思ってる。
吾妻山・一切経山 烏帽子山から正元山に向かって、岩場を下る。
その岩が滑る。
「ここは滑るかな?」は、絶対すべる。
「ここは大丈夫だろう」も、滑る(ことが多い)。
「さすがに、ここは滑らないだろう」で、はじめて滑らない。
注意。
トータル、この山の岩は滑る。
烏帽子山から正元山に向かって、岩場を下る。 その岩が滑る。 「ここは滑るかな?」は、絶対すべる。 「ここは大丈夫だろう」も、滑る(ことが多い)。 「さすがに、ここは滑らないだろう」で、はじめて滑らない。 注意。 トータル、この山の岩は滑る。
吾妻山・一切経山 「正元山に登った」、というか、通過した。
「正元山に登った」、というか、通過した。
吾妻山・一切経山 分岐。
今日は、右に行く。
明日は、真っ直ぐのルートを行くのだ。
分岐。 今日は、右に行く。 明日は、真っ直ぐのルートを行くのだ。
吾妻山・一切経山 東大巓に向かう(巓ってなんだ)。
この辺から、木道率高め。
今日は底の硬い靴なので、徐々に足裏に効いてくる。
東大巓に向かう(巓ってなんだ)。 この辺から、木道率高め。 今日は底の硬い靴なので、徐々に足裏に効いてくる。
吾妻山・一切経山 木道、滑ります。
一歩一歩、小刻みに。
木道、滑ります。 一歩一歩、小刻みに。
吾妻山・一切経山 むしろ、筵。
むしろ、筵。
吾妻山・一切経山 晴れたり、曇ったり。
やっぱり、土踏まずは痛い。
晴れたり、曇ったり。 やっぱり、土踏まずは痛い。
吾妻山・一切経山 藤十郎に到着。
でも、藤十郎はいない。
藤十郎に到着。 でも、藤十郎はいない。
吾妻山・一切経山 地味な登りは、一旦終了、っぽい。
地味な登りは、一旦終了、っぽい。
吾妻山・一切経山 この奥が、あれか?
この奥が、あれか?
吾妻山・一切経山 人形岩。
人形岩。
吾妻山・一切経山 寄ってみる。
ここで、やっと、他の登山客に会える(トレランカップルと、犬二匹の外に)。
寄ってみる。 ここで、やっと、他の登山客に会える(トレランカップルと、犬二匹の外に)。
吾妻山・一切経山 水場で水を補給しようと目論む。
「地図だと、この辺だな」。
すれ違ったカップルに聞くと、「もう少しですよ」って。
でも、無い。
地図の水場マーク辺りをウロウロしても、見つからない。
変だな。
別のすれ違った人に聞いてみる。
「この辺りで、水場を見ませんでしたか?」と、問うと、
「見てなかったけど、地図だとこの辺りじゃないですか?」
だよね。
でも、ねんのため、少し先まで歩いてみる。
あった。
道端にあった。
「あの人は、これに気付かないほど、真剣にあるいてたんだな」
よくあることだ。
「大凹の水場」というらしい。当て字だな。
水場で水を補給しようと目論む。 「地図だと、この辺だな」。 すれ違ったカップルに聞くと、「もう少しですよ」って。 でも、無い。 地図の水場マーク辺りをウロウロしても、見つからない。 変だな。 別のすれ違った人に聞いてみる。 「この辺りで、水場を見ませんでしたか?」と、問うと、 「見てなかったけど、地図だとこの辺りじゃないですか?」 だよね。 でも、ねんのため、少し先まで歩いてみる。 あった。 道端にあった。 「あの人は、これに気付かないほど、真剣にあるいてたんだな」 よくあることだ。 「大凹の水場」というらしい。当て字だな。
吾妻山・一切経山 チョロチョロだが、根気よく溜める。
チョロチョロだが、根気よく溜める。
吾妻山・一切経山 「ここに泉あり」
「山の泉、とわに清し」
「看板は錆し」
「ここに泉あり」 「山の泉、とわに清し」 「看板は錆し」
吾妻山・一切経山 団体とのすれ違い、多し。
そのたびに、大きな声で、「登りきまーす」と言われる。
…。
団体とのすれ違い、多し。 そのたびに、大きな声で、「登りきまーす」と言われる。 …。
吾妻山・一切経山 今日の落し物。
ピンクのタオル。
この山は、落し物が少ないなぁ。
今日の落し物。 ピンクのタオル。 この山は、落し物が少ないなぁ。
吾妻山・一切経山 岩より空が好き。
岩より空が好き。
吾妻山・一切経山 一瞬で、ガス。
一瞬で、ガス。
吾妻山・一切経山 「西吾妻山山頂を経て西吾妻山小屋」
先ず、経ます。
「西吾妻山山頂を経て西吾妻山小屋」 先ず、経ます。
吾妻山・一切経山 西吾妻山山頂。
山頂感、ゼロ。
西吾妻山山頂。 山頂感、ゼロ。
吾妻山・一切経山 あれが、今日のねぐら。
あれが、今日のねぐら。
吾妻山・一切経山 こんな感じ。
こんな感じ。
吾妻山・一切経山 なんか、おしゃれ。
なんか、おしゃれ。
吾妻山・一切経山 一階。
一階。
吾妻山・一切経山 二階。
このあと、今日の同居人が戻る。山慣れしたようなおじさん。
小屋に荷物をデポして、西の方に水を汲みに行っていたらしい。
よく、話しかけて来てくれる人。
二階。 このあと、今日の同居人が戻る。山慣れしたようなおじさん。 小屋に荷物をデポして、西の方に水を汲みに行っていたらしい。 よく、話しかけて来てくれる人。
吾妻山・一切経山 時間はまだ早いし、西大巓の方に行って来よう。
だめだ、足が上がらない。
思いのほか、バテてた。
せめて、水場だけでも見て帰ろう。
水場入口は、ここかな。
時間はまだ早いし、西大巓の方に行って来よう。 だめだ、足が上がらない。 思いのほか、バテてた。 せめて、水場だけでも見て帰ろう。 水場入口は、ここかな。
吾妻山・一切経山 石柱があるんで、ここのような気もするけど…。
石柱があるんで、ここのような気もするけど…。
吾妻山・一切経山 どうかな。
どうかな。
吾妻山・一切経山 一階のワンフロアー貸切。
おじさんは二階。
一階のワンフロアー貸切。 おじさんは二階。
吾妻山・一切経山 起きた。
やむなく、ランチパック。
起きた。 やむなく、ランチパック。
吾妻山・一切経山 小屋に置いてあった「思い出ノート」に適当なことを書き、出発。
おじさんは、朝食の準備中。
お先です。
正直に言うと、昨日の疲れが残ってる。
小屋に置いてあった「思い出ノート」に適当なことを書き、出発。 おじさんは、朝食の準備中。 お先です。 正直に言うと、昨日の疲れが残ってる。
吾妻山・一切経山 下りの濡れた木道。
最注意。
そして、熊注意。
拍手率多め。
拍手しっぱなし。
スタンディングオベーションじゃなくて、ウォーキングオベーション。なんちゃって。
下りの濡れた木道。 最注意。 そして、熊注意。 拍手率多め。 拍手しっぱなし。 スタンディングオベーションじゃなくて、ウォーキングオベーション。なんちゃって。
吾妻山・一切経山 やっぱり、空。
そして、雲。
やっぱり、空。 そして、雲。
吾妻山・一切経山 特に、コメント無し。
特に、コメント無し。
吾妻山・一切経山 梵天岩、だったかな。
梵天岩、だったかな。
吾妻山・一切経山 もう、速く歩いたら、滑るの必至だからね。
馬鹿みたいに、一歩一歩。
むしろ、半歩半歩。
もう、速く歩いたら、滑るの必至だからね。 馬鹿みたいに、一歩一歩。 むしろ、半歩半歩。
吾妻山・一切経山 今日の落し物。
いや、昨日のだ。
今日の落し物。 いや、昨日のだ。
吾妻山・一切経山 ズームバックしたみたいな雲。
ズームバックしたみたいな雲。
吾妻山・一切経山 横長の雲を強調してみた。
横長の雲を強調してみた。
吾妻山・一切経山 ねんのため、アクエリアスを1リットル作る。
ねんのため、アクエリアスを1リットル作る。
吾妻山・一切経山 YAMAPでは、この辺に水場のマークがあったけど、違うよ、YAMAPさん。
YAMAPでは、この辺に水場のマークがあったけど、違うよ、YAMAPさん。
吾妻山・一切経山 この下に木道があるんだけど、熊笹が元気(育ち盛り)で、
この下に木道があるんだけど、熊笹が元気(育ち盛り)で、
吾妻山・一切経山 朝露で、ズボンのすそがびっしょり。
朝露で、ズボンのすそがびっしょり。
吾妻山・一切経山 こっちがリフト乗場だって。
こっちがリフト乗場だって。
吾妻山・一切経山 人形岩には、誰もいない。
人形岩には、誰もいない。
吾妻山・一切経山 人形岩をよく見る。
そういわれると、ところどころ、人の顔に見える(気がしないこともない)。
あなたは、いくつみつけられるかな?
いわれは、「人の顔」じゃないかもしれないけど。
人形岩をよく見る。 そういわれると、ところどころ、人の顔に見える(気がしないこともない)。 あなたは、いくつみつけられるかな? いわれは、「人の顔」じゃないかもしれないけど。
吾妻山・一切経山 あっちの山とか。
あっちの山とか。
吾妻山・一切経山 こっちの山とか。
こっちの山とか。
吾妻山・一切経山 遠くの街並みは、米沢市かな。
この辺りで、ソロの女性トレランナーとすれ違い。
道をよけたら、急ぎ足で通ったけど、滑るから気を付けて。
遠くの街並みは、米沢市かな。 この辺りで、ソロの女性トレランナーとすれ違い。 道をよけたら、急ぎ足で通ったけど、滑るから気を付けて。
吾妻山・一切経山 左に行くと、明月荘らしい。
元気だったら、寄り道したかったけど…。
左に行くと、明月荘らしい。 元気だったら、寄り道したかったけど…。
吾妻山・一切経山 この上が、東大巓。
なぎ倒されてる。
ヒエー!
この上が、東大巓。 なぎ倒されてる。 ヒエー!
吾妻山・一切経山 予定通り、この道を行く。
予定通り、この道を行く。
吾妻山・一切経山 体力を削りに来る下り。
体力を削りに来る下り。
吾妻山・一切経山 こっちは、やめな。
こっちは、やめな。
吾妻山・一切経山 ごつい倒木があるから。
少し右側を通りなさい、というサインだったらしい。
ごつい倒木があるから。 少し右側を通りなさい、というサインだったらしい。
吾妻山・一切経山 川を渡る。
そうだ、あれを使ってみるチャンス!
川を渡る。 そうだ、あれを使ってみるチャンス!
吾妻山・一切経山 アクエリアスも、飲み切っちゃったし。
ソーヤーミニで、水を補充。
アクエリアスも、飲み切っちゃったし。 ソーヤーミニで、水を補充。
吾妻山・一切経山 このルートは、渡渉が多い。
やっぱり、防水がMUSTだな。
このルートは、渡渉が多い。 やっぱり、防水がMUSTだな。
吾妻山・一切経山 あの稜線から、
あの稜線から、
吾妻山・一切経山 この稜線へ。
「あそこにわたしの足跡が…」。
谷地平にて、感慨にふけるわたし。
この稜線へ。 「あそこにわたしの足跡が…」。 谷地平にて、感慨にふけるわたし。
吾妻山・一切経山 渡渉-2。
この山は、河原の石だって、当然滑る。
渡渉-2。 この山は、河原の石だって、当然滑る。
吾妻山・一切経山 谷地平小屋(裏面)。
谷地平小屋(裏面)。
吾妻山・一切経山 谷地平小屋(表面)。
谷地平小屋(表面)。
吾妻山・一切経山 お邪魔します。
二階無し。
おじさん二人が休憩中だったので、屋根の方だけ撮ります。
お邪魔します。 二階無し。 おじさん二人が休憩中だったので、屋根の方だけ撮ります。
吾妻山・一切経山 渡渉ー3。
ここから、最後の登りに向かう。
この時はまだ、「2時に着ければいいかな?」とか思ってたのよ。
渡渉ー3。 ここから、最後の登りに向かう。 この時はまだ、「2時に着ければいいかな?」とか思ってたのよ。
吾妻山・一切経山 それから2時間。
バテるって、こういうこと。
ザックの重みが、少しずつわたしを蝕んでいた結果がこれ。
吾妻小富士が見え、ほっとして一枚。
それから2時間。 バテるって、こういうこと。 ザックの重みが、少しずつわたしを蝕んでいた結果がこれ。 吾妻小富士が見え、ほっとして一枚。
吾妻山・一切経山 さらに、もう一枚。
さらに、もう一枚。
吾妻山・一切経山 戻りました。
へとへと、そして、へろへろ。
戻りました。 へとへと、そして、へろへろ。
吾妻山・一切経山 ビジターセンターをのぞいてみる。
ビジターセンターをのぞいてみる。
吾妻山・一切経山 16時までね。
16時までね。
吾妻山・一切経山 キレイ。
広目。
展示もしっかり。
帰ります。
そして、磐梯朝日スカイラインが激混み。
キレイ。 広目。 展示もしっかり。 帰ります。 そして、磐梯朝日スカイラインが激混み。
吾妻山・一切経山 郡山に移動。
春木屋郡山分店。
「おすすめは何ですか?」って、聞いて、すぐ答えをもらえる店は、なんか信用できる(わたしの価値観ね)。
そこで、ワンタンラーメン(醤油味)+餃子。

おしまい。
郡山に移動。 春木屋郡山分店。 「おすすめは何ですか?」って、聞いて、すぐ答えをもらえる店は、なんか信用できる(わたしの価値観ね)。 そこで、ワンタンラーメン(醤油味)+餃子。 おしまい。

もしも不適切なコンテンツをお見かけした場合はお知らせください。