白馬岳 猿倉→栂池高原日帰り周回

2021.10.09(土) 日帰り

おそらく今年最後のアルプス登山ということで白馬岳に登ってきました。 本当ならば白馬岳山頂付近で日の出をというのがいいんでしょうが、ピークハントが目的なので日帰りで行ってきました。 栂池高原側から登ろうかと考えてましたが、この時期のゴンドラは7時からということで猿倉出発としました。 毎度の毎日あるぺん号で猿倉に到着し、朝ごはん食べたりして6時に出発。 程なく有名な大雪渓の看板に到着。ただ、時期も時期なので雪渓歩きは一瞬で終わりました。 雪渓がないとただの岩がちな登山道の急登なのでなかなか体力を削られました。 山頂からの眺めはあいにくの状況のため、写真撮影もそこそこに栂池高原に向かいます。 小蓮華山までの稜線歩きは本日のハイライトかなと思います。 東側は霧に覆われていましたが、西側は息を呑む美しい紅葉を見ることが出来ました。(写真では全く伝わらないと思いますが、ちょっと鳥肌が立ちました。) 大池山荘で昼ごはんを食べ、岩の塊の白馬乗鞍岳を抜けた先にある木道も気持ちの良い道でした。 ただ、全体的に岩場が多く、何人か足を滑られている方をお見かけしました。 ほぼ予定通り、14時までにロープウェイ駅に到着し、白馬駅に向かいました。 駅周辺のアウトドアショップの充実ぶりに驚きながらみみずくの湯で汗を流し帰路に着きました。

この活動日記で通ったコース

体力度
3

村営猿倉荘のある猿倉登山口から入山し、白馬大雪渓を経由して白馬岳頂上に至り、そのまま先へ進んで小蓮華山、白馬乗鞍岳、白馬大池を経由して栂池自然園へと下山する白馬岳満喫コースだ。通常、日帰りでは歩けないコースであるため、頂上直下にある日本最大の収容人数を誇る白馬山荘や頂上宿舎で1泊し、2日目に栂池方面へと下山するといいだろう。大雪渓は雪道かつ上部からの落石があるため、アイゼンとヘルメットが必要となる。夏期、雪渓の上部は日本有数の高山植物のお花畑が広がり白馬のお花畑とよばれている。白馬大池から白馬岳に向かう稜線からの展望が素晴らしく白馬大池は北アルプス北部白馬乗鞍岳直下、標高2,379mにある雲上の湖。夏期は白馬大池周辺に、チングルマやハクサンコザクラ、ハクサンイチゲなどを中心とした高山植物のお花畑が広がり、登山者の目を楽しませてくれる人気のエリアである。