塩屋より須磨アルプス・高取山

2014.06.14

活動詳細

詳しく見る
六甲山系の西の端が瀬戸内海(大阪湾)に落ち込むところ、塩屋。 今回は、六甲山を西の端から登ろうということで、塩屋から歩き始めます。 JRまたは山陽電鉄の塩屋駅を山側に出て、路地のような細い道を辿ると川沿いの道に出ます。川を渡ることなくさらに進むと、「右 毘沙門」と書かれた石の道標に従って右に折れ、急坂を上っていきます。このあたり初めてだとわかりにくいところですが、YAMAPの地図を頼りに進むとわかりやすかったです。GPS恐るべし。 ずんずん進むと、山王神社を過ぎ、墓地を過ぎたところからいよいよ山道に入ります。しばらく登ると、塩屋駅からの別ルートと合流します。そっちのほうが近かったような気がしますが、道知らんからまあええことにして、進みます。まだまだ元気なので、気持にも余裕があります。 須磨浦山上遊園の「ドレミファ噴水パレス」やリフト乗り場を横目に見ながらがんばると、旗振山(253m)山頂に着きます。眺望がすばらしい。 歩き出してからここまで約35分。ちょっと休憩してから鉄拐山方面に向かいます。 鉄拐山頂(237m)は眺望がありません。巻道を行ってもいいかも。 そこからは、おらが茶屋までだらだらと下ります。おらが茶屋からは、何百段もの階段で高倉台まで下り、また栂尾山まで何百段もの階段を登らなければなりません。ここはその昔、高倉山があったところを削って住宅地にし、削った土で海を埋め立ててポートアイランドを作ったということです。何をしてくれるんや神戸市! しんどいやないか! いやいやそうではなくて、うーむ、神をも恐れぬ所業とでも言いますか、ちょっとやり過ぎなんちゃうかと思いますよね。 そんなことを思いつつも、高倉台のスーパーで弁当を買いまして、コースの途中で買い物できるのは便利やな、とか思ってしまいます。現金なやつです。 さて、高倉台を突ききって、広い道路を歩道橋で渡ると栂尾山(274m)への登りにかかります。ちょっと左に巻いてから、直登の階段(350段ぐらい?)で一気に高度を上げていきます。 栂尾山から横尾山(312m)を過ぎると、いよいよ須磨アルプスの核心部です。風化した花崗岩の痩せ尾根を下って登って、ちょっとしたアルプス気分を味わえる部分ですが、手すり付きの階段が設置されていたりしてルートを外さない限り危険なところはありません。 須磨アルプスを登り返したところが東山で、ここで昼食にします。 東山からは横尾団地を目指して急な階段を下ります。「これ登るの嫌やな」と思うぐらいの急坂を下って横尾団地に出、地下鉄妙法寺駅方面に向かい、全山縦走路の標識に従って遊歩道様の道に入ります。阪神高速山手線と地下鉄線を続けてくぐって、妙法寺を過ぎ、信号を渡ってしばらく進み、妙法寺幼稚園の先で右に入ります。正規のルートではもう少し先を折れるようですが、先行者がいて近道のようだったのでついていきました(汗)。住宅地を抜けると正規ルートと合流し、公園の先で山道に入ります。ここから高取山(328m)山頂まで急登が続きます。疲れがたまってきているのでかなりきつい登りですが、頑張ってようやく山頂に到着。高取山は東西にピークがあって、それぞれ別の神社があります。昔から須磨・長田双方からの信仰の対象になっていたのでしょうね。 山頂からちょっと下ったところに広場があり、ここで全山縦走路に別れを告げて高神の滝方面に下ります。しっかりした道ですが、あまり人が歩いていない静かな道です。少し下ると高神の滝があり、パイプから水がちょろちょろと落ちています。滝から水が引いてあったので、顔を洗って飲みました。気持ちよかった。 後は順調に下り、住宅地に出たらまっすぐに下ります。広い道に合流しますが、その手前の信号を渡ってひたすらまっすぐに下っていくと、山陽電鉄西代駅に到着します。JR新長田へはさらに5分ほど足を伸ばします。 総行動時間は5時間弱でしたが、アップダウンが多く、きつい行程でした。

コメント

読み込み中...

関連する活動日記

もしも不適切なコンテンツをお見かけした場合はお知らせください。 報告フォームはこちら

登山ほけん

1日単位で入れる YAMAP登山ほけん

週末の登山に、1日250円から入れる手軽なYAMAP登山ほけん。