尾瀬 Day2 至仏山 (山の鼻~至仏山~鳩待峠~アヤメ平~富士見峠~皿伏山~一ノ瀬)

2021.09.24(金) 日帰り

チェックポイント

DAY 1
合計時間
9 時間 25
休憩時間
44
距離
24.5 km
上り / 下り
1741 / 1737 m
1 46
25
1 3
52
14
29
1
28
58
53
32

活動詳細

すべて見る

2日目は朝一で至仏山に登り、尾瀬ヶ原よりも500mほど標高の高い外輪山尾根道を通り 尾瀬沼まで戻るルート。至仏山では小雨が降りましたが、その後天気は回復。 天上の楽園と呼ばれるアヤメ平はとても綺麗な場所でした! 少しロングルートとなりましたが、2日間で100名山を2つ行くことが 出来た旅となりました。 二日間計 タイム16:44 距離47.6km 上り3,158m 下り2,939m

尾瀬・燧ヶ岳 山の鼻山荘の個室
よく寝れました
山の鼻山荘の個室 よく寝れました
尾瀬・燧ヶ岳 冬場はこの看板が埋まるくらい雪が降るそう
冬場はこの看板が埋まるくらい雪が降るそう
尾瀬・燧ヶ岳 至仏山へ 
至仏山へ 
尾瀬・燧ヶ岳 登り専用ルートより入山
登り専用ルートより入山
尾瀬・燧ヶ岳 一定の登りが続きます
一定の登りが続きます
尾瀬・燧ヶ岳 紅葉がところどころに
紅葉がところどころに
尾瀬・燧ヶ岳 振り返って尾瀬ヶ原
振り返って尾瀬ヶ原
尾瀬・燧ヶ岳 ツリガネニンジン
小さい釣鐘のようです
ツリガネニンジン 小さい釣鐘のようです
尾瀬・燧ヶ岳 鎖のある岩場も
鎖のある岩場も
尾瀬・燧ヶ岳 ところどころ木道が傷んでいます
ところどころ木道が傷んでいます
尾瀬・燧ヶ岳 小雨になってきて霧の世界へ
小雨になってきて霧の世界へ
尾瀬・燧ヶ岳 山頂付近は登りが緩やかです
山頂付近は登りが緩やかです
尾瀬・燧ヶ岳 至仏山頂
至仏山頂
尾瀬・燧ヶ岳 小至仏山頂方面へ
小至仏山頂方面へ
尾瀬・燧ヶ岳 晴れていたら気持ちよさそうな稜線
晴れていたら気持ちよさそうな稜線
尾瀬・燧ヶ岳 小至仏山頂
先を急ぎます
小至仏山頂 先を急ぎます
尾瀬・燧ヶ岳 鳩待峠方面へ
鳩待峠方面へ
尾瀬・燧ヶ岳 小雨は止みました
小雨は止みました
尾瀬・燧ヶ岳 鳩待峠到着
平日なので空いています
鳩待峠到着 平日なので空いています
尾瀬・燧ヶ岳 山の鼻山荘の朝ごはん
山の鼻山荘の朝ごはん
尾瀬・燧ヶ岳 アヤメ平を目指します
アヤメ平を目指します
尾瀬・燧ヶ岳 晴れてきました!
晴れてきました!
尾瀬・燧ヶ岳 しばらく進んで開けたところが横田代
しばらく進んで開けたところが横田代
尾瀬・燧ヶ岳 空を映しこむ池塘(ちとう)というそうです
空を映しこむ池塘(ちとう)というそうです
尾瀬・燧ヶ岳 休憩ポイントより至仏山
休憩ポイントより至仏山
尾瀬・燧ヶ岳 開放的です
開放的です
尾瀬・燧ヶ岳 とても気持ちの良い道です
とても気持ちの良い道です
尾瀬・燧ヶ岳 良い感じのところで少し休憩
良い感じのところで少し休憩
尾瀬・燧ヶ岳 群馬、赤城山方面
群馬、赤城山方面
尾瀬・燧ヶ岳 昨日登った燧ケ岳が見えてきました
昨日登った燧ケ岳が見えてきました
尾瀬・燧ヶ岳 雲上の湿原「アヤメ平」
標高約1,960m
雲上の湿原「アヤメ平」 標高約1,960m
尾瀬・燧ヶ岳 天上の楽園とも言われる「アヤメ平」
天上の楽園とも言われる「アヤメ平」
尾瀬・燧ヶ岳 雰囲気最高です
雰囲気最高です
尾瀬・燧ヶ岳 富士見峠方面へ
富士見峠方面へ
尾瀬・燧ヶ岳 さっきいたアヤメ平
さっきいたアヤメ平
尾瀬・燧ヶ岳 富士見峠
尾瀬沼方面へ
富士見峠 尾瀬沼方面へ
尾瀬・燧ヶ岳 白尾山
地味な林道が続きます
白尾山 地味な林道が続きます
尾瀬・燧ヶ岳 豪快な倒木
豪快な倒木
尾瀬・燧ヶ岳 皿伏山
皿伏山
尾瀬・燧ヶ岳 所々ぬかるんでいます
所々ぬかるんでいます
尾瀬・燧ヶ岳 ようやく森を抜けて湿原へ
ようやく森を抜けて湿原へ
尾瀬・燧ヶ岳 このあたりの木道はかなり傷んでいます
このあたりの木道はかなり傷んでいます
尾瀬・燧ヶ岳 大清水平
大清水平
尾瀬・燧ヶ岳 昨日の尾瀬沼へ戻ってきました
昨日の尾瀬沼へ戻ってきました
尾瀬・燧ヶ岳 岩清水
一ノ瀬からバスに乗り大清水まで戻りゴール
岩清水 一ノ瀬からバスに乗り大清水まで戻りゴール

もしも不適切なコンテンツをお見かけした場合はお知らせください。