飯豊山(日帰りで)

2021.10.09(土) 日帰り

チェックポイント

DAY 1
合計時間
13 時間 8
休憩時間
1 時間 46
距離
21.7 km
上り / 下り
2292 / 2292 m
7
1 43
1 23
56
14
21
58
10
58
18
11
48
41
24
1 33
7

活動詳細

すべて見る

無謀な挑戦と分かりながらも、ずっ〜といずれはやってみたいと思っていた山深き東北最難関の飯豊山の日帰り登山⛰ なかなか踏ん切りつかなかったんですが、今回やる気になったのでチャレンジしてみました😤 仕事を終え帰宅後、シャワー浴びて荷物を積込み、飯豊山へ出発🚙夜中に御沢キャンプ場に着き、直ぐ仮眠を採ろうとするも、雨音と駐車場へ到着する車の音で全く眠れませんでした💦 結果、不眠不休の状態での飯豊山の日帰りチャレンジをすることとなりました🤣しかも、スタートから雨で不安しか無い💦念のため、小屋泊分の荷物を背負っていきましたが、普段日帰りで10ℓ分の荷物しか背負ってなかったので、35ℓの荷物は物凄く重く感じられました😫 朝4時に出発、もちろん真っ暗、ヘッドランプ使うのも初めて😅慣れない荷物に、長坂登り始めるとレインウェアで暑い‥小雨だったので直ぐレインウェア脱ぎ去りました。最初から着なきゃ良かったと思いながら暗闇の中を登り続けました😫なんかいつもより、キツイなぁ〜と四苦八苦してたら、数人に追い抜かれました。凄いなぁ〜と思いながらも、とりあえず先は長いので休憩を小まめに取り、無理しないペースで登り続けました🤨 日が昇ると雨も止んで曇ってましたが、だんだんと天気が回復しまずまずの眺望を得ることができ、山頂付近では、晴れ間にも恵まれました😃紅葉🍁も真っ盛りでめっちゃ綺麗でした✨ 長坂から横峰までの長い樹林帯の登りもキツく、剣ヶ峰の岩場もキツイ危険、三国岳から切合小屋までも登り返しがメチャクチャ多くてキツイ、切合小屋から本山小山まで近そうで遠くてキツイし岩場も危険、本山小屋に着いても山頂はもう少し先💦山頂着いても、これを今から帰るんですか〜の絶望感🤣 距離が長く、登り返しもハンパなく、普通に死ねる岩場もあり、危険度も高い。東北最難関を身に染みて感じましたし、何より自然の厳しさを改めて感じ取れました🤔 下山を始めると一気にガスが掛かってきて、あっという間にガスガスに💦さっきまでの眺望が一気に消え去って行きました🤣 登山者もメチャクチャ多くて、ひっきりなしに多くの方々が登ってきていました。きっと山小屋やテントサイトも溢れかえって、宿泊難民が出るんじゃ無いかと心配になる程でした。天気が回復し後から登られた皆さんが眺望得れるのを願いながら下山して行きました。が、キツ過ぎて何も考えられなくなり無と化していました。エネルギー不足で足が止まるので、アミノ酸を多めにチャージして、小まめに休憩と行動食を採りながら下り、なんとか下山完了🤗達成感ハンパなかったです✨水分は3.5ℓで補給無しで丁度行けました!下山後の駐車場の状況はほぼ満車、みなさんお山に宿泊されてる様です⛺️ 山小屋情報としては、三国小屋と本山小屋は管理人不在ですが、宿泊料金をポストに入れれば宿泊可能でした。本山小屋でオリジナルTシャツを買いたかったけど、買えず非常に残念でした😂 岩切小屋は管理人さんが居ましたので山バッジ購入しました。2種類売ってて両方購入したら100円安くしてくれました😁 疲れ過ぎて早くあったかい布団で寝たかったので、高速利用して速攻で帰宅し、あったかいお風呂に入ってあったかい布団の中で泥の様に眠りました💤 また少し成長出来たかな😊 今回の山行でAll JAPAN日帰り最難関と評される平ヶ岳への挑戦への自信が確実へと変わったのが大きな収穫でした❗️ 今度、飯豊連峰を登る時は、一泊二日で飯豊連峰最高峰、大日岳まで登ってみたいです❗️

もしも不適切なコンテンツをお見かけした場合はお知らせください。