鍋足山 岩と滝と花 めぐり

2021.10.10(日) 日帰り

チェックポイント

DAY 1
合計時間
6 時間 45
休憩時間
1 時間 43
距離
9.1 km
上り / 下り
963 / 958 m
22
4 18
16

活動詳細

すべて見る

2021年 久慈山地探訪 17回目 どこか紅葉の綺麗な山にも行きたいが、気力と体力が万全ではなかったので、地元茨城の鍋足山で気分転換! 鍋足山は久慈山地らしい岩陵帯と滝が魅力的だ。植生は先日行った篭岩山周辺と似ているそうなので、鍋足山でも「ぬばたま」が見られるか期待したが確認できなかった。 猪鼻峠から鍋足山まで縦走し、中ん滝、北の入滝を経由して銚子口滝をまわる予定だったが、大ボケで銚子口滝がよくわからずスルー。ま、いいか。気付かずに巻いてしまったらしい。 鍋足山の滝は水量が少なく迫力に欠けるが、黒く湿った岩肌とその存在感は、それはそれで味わい深い。氷瀑は見事らしいので今年の冬は訪れてみたいと考えている。 バリルートを地形図に書き込んだ上で歩いてますが、状況により道の無い藪や沢の中を歩いていますので軌跡はあまり参考にならないと思います。

鍋足山 猪鼻峠の一里塚ロードパークからスタート。トイレ有り。
猪鼻峠の一里塚ロードパークからスタート。トイレ有り。
鍋足山 はじめは平凡な植林地
はじめは平凡な植林地
鍋足山 赤い実発見。ツルリンドウかな
赤い実発見。ツルリンドウかな
鍋足山 伐採地からの展望。
月居山北峰・南峰と生瀬富士が見える。あの間に袋田の滝
伐採地からの展望。 月居山北峰・南峰と生瀬富士が見える。あの間に袋田の滝
鍋足山 何箇所かトラロープが設置された岩場を通過する
何箇所かトラロープが設置された岩場を通過する
鍋足山 三角点笹原入に到着
三角点笹原入に到着
鍋足山 鍋の足や!
鍋の足や!
鍋足山 季節はずれのイブキジャコウソウが少しだけ咲いてた
季節はずれのイブキジャコウソウが少しだけ咲いてた
鍋足山 こっちにはシモツケ
こっちにはシモツケ
鍋足山 岩尾根を振り返る
岩尾根を振り返る
鍋足山 Ⅲ峰の岩壁。かっこえ~!
Ⅲ峰の岩壁。かっこえ~!
鍋足山 ダイモンジソウ
ダイモンジソウ
鍋足山 Ⅲ峰へ向かう岩場
Ⅲ峰へ向かう岩場
鍋足山 Ⅲ峰からの絶景独り占め!奥久慈男体山が見える
Ⅲ峰からの絶景独り占め!奥久慈男体山が見える
鍋足山 Ⅱ峰を通過
Ⅱ峰を通過
鍋足山 ミヤマママコナ
ミヤマママコナ
鍋足山 ムラサキシキブの実も見れた!
ムラサキシキブの実も見れた!
鍋足山 Ⅰ峰に向かう途中のナイフリッジ。ここは登山道?あ、下に道があった。
Ⅰ峰に向かう途中のナイフリッジ。ここは登山道?あ、下に道があった。
鍋足山 Ⅰ峰に到着。いい天気!
Ⅰ峰に到着。いい天気!
鍋足山 Ⅰ峰南側の露岩から降りる
Ⅰ峰南側の露岩から降りる
鍋足山 伐採地からおしきびコースへ向かう
伐採地からおしきびコースへ向かう
鍋足山 ミヤマシキミ
ミヤマシキミ
鍋足山 こちらはまだ実になる前かな
こちらはまだ実になる前かな
鍋足山 ヤマハッカ
それともタカクマヒキオコシ?
ヤマハッカ それともタカクマヒキオコシ?
鍋足山 意外と日当たりの良いところにキバナアキギリ
意外と日当たりの良いところにキバナアキギリ
鍋足山 白いもふもふ、サラシナショウマ
白いもふもふ、サラシナショウマ
鍋足山 おしきびコース途中から分岐に入った。はじめは踏み跡のはっきりした道だったが…
おしきびコース途中から分岐に入った。はじめは踏み跡のはっきりした道だったが…
鍋足山 徐々に藪って、踏み跡も薄くなり、最後はこんな急崖を降るはめに。地形図で崖なのはわかってたけど、いらぬ苦労をした感じ
徐々に藪って、踏み跡も薄くなり、最後はこんな急崖を降るはめに。地形図で崖なのはわかってたけど、いらぬ苦労をした感じ
鍋足山 想定外でハッチメ滝の先に出てきてしまったので、ハッチメ滝は寄らずに中ん滝へ向かうことにした。
道はあるが草だらけじゃ~
想定外でハッチメ滝の先に出てきてしまったので、ハッチメ滝は寄らずに中ん滝へ向かうことにした。 道はあるが草だらけじゃ~
鍋足山 黒く湿った岩肌が見えて来た
黒く湿った岩肌が見えて来た
鍋足山 中ん滝の真下に来た。
今日は特に水が少ない気がするが、この高さはすごいな~
中ん滝の真下に来た。 今日は特に水が少ない気がするが、この高さはすごいな~
鍋足山 中ん滝から崖下をトラバースして北の入滝へ行けるか試してみた
中ん滝から崖下をトラバースして北の入滝へ行けるか試してみた
鍋足山 この辺りは大きな岩が露出する
この辺りは大きな岩が露出する
鍋足山 なんとなく踏み跡を追って進む
なんとなく踏み跡を追って進む
鍋足山 これが弘法岩かな?クライミングのゲレンデになっているらしいが、こんなところを登る技術は無いのでとりあえず先へすすむ
これが弘法岩かな?クライミングのゲレンデになっているらしいが、こんなところを登る技術は無いのでとりあえず先へすすむ
鍋足山 十字の裂け目。どうやったらこんなに綺麗に十字になるんだろう
十字の裂け目。どうやったらこんなに綺麗に十字になるんだろう
鍋足山 モヒカンみたいに岩の上に草が生えている。

この先、北の入滝に近づくと少し荒れていた。枯葉などが詰まった岩の割れ目に注意したい。ズボッと足をとられると危ない
モヒカンみたいに岩の上に草が生えている。 この先、北の入滝に近づくと少し荒れていた。枯葉などが詰まった岩の割れ目に注意したい。ズボッと足をとられると危ない
鍋足山 北の入滝到着。前回の方が水量があって見ごたえがあったが、ストレートな中ん滝と違って複雑な形状が面白い。
北の入滝到着。前回の方が水量があって見ごたえがあったが、ストレートな中ん滝と違って複雑な形状が面白い。
鍋足山 さて、腹が減ったのでここで昼食にしちゃおう。コンビニおにぎりを焼飯にして温泉卵をまぜまぜ。ウマ〜!
さて、腹が減ったのでここで昼食にしちゃおう。コンビニおにぎりを焼飯にして温泉卵をまぜまぜ。ウマ〜!
鍋足山 ミヤコアザミ
ミヤコアザミ
鍋足山 一旦登山道にもどり、CSの先から沢の中に入る
一旦登山道にもどり、CSの先から沢の中に入る
鍋足山 川幅は狭く浅い滑床が続く
川幅は狭く浅い滑床が続く
鍋足山 大岩が出てきた!
大岩が出てきた!
鍋足山 岩越えも楽しい~
岩越えも楽しい~
鍋足山 さて滝らしきものが見えてきた
これが銚子口滝?
さて滝らしきものが見えてきた これが銚子口滝?
鍋足山 右に回り込む。これが団子岩滝か
右に回り込む。これが団子岩滝か
鍋足山 ここを登っていく
ここを登っていく
鍋足山 振り返ると意外と高かった!
振り返ると意外と高かった!
鍋足山 奥に滝らしきものが見える。あれは無名の滝だなきっと。
奥に滝らしきものが見える。あれは無名の滝だなきっと。
鍋足山 小さな釜をまたぎつつ、倒木をくぐりつつ、小滝を乗り越える
小さな釜をまたぎつつ、倒木をくぐりつつ、小滝を乗り越える
鍋足山 トンボが休憩中。近づいても逃げないが死んでるわけでもない
トンボが休憩中。近づいても逃げないが死んでるわけでもない
鍋足山 トイ状の滝も水は無し!
トイ状の滝も水は無し!
鍋足山 沢沿いの登山道に合流。
この辺りヘビが多かった。お互いにびっくりして勝手にヘビが逃げてくれた
沢沿いの登山道に合流。 この辺りヘビが多かった。お互いにびっくりして勝手にヘビが逃げてくれた
鍋足山 沢奥の分岐を右に行き、ここを登るとⅣ峰下に出る
沢奥の分岐を右に行き、ここを登るとⅣ峰下に出る
鍋足山 適当に崖を登り、行きでスルーしたⅣ峰に到着
適当に崖を登り、行きでスルーしたⅣ峰に到着
鍋足山 ここでおやつタイム。コーヒーうま〜
ここでおやつタイム。コーヒーうま〜
鍋足山 Ⅳ峰の先端から湯草
Ⅳ峰の先端から湯草
鍋足山 振り返りⅣ峰岩陵帯。あんなところに松が!よく根付くな~
振り返りⅣ峰岩陵帯。あんなところに松が!よく根付くな~
鍋足山 コウヤボウキ
コウヤボウキ
鍋足山 少し陽が傾いてきた、帰ろう
少し陽が傾いてきた、帰ろう
鍋足山 鍋の足、楽しかったよ~
鍋の足、楽しかったよ~
鍋足山 行きでスルーしてしまった黒沢山の名板
行きでスルーしてしまった黒沢山の名板
鍋足山 伐採地脇は歩きやすい高速道路
ここだけスピード上がる
伐採地脇は歩きやすい高速道路 ここだけスピード上がる
鍋足山 センブリ。行きには気付かなかった
センブリ。行きには気付かなかった
鍋足山 ヤクシソウ
ヤクシソウ
鍋足山 ロードパークまで無事戻ってきた。帰りは営業再開したぬくもりの湯へ。16時以降は夜間料金520円。
ロードパークまで無事戻ってきた。帰りは営業再開したぬくもりの湯へ。16時以降は夜間料金520円。

もしも不適切なコンテンツをお見かけした場合はお知らせください。