爺ヶ岳(南峰)

2021.10.03(日) 日帰り

絶好の天気予報により今年初の北アルプスへ。槍穂の近くは地震が怖いので、ずーっと行きたかった後立山の爺ヶ岳へ。紅葉と好天のため5時に到着した時にはすでに駐車場は満車。少し下ったところになんとかスペースを確保して5時20分頃スタート。まだ暗くヘッドランプでのスタートとなりました。ほどなく日の出を迎えましたが鳴沢岳が真っ赤に染まって見事なモルゲンロートが見られました。稜線にある種池山荘に出るまでの道のりは、極端な急登や岩場の危険個所もなく、黙々とのぼる感じです。ずっと樹林帯で変化は少ないですが、標高を上げるにつれ紅葉が深まりついつい写真を撮りすぎて時間がかかってしまいました。山荘から山頂へのハイマツ帯ではライチョウを期待しましたが会うことはできませんでした。山頂(南峰)からの眺望は素晴らしいの一言に尽きます。北峰まで足を延ばすつもりでしたが、あまりに素晴らしく1h15minも滞在し、十分満足したので南峰だけで下山しました。

東の空が朝焼けに染まり始めました

東の空が朝焼けに染まり始めました

東の空が朝焼けに染まり始めました

登山道入り口
露出の具合で明るく映っていますがまだ暗いのです。

登山道入り口 露出の具合で明るく映っていますがまだ暗いのです。

登山道入り口 露出の具合で明るく映っていますがまだ暗いのです。

登山道はよく整備されています

登山道はよく整備されています

登山道はよく整備されています

見事なモルゲンロート
樹林帯通過中のため視界が開けず
構図的にはいまいち

見事なモルゲンロート 樹林帯通過中のため視界が開けず 構図的にはいまいち

見事なモルゲンロート 樹林帯通過中のため視界が開けず 構図的にはいまいち

まだリンドウも咲いていました

まだリンドウも咲いていました

まだリンドウも咲いていました

夜が明け、山肌の紅葉もきれいです。
なんといっても空の青さがすごい

夜が明け、山肌の紅葉もきれいです。 なんといっても空の青さがすごい

夜が明け、山肌の紅葉もきれいです。 なんといっても空の青さがすごい

ケルン到着

ケルン到着

ケルン到着

あと4.5km、3.5hの表示
まだそんなにあるのか

あと4.5km、3.5hの表示 まだそんなにあるのか

あと4.5km、3.5hの表示 まだそんなにあるのか

この稜線の向こう側がどうなっているのか?その期待がモチベーションです

この稜線の向こう側がどうなっているのか?その期待がモチベーションです

この稜線の向こう側がどうなっているのか?その期待がモチベーションです

一枚岩到着

一枚岩到着

一枚岩到着

名前分かりませんが、秋の風情漂う木の実

名前分かりませんが、秋の風情漂う木の実

名前分かりませんが、秋の風情漂う木の実

遠くに種池山荘確認。
見えてからがひたすら長かった

遠くに種池山荘確認。 見えてからがひたすら長かった

遠くに種池山荘確認。 見えてからがひたすら長かった

石畳到着

石畳到着

石畳到着

名前の通り石畳の様な道

名前の通り石畳の様な道

名前の通り石畳の様な道

水平道到着
ここも名前の通り平らなみちです

水平道到着 ここも名前の通り平らなみちです

水平道到着 ここも名前の通り平らなみちです

アザミの群生

アザミの群生

アザミの群生

名前の通り

名前の通り

名前の通り

見事な白樺の紅葉
青空との対比が何とも言えません

見事な白樺の紅葉 青空との対比が何とも言えません

見事な白樺の紅葉 青空との対比が何とも言えません

鉄砲坂
ここまでくれば山荘まであと少し。木々の高さが低くなり間もなく森林限界。幸いにもクマと出会う事はありませんでした。

鉄砲坂 ここまでくれば山荘まであと少し。木々の高さが低くなり間もなく森林限界。幸いにもクマと出会う事はありませんでした。

鉄砲坂 ここまでくれば山荘まであと少し。木々の高さが低くなり間もなく森林限界。幸いにもクマと出会う事はありませんでした。

稜線からの八ヶ岳
富士山も見えます

稜線からの八ヶ岳 富士山も見えます

稜線からの八ヶ岳 富士山も見えます

綿毛になったチングルマの群生
花の時期にも見てみたい

綿毛になったチングルマの群生 花の時期にも見てみたい

綿毛になったチングルマの群生 花の時期にも見てみたい

ハイマツ地帯にも秋の風景

ハイマツ地帯にも秋の風景

ハイマツ地帯にも秋の風景

種池山荘と別山
いつか別山からの剣岳も眺めてみたい。

種池山荘と別山 いつか別山からの剣岳も眺めてみたい。

種池山荘と別山 いつか別山からの剣岳も眺めてみたい。

冷池山荘が見下ろせます
この先にテントも張られていました。

冷池山荘が見下ろせます この先にテントも張られていました。

冷池山荘が見下ろせます この先にテントも張られていました。

大町の市街地が見下ろせます。
その先には、八ヶ岳と富士山

大町の市街地が見下ろせます。 その先には、八ヶ岳と富士山

大町の市街地が見下ろせます。 その先には、八ヶ岳と富士山

爺が岳(南峰)山頂標識
背後には鹿島槍ヶ岳が
この山の向こうには白馬がありますがここからは見えません。

爺が岳(南峰)山頂標識 背後には鹿島槍ヶ岳が この山の向こうには白馬がありますがここからは見えません。

爺が岳(南峰)山頂標識 背後には鹿島槍ヶ岳が この山の向こうには白馬がありますがここからは見えません。

この後向かう予定だった、中蜂と北蜂。南峰が素晴らしく居心地が良すぎて満足し、時間切れとなってしまいました。

この後向かう予定だった、中蜂と北蜂。南峰が素晴らしく居心地が良すぎて満足し、時間切れとなってしまいました。

この後向かう予定だった、中蜂と北蜂。南峰が素晴らしく居心地が良すぎて満足し、時間切れとなってしまいました。

憧れの剣岳
何時かは登りたい

憧れの剣岳 何時かは登りたい

憧れの剣岳 何時かは登りたい

左から立山、真砂岳、別山、剣岳
立山の中腹にはロープウェイの大観峰が確認できます。

左から立山、真砂岳、別山、剣岳 立山の中腹にはロープウェイの大観峰が確認できます。

左から立山、真砂岳、別山、剣岳 立山の中腹にはロープウェイの大観峰が確認できます。

槍ヶ岳と穂高連峰
双眼鏡で拡大すると槍ヶ岳の穂先の右側に小槍も確認できました。

槍ヶ岳と穂高連峰 双眼鏡で拡大すると槍ヶ岳の穂先の右側に小槍も確認できました。

槍ヶ岳と穂高連峰 双眼鏡で拡大すると槍ヶ岳の穂先の右側に小槍も確認できました。

低い谷間の間に日本海の海岸線が見えました。滑川市の市街地でしょうか?
さて下山します。

低い谷間の間に日本海の海岸線が見えました。滑川市の市街地でしょうか? さて下山します。

低い谷間の間に日本海の海岸線が見えました。滑川市の市街地でしょうか? さて下山します。

見事な紅葉

見事な紅葉

見事な紅葉

今回の下山ではヒザの痛みは出ませんでした。先週の八ヶ岳が準備運動にとなったようです。但し、大腿四頭筋が限界を迎え、最後はペースダウンを余儀なくされました。運動不足を痛感。

今回の下山ではヒザの痛みは出ませんでした。先週の八ヶ岳が準備運動にとなったようです。但し、大腿四頭筋が限界を迎え、最後はペースダウンを余儀なくされました。運動不足を痛感。

今回の下山ではヒザの痛みは出ませんでした。先週の八ヶ岳が準備運動にとなったようです。但し、大腿四頭筋が限界を迎え、最後はペースダウンを余儀なくされました。運動不足を痛感。

東の空が朝焼けに染まり始めました

登山道入り口 露出の具合で明るく映っていますがまだ暗いのです。

登山道はよく整備されています

見事なモルゲンロート 樹林帯通過中のため視界が開けず 構図的にはいまいち

まだリンドウも咲いていました

夜が明け、山肌の紅葉もきれいです。 なんといっても空の青さがすごい

ケルン到着

あと4.5km、3.5hの表示 まだそんなにあるのか

この稜線の向こう側がどうなっているのか?その期待がモチベーションです

一枚岩到着

名前分かりませんが、秋の風情漂う木の実

遠くに種池山荘確認。 見えてからがひたすら長かった

石畳到着

名前の通り石畳の様な道

水平道到着 ここも名前の通り平らなみちです

アザミの群生

名前の通り

見事な白樺の紅葉 青空との対比が何とも言えません

鉄砲坂 ここまでくれば山荘まであと少し。木々の高さが低くなり間もなく森林限界。幸いにもクマと出会う事はありませんでした。

稜線からの八ヶ岳 富士山も見えます

綿毛になったチングルマの群生 花の時期にも見てみたい

ハイマツ地帯にも秋の風景

種池山荘と別山 いつか別山からの剣岳も眺めてみたい。

冷池山荘が見下ろせます この先にテントも張られていました。

大町の市街地が見下ろせます。 その先には、八ヶ岳と富士山

爺が岳(南峰)山頂標識 背後には鹿島槍ヶ岳が この山の向こうには白馬がありますがここからは見えません。

この後向かう予定だった、中蜂と北蜂。南峰が素晴らしく居心地が良すぎて満足し、時間切れとなってしまいました。

憧れの剣岳 何時かは登りたい

左から立山、真砂岳、別山、剣岳 立山の中腹にはロープウェイの大観峰が確認できます。

槍ヶ岳と穂高連峰 双眼鏡で拡大すると槍ヶ岳の穂先の右側に小槍も確認できました。

低い谷間の間に日本海の海岸線が見えました。滑川市の市街地でしょうか? さて下山します。

見事な紅葉

今回の下山ではヒザの痛みは出ませんでした。先週の八ヶ岳が準備運動にとなったようです。但し、大腿四頭筋が限界を迎え、最後はペースダウンを余儀なくされました。運動不足を痛感。

類似するルートを通った活動日記