やぶ漕ぎの北尾根から長尾山

2021.10.09(土) 日帰り

チェックポイント

DAY 1
合計時間
2 時間 7
休憩時間
11
距離
4.6 km
上り / 下り
537 / 535 m
1 8
37

活動詳細

すべて見る

もう一つ、登り損ねてた山がある。往復1時間半くらいと想定してたので行ってみる事にする。 それが長尾山。銚子ヶ口登山口からスギ林を通る登山ルートから少しそれた場所に山頂がある。 ここも銚子ヶ口へ行くルートから向かうのでは面白みに欠けると思っていたので、西内本に北尾根と書かれてる尾根から登ることにした。 登り口には中電の巡視路の印があるが、直ぐに巡視路とはおさらば。尾根はスギ林と違い陽が当たり隣の黒尾山の尾根が見える。銚子ヶ口に登るなら、こっちから登った方が絶対いいやん!と思いながら調子よく上っていたが、気づいたらにっちもさっちもいかない藪に突入。自分の周り360°全部藪。それでも無理やり進んでいたが、とげがある植物が出て来たのでこりゃダメだとバック。撤退しようかと思ったが、それも大変。同じ大変ならいつまでも藪は続かないだろうと考え、前進すると何とか藪が終わってスギ林になった。山登り始めて一番大変なやぶ漕ぎになった。 藪を抜けたらまた調子よく歩ける尾根道。藪さえなければ銚子ヶ口へ登るのに最適なルートと思えるだけに残念。藪の手前で藪をそれたら何とかなるかなぁ? 尾根を快適に歩き長尾山の山頂に到着。藪までは帰りもピストンで尾根道帰ろうと思っていたが、もう通りたくない。スギ林の一般的な登山道を通って下山しました。

日本コバ 銚子ヶ口の登山口からスタート
銚子ヶ口の登山口からスタート
日本コバ 中電の巡視路の印から尾根へ
中電の巡視路の印から尾根へ
日本コバ 庭戸山かな
庭戸山かな
日本コバ 反対側は竜ヶ岳?
反対側は竜ヶ岳?
日本コバ ヤマゴボウ
掘るとごぼうのように太い根が出てくる
ヤマゴボウ 掘るとごぼうのように太い根が出てくる
日本コバ スギ林の尾根を快適に登っていく
スギ林の尾根を快適に登っていく
日本コバ きのこ🍄
きのこ🍄
日本コバ 右の鉄塔がある山頂は庭戸山?
左は黒尾山?
銚子ヶ口へ登るルートで眺望があるなんて😄👍🏻
次回から銚子ヶ口はこのルートから登ろう。とこの時は思ってました・・・
右の鉄塔がある山頂は庭戸山? 左は黒尾山? 銚子ヶ口へ登るルートで眺望があるなんて😄👍🏻 次回から銚子ヶ口はこのルートから登ろう。とこの時は思ってました・・・
日本コバ この辺りはスギ林との境目を歩けばよかった
この辺りはスギ林との境目を歩けばよかった
日本コバ この辺りから藪っぽくなり
この辺りから藪っぽくなり
日本コバ 藪へ突入
でも、この藪はすぐに通り抜けられた
藪へ突入 でも、この藪はすぐに通り抜けられた
日本コバ 藪あったけど短かったしこれなら銚子ヶ口はここから登った方がいいな。と、この時は思ってました・・・
藪あったけど短かったしこれなら銚子ヶ口はここから登った方がいいな。と、この時は思ってました・・・
日本コバ 銚子ヶ口?
銚子ヶ口?
日本コバ P618を通り過ぎたあたりから藪へ突入
青いガイドルートはカシミール3D使って自分で尾根を繋いで作成してます
P618を通り過ぎたあたりから藪へ突入 青いガイドルートはカシミール3D使って自分で尾根を繋いで作成してます
日本コバ 野いばらでは無い、棘があるツルの植物が出て来たので、引き返しトラバースで横へ抜けたあたり
周り全部が藪で棘が出てきた時は写真撮る余裕無かった
地形図では藪まではわからないなぁ
野いばらでは無い、棘があるツルの植物が出て来たので、引き返しトラバースで横へ抜けたあたり 周り全部が藪で棘が出てきた時は写真撮る余裕無かった 地形図では藪まではわからないなぁ
日本コバ 引き返そうかと思った場所で振り返ると絶景!
しかし進むべき方角は藪・・・
引き返そうかと思った場所で振り返ると絶景! しかし進むべき方角は藪・・・
日本コバ 何とか抜けれそうな場所を探しながら藪こぎしてここまで来た
この馬酔木を抜け何とか藪を脱出できた
何とか抜けれそうな場所を探しながら藪こぎしてここまで来た この馬酔木を抜け何とか藪を脱出できた
日本コバ 歩きやすい(嬉)
歩きやすい(嬉)
日本コバ きのこ🍄
きのこ🍄
日本コバ エビフライ
エビフライ
日本コバ きのこ🍄
きのこ🍄
日本コバ 急登を登ると
急登を登ると
日本コバ P778は
P778は
日本コバ 長尾山(西内本)
長尾山(西内本)
日本コバ P778長尾山の山頂
銘板は無し
P778長尾山の山頂 銘板は無し
日本コバ 藪が無ければピストンで帰りたかったが、もうあの藪は通りたくないので、長尾山山頂までと同じ方角へ進む
プチ藪があるが難なく通過
藪が無ければピストンで帰りたかったが、もうあの藪は通りたくないので、長尾山山頂までと同じ方角へ進む プチ藪があるが難なく通過
日本コバ 銚子ヶ口かな
銚子ヶ口かな
日本コバ 急降
急降
日本コバ 結構な斜度で降る
結構な斜度で降る
日本コバ 杠葉尾と書かれた小さな標識の場所で、登山ルートと合流
杠葉尾と書かれた小さな標識の場所で、登山ルートと合流
日本コバ 合流した場所から銚子ヶ口へ登る方角を見ると、ササユリの保護ネットが沢山あった
合流した場所から銚子ヶ口へ登る方角を見ると、ササユリの保護ネットが沢山あった
日本コバ 合流場所から少し降ると「6/15」
合流場所から少し降ると「6/15」
日本コバ 尾根なら陽が届き明るいが、スギ林は尾根の影で暗い
尾根なら陽が届き明るいが、スギ林は尾根の影で暗い
日本コバ 遊び心
遊び心
日本コバ アーチケルンは健在
アーチケルンは健在
日本コバ きれいに倒れた倒木とスギの対比が面白い
きれいに倒れた倒木とスギの対比が面白い
日本コバ 登りで通った電波塔
登りで通った電波塔
日本コバ 藪さえなければ!って尾根でした
藪さえなければ!って尾根でした

活動の装備

  • カラサワ2プラス オムニテック
    コロンビア(Columbia)

もしも不適切なコンテンツをお見かけした場合はお知らせください。