秋晴れの一日、国東に遊ぶ(狩場山・伊美山・じなし山)

2021.10.10(日) 日帰り

緊急事態宣言も解除され、久しぶりに国東を訪れた。 暑いくらいの秋晴れの一日、金ヶ峠~狩場山~伊美山~地蔵峠~じなし山の渋コースを歩いた。 狩場山や伊美山は単体では登ったことがあるが、その間の尾根縦走をしたことがなかったので歩いてみた。 途中絶景ポイントもあり、楽しい尾根歩きだった。 地蔵峠からは、三角点由ヶ迫方面へ少し進んで、適当な所で引き返そうかなと思っていたが、 快晴で展望も良かったので、昨年登ったじなし山からの展望を楽しみたくなり、予定変更してそこに行って来た。 南峰手前の急峻なザレ場は登るのもトラバースするのも神経を使うが、山頂からの眺めは最高。 帰りは久しぶりにあかねの郷の温泉に入って疲れを取り帰路に就いた。

狩場山登山口にも停める所はあるが、周回のことも考え少し手前の広くなった所に停める

狩場山登山口にも停める所はあるが、周回のことも考え少し手前の広くなった所に停める

狩場山登山口にも停める所はあるが、周回のことも考え少し手前の広くなった所に停める

車道をショートカットして登っていたら、作業道っぽいのがあった

車道をショートカットして登っていたら、作業道っぽいのがあった

車道をショートカットして登っていたら、作業道っぽいのがあった

適当にショートカットして登山口を目指す

適当にショートカットして登山口を目指す

適当にショートカットして登山口を目指す

車道に出た。ここにも停められる。

車道に出た。ここにも停められる。

車道に出た。ここにも停められる。

ちょうど狩場山登山口だった

ちょうど狩場山登山口だった

ちょうど狩場山登山口だった

途中少し藪もあるが、赤テープはある

途中少し藪もあるが、赤テープはある

途中少し藪もあるが、赤テープはある

千燈岳や赤根山、熊ヶ岳、文珠山が見える

千燈岳や赤根山、熊ヶ岳、文珠山が見える

千燈岳や赤根山、熊ヶ岳、文珠山が見える

野仏さんの分岐に到着

野仏さんの分岐に到着

野仏さんの分岐に到着

狩場山に行くにはこちら

狩場山に行くにはこちら

狩場山に行くにはこちら

城成仁王像を通らないルート

城成仁王像を通らないルート

城成仁王像を通らないルート

城成仁王像を通るルートはこちら、ここから近いと思うので仁王像を探しに行ってきます

城成仁王像を通るルートはこちら、ここから近いと思うので仁王像を探しに行ってきます

城成仁王像を通るルートはこちら、ここから近いと思うので仁王像を探しに行ってきます

先の分岐まで来てしまった。ということは途中に仁王像があったはず。引き返しながら探してみる

先の分岐まで来てしまった。ということは途中に仁王像があったはず。引き返しながら探してみる

先の分岐まで来てしまった。ということは途中に仁王像があったはず。引き返しながら探してみる

あった。登山道から少し離れているので分からないですね

あった。登山道から少し離れているので分からないですね

あった。登山道から少し離れているので分からないですね

城成仁王像

城成仁王像

城成仁王像

ミニ仁王像

ミニ仁王像

ミニ仁王像

こちらは首がなくなっている

こちらは首がなくなっている

こちらは首がなくなっている

野仏の分岐には戻らず狩場山に向けてショートカットする

野仏の分岐には戻らず狩場山に向けてショートカットする

野仏の分岐には戻らず狩場山に向けてショートカットする

正規登山道に合流

正規登山道に合流

正規登山道に合流

写真では伝わらないが三角点手前の急登、以前来た時はぬかるんでいて難儀した

写真では伝わらないが三角点手前の急登、以前来た時はぬかるんでいて難儀した

写真では伝わらないが三角点手前の急登、以前来た時はぬかるんでいて難儀した

四等三角点「狩場山口」到着

四等三角点「狩場山口」到着

四等三角点「狩場山口」到着

5分程で狩場山

5分程で狩場山

5分程で狩場山

展望はないがゆっくりできそうな山頂

展望はないがゆっくりできそうな山頂

展望はないがゆっくりできそうな山頂

巻き道の方に赤テープがあるので素直に従う

巻き道の方に赤テープがあるので素直に従う

巻き道の方に赤テープがあるので素直に従う

巻いていたら、この上が展望岩だったなと気付き斜面を登り尾根に上がる

巻いていたら、この上が展望岩だったなと気付き斜面を登り尾根に上がる

巻いていたら、この上が展望岩だったなと気付き斜面を登り尾根に上がる

展望岩

展望岩

展望岩

ドーンと展望、青空に形のいい山が二つ、尻付とハジカミ

ドーンと展望、青空に形のいい山が二つ、尻付とハジカミ

ドーンと展望、青空に形のいい山が二つ、尻付とハジカミ

ミイケヒラ

ミイケヒラ

ミイケヒラ

宇佐、中津方面の海岸

宇佐、中津方面の海岸

宇佐、中津方面の海岸

中山仙境方面の岩峰群

中山仙境方面の岩峰群

中山仙境方面の岩峰群

伊美山に行っても展望がないので、ここで絶景を見ながら昼ご飯とする

伊美山に行っても展望がないので、ここで絶景を見ながら昼ご飯とする

伊美山に行っても展望がないので、ここで絶景を見ながら昼ご飯とする

伊美山

伊美山

伊美山

山頂の少し先の展望岩から、姫島

山頂の少し先の展望岩から、姫島

山頂の少し先の展望岩から、姫島

姫島と千燈岳

姫島と千燈岳

姫島と千燈岳

狩場山

狩場山

狩場山

三等三角点「赤根」

三等三角点「赤根」

三等三角点「赤根」

地蔵峠へ向かう

地蔵峠へ向かう

地蔵峠へ向かう

両子山

両子山

両子山

文珠山

文珠山

文珠山

写真を撮る時には気付かなかったが、左の木の陰にじなし山。気付いていれば木をよけて撮ったが

写真を撮る時には気付かなかったが、左の木の陰にじなし山。気付いていれば木をよけて撮ったが

写真を撮る時には気付かなかったが、左の木の陰にじなし山。気付いていれば木をよけて撮ったが

やや荒れた竹ヤブを抜けると

やや荒れた竹ヤブを抜けると

やや荒れた竹ヤブを抜けると

地蔵峠のお茶屋跡

地蔵峠のお茶屋跡

地蔵峠のお茶屋跡

トンネルができる前は峠越が大変だったようで、遭難者を弔うため地蔵菩薩を安置したとか

トンネルができる前は峠越が大変だったようで、遭難者を弔うため地蔵菩薩を安置したとか

トンネルができる前は峠越が大変だったようで、遭難者を弔うため地蔵菩薩を安置したとか

地蔵菩薩

地蔵菩薩

地蔵菩薩

峠入口の案内表示

峠入口の案内表示

峠入口の案内表示

地蔵トンネル手前のここからじなし山に取付き

地蔵トンネル手前のここからじなし山に取付き

地蔵トンネル手前のここからじなし山に取付き

植林地を進む

植林地を進む

植林地を進む

大きな岩壁を左に巻く

大きな岩壁を左に巻く

大きな岩壁を左に巻く

秋の気配

秋の気配

秋の気配

巻きすぎて少し遠回りになったが、北峰到着。南峰より北峰の方が展望があると思って南峰を巻いたが記憶違い。北峰の展望はあまりない

巻きすぎて少し遠回りになったが、北峰到着。南峰より北峰の方が展望があると思って南峰を巻いたが記憶違い。北峰の展望はあまりない

巻きすぎて少し遠回りになったが、北峰到着。南峰より北峰の方が展望があると思って南峰を巻いたが記憶違い。北峰の展望はあまりない

少し先に行くと海が見える、国見の方かな

少し先に行くと海が見える、国見の方かな

少し先に行くと海が見える、国見の方かな

帰りに南峰立ち寄り

帰りに南峰立ち寄り

帰りに南峰立ち寄り

南峰、ここの展望は素晴らしい

南峰、ここの展望は素晴らしい

南峰、ここの展望は素晴らしい

両子山

両子山

両子山

正面に屋山、右に烏帽子岳

正面に屋山、右に烏帽子岳

正面に屋山、右に烏帽子岳

烏帽子岳とミイケヒラ

烏帽子岳とミイケヒラ

烏帽子岳とミイケヒラ

国東の紅葉はまだずっと先のはずだが

国東の紅葉はまだずっと先のはずだが

国東の紅葉はまだずっと先のはずだが

烏帽子岳アップ

烏帽子岳アップ

烏帽子岳アップ

眺めがいい、ここでのんびりTEA TIME

眺めがいい、ここでのんびりTEA TIME

眺めがいい、ここでのんびりTEA TIME

やっぱい色付いてきているなぁ

やっぱい色付いてきているなぁ

やっぱい色付いてきているなぁ

南峰周辺はザレ場で掴むものも少なく、滑らないように気を遣う。木の根っこなどで確保しながら四足歩行する

南峰周辺はザレ場で掴むものも少なく、滑らないように気を遣う。木の根っこなどで確保しながら四足歩行する

南峰周辺はザレ場で掴むものも少なく、滑らないように気を遣う。木の根っこなどで確保しながら四足歩行する

南峰直下

南峰直下

南峰直下

炭焼き窯跡

炭焼き窯跡

炭焼き窯跡

県道まで戻ってきた

県道まで戻ってきた

県道まで戻ってきた

駐車地までは秘密兵器で

駐車地までは秘密兵器で

駐車地までは秘密兵器で

途中の神社に参拝

途中の神社に参拝

途中の神社に参拝

あかねの郷から千燈岳方向

あかねの郷から千燈岳方向

あかねの郷から千燈岳方向

来るたびに閉まっていたが、開いていたのであかねの郷の温泉で疲れを癒す

来るたびに閉まっていたが、開いていたのであかねの郷の温泉で疲れを癒す

来るたびに閉まっていたが、開いていたのであかねの郷の温泉で疲れを癒す

狩場山登山口にも停める所はあるが、周回のことも考え少し手前の広くなった所に停める

車道をショートカットして登っていたら、作業道っぽいのがあった

適当にショートカットして登山口を目指す

車道に出た。ここにも停められる。

ちょうど狩場山登山口だった

途中少し藪もあるが、赤テープはある

千燈岳や赤根山、熊ヶ岳、文珠山が見える

野仏さんの分岐に到着

狩場山に行くにはこちら

城成仁王像を通らないルート

城成仁王像を通るルートはこちら、ここから近いと思うので仁王像を探しに行ってきます

先の分岐まで来てしまった。ということは途中に仁王像があったはず。引き返しながら探してみる

あった。登山道から少し離れているので分からないですね

城成仁王像

ミニ仁王像

こちらは首がなくなっている

野仏の分岐には戻らず狩場山に向けてショートカットする

正規登山道に合流

写真では伝わらないが三角点手前の急登、以前来た時はぬかるんでいて難儀した

四等三角点「狩場山口」到着

5分程で狩場山

展望はないがゆっくりできそうな山頂

巻き道の方に赤テープがあるので素直に従う

巻いていたら、この上が展望岩だったなと気付き斜面を登り尾根に上がる

展望岩

ドーンと展望、青空に形のいい山が二つ、尻付とハジカミ

ミイケヒラ

宇佐、中津方面の海岸

中山仙境方面の岩峰群

伊美山に行っても展望がないので、ここで絶景を見ながら昼ご飯とする

伊美山

山頂の少し先の展望岩から、姫島

姫島と千燈岳

狩場山

三等三角点「赤根」

地蔵峠へ向かう

両子山

文珠山

写真を撮る時には気付かなかったが、左の木の陰にじなし山。気付いていれば木をよけて撮ったが

やや荒れた竹ヤブを抜けると

地蔵峠のお茶屋跡

トンネルができる前は峠越が大変だったようで、遭難者を弔うため地蔵菩薩を安置したとか

地蔵菩薩

峠入口の案内表示

地蔵トンネル手前のここからじなし山に取付き

植林地を進む

大きな岩壁を左に巻く

秋の気配

巻きすぎて少し遠回りになったが、北峰到着。南峰より北峰の方が展望があると思って南峰を巻いたが記憶違い。北峰の展望はあまりない

少し先に行くと海が見える、国見の方かな

帰りに南峰立ち寄り

南峰、ここの展望は素晴らしい

両子山

正面に屋山、右に烏帽子岳

烏帽子岳とミイケヒラ

国東の紅葉はまだずっと先のはずだが

烏帽子岳アップ

眺めがいい、ここでのんびりTEA TIME

やっぱい色付いてきているなぁ

南峰周辺はザレ場で掴むものも少なく、滑らないように気を遣う。木の根っこなどで確保しながら四足歩行する

南峰直下

炭焼き窯跡

県道まで戻ってきた

駐車地までは秘密兵器で

途中の神社に参拝

あかねの郷から千燈岳方向

来るたびに閉まっていたが、開いていたのであかねの郷の温泉で疲れを癒す