師匠と男山、甲斐駒ヶ岳へ!

2021.10.03(日) 日帰り

チェックポイント

DAY 1
合計時間
9 時間 11
休憩時間
2 時間 51
距離
8.6 km
上り / 下り
1154 / 1154 m
35
14
58
35
16
46
24
8

活動詳細

すべて見る

かっよこすぎる山師匠と、南アルプスの雄々しい山、甲斐駒ヶ岳へ。 山登りをはじめて約1年半で、初の2000m越えの山。 すべてが未知の領域。 本来、弟子がすべき切符の調達方法から何から何まで、師匠におんぶに抱っこ。ツアーガイドにレッスンが付いたような、超~贅沢なプランが僕を待っていました。 深夜0時に出発し、仙流荘バス亭の駐車場に3時半着。第一駐車場は満杯で、第二も半分くらいは埋まってた。しか~し、師匠の見事なリサーチ力と行動で、かなり早い順番でバスに乗り込むことに成功し、いざ出陣。 登りはじめから、やけに身体が重い。いつもの重さでなく調子がでない。 標高?寝不足?なになに? ガンバの師匠の声援に奮闘し、樹海から抜けパッと開けたところに、何とも雄々しい甲斐駒の雄姿。 かっこいいぜ!! 一気に疲労回復したはずのお上りさんを待ち構えていたのが、最後の難所、直登の岩場。 ここがキツかった。 少々の登りは、何とか行けるだとうとどこかで思っていた自信が、ポキリポキリと折れていく。 足が上がらない。一歩がなかなかでない。呼吸が苦しくなる。最後には足のあちこちがツリはじめる。岩場の途中で。 でも心が最後まで折れなかったのは、師匠の支えと助言が常にあったから。 そしてそして登頂。 富士山ド~~ン!! 雲一つなし。 連なる山々の絶景。 登り切った感動と相まって、涙が出てきそうで必死にガマン。 あ~、この感動があるから山止められないんだって、素直に思いました。 結局かなりのオバータイムで、予定の摩利支天も行けず、帰りは迂回ルートを希望したものの大岩が長々と続き更に体力を消耗させ、バスも一本遅らせる始末となり、師匠には申し訳ない限り。 それでも、これだけの冒険を日帰りが味わえるなんて、なんてなんて贅沢な。 も~やめられない。 師匠、頑張ってトレーニングしますぜ。

メンバー

もしも不適切なコンテンツをお見かけした場合はお知らせください。